ベーシックステップの基本はほとんどカホロ

正確にいうとカホロの時の体重のかけ方

ハレ・オハナで教えているフラ・カヒコの中には、経験が浅い人向けの曲ですけどhuʻe(フ・エ)という、変わったステップが含まれています。経験者ならわかると思うのですが、これ、ちょっと間違えると、ちょっとどころか目も当てられないステップになるんです。

発表会の時に、ステージ上で「こりゃダメだ、やり直し」と思って見ていました。もちろん、練習はしてきて、気にはなっていたんですが、どうやって修正したらいいのかよくわからないままでした。ステージ上で反省しても時すでに遅しなんですけど、でも、またこの曲を踊る機会はやってくるわけで、せめてその時までに修正したいと思い直し、改めて分析をしてきました。

そうしたら、やっはりカホロに行き着くんです。カホロの時に、どうやって立っているか。それに尽きるんです。

解説してみると、なるほど、とわかるのですが、じゃ、自分がどうなっているかということは、自覚してもよくからないんです。人って、馴染んでいる動きを感じる力がとっても弱い。

今までと変わると「あれ?違う」ってわかるのですが。そして、「違う=良くない」と判断するとってもお利口さんな脳のおかげで、癖となっている動きが直らないようにできています。

もっと動物的なところで、「違う、でも楽」と思う体の感覚を信じて、そっちに従おうとする人は、割とサッと苦手な動きを克服できたりします。

きっぱり別れているわけじゃないですが、理屈でこねくり回している頭でっかちの人の方が、体の使い方が変わるのは遅いですね。かくいう私がそうなんですけど(笑)

なので、huʻe(フ・エ)を理解するにも時間がかかった。理解してみたら、なんのことはない、カホロでした。ああ、本当におバカさんな私。

やっとやっと、生徒さんの誤解を解くことができるかもです。

ジャンプして横っ飛び、足をガバチョと広げる品のないhuʻe(フ・エ)から、地面を這うように移動するhuʻe(フ・エ)に変わるといいなぁ、と思っています。

フラのレッスンって、振りを覚えるだけの時間じゃないですよね。どうやったらうまくできるのかを学ぶ時間でもあるので、その辺りを惜しみなくお伝えしています。どうして出来ないんだろう?を出来る、出来たに変えるのが、レッスンの時にやることと思っています。形を覚えるのは、一人でも出来る。それがどうにも決まらないというのを、修正するのは、お稽古でやることじゃない?そのための、すっごい基本を、徹底してやるので、今回のhuʻe(フ・エ)のように、ステップ一つに相当時間を割くこともあるんですけど、全ては心のままに踊るために必要なことと思っています。

こんなことを書くと、どうすればいいのか教えてと言われそうなのですが、それは、竹馬に乗れるようになりたいから、文章で教えて、と言われているのと同じことで、書いてもいいですけど、たった一言になります。「一瞬で片足で安定して立つ」これが基本中の基本です。これに尽きる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です