ハワイの人のように踊りたいから その5

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

ハワイの人のように踊りたいから その3

ハワイの人のように踊りたいから その4

気持ちよく踊れるようになって、自分だけがこんな風に感じているのはもったいないと始めたのが、フラのためのカラダ作りです。フラダンサーじゃなくてもいいんですが、とにかく、カラダが楽になるし、姿勢も改善するんです。

それだけで、フラがすごく踊りやすくなる。全くハワイの人と同じにはならなくても、近づくことは出来そうだな、と思います。

フラに出会うまで、たいした運動もせず、どっちかというと運動音痴の私が出来ているんです。皆さんの方が習得は絶対早いと思います。ただし、きちんと自分の体のことが理解できてコントロールできるまで、通って欲しいです。なるべく通う回数を少なくしたいというのはわかるのですが、がむしゃらに頑張るタイプの方は、考えすぎる傾向があって、考えすぎてうまくできなくなることが多々あります。フラがそうなら、カラダ作りもそうです。力を抜くっていうことが大事になるんですけど、これって、すごく難しくて、入れるべきところに入らないと抜けないんですね。それがわかるまでが時間がかかるのです。どこに力が入っていると安定するのか、それも最低限の力で。自分の体を探って探って、わかるまで、地味な動きをやって欲しいのですが、カラダ作りレッスン中に1時間かけて準備してきて、できるかな?と思ってやった一番最後にやるちょっと負荷量の高い種目のみを取り上げてやっちゃう人が多くて、それじゃダメなんだよ、って思います。

使ったことのない筋肉は、丁寧に取り扱ってあげないと動かないです。早く早くと思うから、ゆっくり丁寧に、を忘れちゃう。なので、しばらく間が空いた方にお家でのエクササイズをやってもらうと、ハレ・オハナでやったものの10倍速ぐらいでやっていることが多いです。それでは、何の意味もない。動画を見て動いているのと同じです。スピードも大事。

準備ができているというのがどういう状態なのかっていうのも、言葉で説明するとわからないんです。安定している感覚としか言いようがないので、安定ってどういうことか、その感覚に個人差が大きいので、これですよ、と言わないとわからない。

ですから、人に見てもらうって大事です。

ハワイの人と同じように踊りたい、と思っているなら、ぜひ、いらしてくださいね。そういう方は少なからず、フラに対しては真剣だろうと思うので。

適当に楽しく踊ればいいなら、来なくていいんじゃない?と思います。そういうクプナは、ハワイにもいますから。

ハレ・オハナは、フラを真剣に学びたい人を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です