体はちゃんと知っている

あなたが頑張っていることも、辛いと思っていることも

姿勢チェックをしていると、こうなんじゃないでしょうか?ということがことどとく当たっていると言われます。当てものじゃないんですが、一種の占い的に感じるようです。

ええそうなんです、霊感があるんですって言いたいですが、全くそうじゃなくて、体がちゃんと普段の使い方を教えてくれるんです。だから、科学に基づいている分析です。

普段の使い方が刻まれているカラダでフラを踊るので、普段の使い方の癖が出るのは当然です。そういえばその昔、友人に彼ができたことも言い当てたなぁなんて思い出しました。生活習慣が変わると、体の使い方も変わります。

頑張って使っていることは、体を見ると一目瞭然。もっと使い切ってあげれば楽になるだろうなぁと思う人がほとんどです。

カラダって、パーツで切れているわけじゃなくて、全部繋がっています。私は、足に魚の目ができてしまうんですが、それが痛いときは首がすごく痛くなったりします。足のことが、首にも影響するのがカラダ。

ごく稀に友人に頼まれてマッサージ的なことをするんですが、「痛いっていうところと違うところを触るよね。でも、それでよくなっちゃうから不思議」と言われています。つまり、痛いところに原因のない痛みもあるんです。

あ、こういう言い方だと誤解を招くかな。痛いところは確かに何かが起こっているんですが、その何かが起こるもとを辿ると、え?そこ?というところにたどり着きます。私の首の不調は足の魚の目の痛みだし、それを取ったら首も楽になりました。だからって、全部が全部魚の目が原因じゃないんです。結局はバランス。崩れたバランスをどこで保っているかなんですね。

みんな、一生懸命バランスをとって動いています。バランスを取る能力がちゃんとある証拠です。だからこそ、姿勢を保つ筋肉があんまり使えなくても、なんとか立つことができるんです。つまり、本来の役割以外の仕事をしている筋肉があるってことです。ブラック企業ならぬブラックボディーですね〜

ブラックボディーが当たり前になると、苦しいことが当たり前になっていきます。辛いとか苦しいは、普通になる。そうなりたいですか?私は嫌。

体はちゃんと、痛みとか辛さとか疲れとかでサインを出しています。それを見て見ぬ振りをしているのはあなた自身です。もうちょっと、体のサインに耳を傾けて、優しくしてあげてください。それは、自分を愛することにつながります。

体はちゃんと、あなたが頑張っていることを知っています。あなたの頑張りに答えようとしています。どうか、無理させないであげてください。使い方がわからなかったら、一緒に少しずつ見つけていきましょう。そのお手伝いをハレ・オハナは全力でいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です