ハワイとイギリス 時代を超えての繋がり?

本日、横堀朋子バレエアカデミーの発表会に、ハレ・オハナも出演させていただきました。

バレエの発表会にフラ?と思ったけど、主宰の朋子先生や舞台監督さんのご厚意で、舞台に立たせていただきました。

本当にありがとうございました。

横堀朋子先生は、日本に3名しかいないLRAD(イギリスの王立ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスという学校から認められている教師)で、同アカデミーでは日本にいながら、本場ロンドンと同じレッスンを受けらます。

イギリスで勉強されたということが、私にはとても深いご縁を感じます。

フラダンサーならご存知の通り、ハワイとイギリスは、繋がりがあります。

ハワイを「発見」したキャプテンクックはイギリス人、カメハメハ一世のハワイ統一に力を貸したのも、イギリス。

ハワイ州旗にはユニオンジャックが描かれ、イオラニ宮殿には、カピオラニ女王がヴィクトリア女王から授かった勲章が展示されていたりと、ハワイの歴史にはかかせない国です。

バレエ教室はたくさんあるのに、イギリスの正式なバレエ教師の方の教室とつながっていることが、本当に不思議でたまらないです。

カラカウア王は、英語も堪能で、西洋のマナーなどもしっかりと学んだ方でした。ヨーロッパの他の国では、「南の野蛮な国の王」と相手にされなかったけど、イギリスでは、彼のマナーは素晴らしい、と認められて、女王に謁見出来たのだそうです。

今回も、バレエスタジオの皆さんが、勝手がわからず右往左往していた私達を、本当によくサポートしてくださいました。

時代も身分も全く違うし、日本人同士のことなので、当てはならないかもしれないけど、まだアメリカになる前のハワイに想いを馳せながら、一日を過ごしました。

無理やり繋げているとは思いますよ。だけど、ハワイの歴史となんとなくリンクする気がすることって、嬉しいですよね。

それだけです。

本場ロンドンのバレエを学びたい方は、ぜひ横堀朋子バレエアカデミーに問い合わせしてくださいね。

そして、そんなバレエ教室と繋がっているハレ・オハナにも、興味を持っていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です