真面目な人ほど教わってはいけない

潰れますよ

日本の皆さんは真面目なので、先生や何かしらの権威がある人の言うことは、その通りにしないとならない、と思ってしまいます。

動きや感覚は、どう頑張っても言葉では伝わりません。

伝わらないものを、一生懸命受け取ろうとし、先生が言っている通りに動けないのは自分が悪い、と、考えがちなのが、真面目なみなさんの特徴です。自分が悪い、センスがない、フラに向いてないなどと、自分が悪いループにはまって潰れます。

まぁ、たまには、分かるように言えない私を責める人もいますが、それはそれで、いい関係にならないです。(はい、そう言うことがありました。必要なことだったですが、キツイです)

誰のせいでもなく、言葉ってそんなものです。ですから、ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)が大事になるんです。

表情や声のトーン、身振り手振り、姿勢、態度が大事。

言葉に気をつけても、なんだか嫌いな人と上手くいかないのは、非言語での発信が、相手に嫌いと伝えているからです。

それから、隠し事をしているのも、中身はわからないけどすぐ分かります。夫やカレシの浮気って、すぐに分かりますよね?それって、何からでしょう?生徒さんでも、初めてお目にかかる人でも、何かをあえて言わないようにしていることはわかります。

だからこそ、マインドセット(心の在り方)が重要。それを理解しているので、私は、マインドセットをとても大事にしています。

バーバルコマンド(言葉での指示)は、きっかけにはなるけど、動きのきっかけとしては遅れる。それも分かっていないと、タイミングよく指示が出せません。

自分の動くタイミングで指示を出したら、生徒さんは絶対に遅れる。でも、「遅い!」と注意する先生、いませんか?

遅いのは、先生の指示の方ですが、真面目な人ほど出来ないループに陥ります。先生のことを疑うことはないでしょうから。

要領のいい人は、言葉を聞きすぎず、動きを見ます。動きの通りに動くので、真面目すぎず適当な方が上手くいきます。

そんなものです。

だから、真面目な人ほど、先生の言葉通りにしてはいけない。言葉は、伝わらない前提で、動きを見てください。

ポイントとしては、動きの中で動いていないところにも注目すること。右手が動くと人の目線は右手を追います。その時の左手にも注目して学ぶのです。

言葉は、最優先事項でなく、あくまでも補足。振り回されませんように。

言葉をなるべく排除し、動きから学ぶフラを実践し始めているハレ・オハナのフラ・レッスンにもどうぞおいでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です