フラの栄養をありがとう

すごく嬉しかった言葉です

ハワイ語講座に来てくださっている方が、帰り際にふと言ってくれて言葉です。

「フラの栄養をありがとうございます」

後から後から、じわじわと嬉しくなる言葉でした。

フラは他の教室で学んでいる方なので、私がお話しすることは、直接フラには関係ないこと。でも、言葉を理解して踊っているというのが伝わるフラになっているようで、周りの人から、そのことを褒められるのだそうです。

技術じゃない部分をどうやって磨いていくのか、それは人それぞれです。

植物に例えるとよくわかるなって思います。

大きく太い幹の木に育つには、根をしっかり貼らなくてはなりません。それを、私は姿勢や体の使い方と思っています。どこに枝を伸ばすのか、どのぐらい伸びていくのか、葉はどのぐらい茂らせるのかが、技術が担うこと。そこにどんな花を咲かせるのかは、栄養=肥料によると思います。肥料は、知識や経験。

細い根っこで、葉ばかり繁って高く育つことも木はできるのですが、倒れやすいですよね。そして必要な肥料がないと、花が咲かない。

植物を育てる人ならわかると思うのですが、根を育てる、葉を育てる、花を咲かせるって、それぞれ肥料が違うんです。
何より大事なのは、根っこ。だから、カラダ作りでカラダをしっかり作って欲しいと思っているんですね。
葉が茂りすぎると花が咲かないんです。ここはバランス。

技術と知識は、バランスよく磨いていかないとなりません。その一つとして、ハワイ語の勉強があると思っています。

私は、フラという木を育てているつもりで、生徒さんと接しています。

なので、基礎のところはしつこいぐらい言うし、やります。

技術ももちろんいいますが、このカラダならこのぐらい、と思っているので、無理は言いません。本人が伸びたくても、根っこが貧弱なのに大きくしちゃうと、倒れちゃうので。

花が咲かない人は、知識や経験不足と同時に、心が躍っていない人。フラを踊る喜びは、本人にしか感じられないので、そこに対してはどう働きかけるのがいいのかな、と悩んでいます。

上手に躍っている人の多くは、自分の経験と知識を結びつけるのが上手だな、と思います。柔らか頭の人でもあり、ちょっぴり妄想屋さんのようにも思うんです。害がない程度なら、そのぐらいの方がいい。言われた通り真面目にきっちりじゃないので。ハワイ語はフラの栄養だから、どう言う風にか効果があるんでしょ、と言うぐらいに、学んでいただけると嬉しいな。

講座の中では、私だけじゃなく、参加している方がそれぞれのクムフラから聞いた話なども飛び出すので、互いに勉強になる、楽しい時間です。お時間が合う方は、どうぞ、おいでください。

目黒学園 初めてのハワイ語と歌の意味

若葉台カルチャースクール 初めてのハワイ語と歌の意味

ハレ・オハナ ʻŌlelo Noʻeau 勉強会&ハワイ語文法の基礎勉強会

酉の日レッスン〜

ハレ・オハナは、横浜の下町に位置しています。近所では縁日やお祭りが割とよく開催されます。

その中でも、規模が大きめのものが、大鷲神社の酉の市。
スタジオをオープンしてから3回目の酉の市です。縁起物の熊手も、徐々に大きくしてきました。案外気づかれないのですが、ひっそりと楽しんでいます。

そんな日にレッスンがあって、ちょうど良い時間に終わると、皆さん酉の市の見学に行きます。昼間のクラスだと、ちょうど良いですね。夜だと、ちょっと遅いから、のんびりできませんが、それでもまだ賑やかです。

お祭りや縁日がお好きでしたら、その日に合わせて予約をするなど、楽しんでいただければなぁ、と思います。横浜橋商店街でのお祭りもあるし、日枝神社のお祭り、一六地蔵の縁日などがあります。

ディープな横浜も、ぜひ堪能してみてくださいね。

2020年1月からの6回短期カヒコレッスンのお知らせ

お待たせしました。1月からの6回カヒコ短期レッスンの日程が決まりましたので、お知らせします。お申し込みは下記の予約ボタンからどうぞ。

【のんびりカヒコ 昼の部】2020年1月16日(木)30日(木)2月6日(木)20日(木)3月5日(木)19日(木) 第1・3木曜日 10時〜11時

【のんびりカヒコ 夜の部】2020年1月10日(金)24日(金)2月14日(金)28日(金)3月13日(金)27日(金) 第2・4金曜日 19時30分〜20時30分

6回で1曲を習うレッスンです。
ハレ・オハナの入会する必要はありません。
長期に習うことをためらっている方、体験で1曲だけ習ってみたい方にオススメです。
もちろん、やってみて、楽しかったら、ほかのクラスに入っていただくことも可能ですし、短期レッスンを繰り返して受けていただくことも可能です。
初心者・経験者を問いませんが、初めてフラを踊る人でも踊れるような曲を選んでいます。
試しに古典フラを踊ってみたい方、ハレ・オハナのレッスンを経験してみたい方、また、教室でカヒコを習えないから習ってみたい方など、どうぞ。
他の教室に所属されている方(公民館やスポーツセンターの教室を含みます)は、必ず先生の許可を取ってご参加ください。

会場
フラ&パーソナルトレーニングスタジオ ハレ・オハナ
アクセスはこちら

料金
6回分前払い 12,000円 分割はできません。

2回目からの参加まで可能です。3回目以降からの参加になる方は、次の開催をお待ちください。途中からのご参加の場合、残りの回数分の料金となります。
途中でのキャンセルはできませんのでご了承ください。レッスンの振替は、同じ短期レッスン内で可能です。他のクラスへの参加はできません。
対象:カヒコ初心者、またはブランクのある方が対象です。他の教室に所属している方は、先生の許可があれば参加可能です。ベーシックステップは、こちらに合わせていただきます。

特典:短期レッスンからハレ・オハナのレギュラークラスに移行する場合、入会金無料となります。

持ち物:Tシャツ、パウ(持っている方。レンタルもございます)、筆記用具、タオル ペットボトルのお水(50円)がございます。

お申し込みはこちらから

文化は言葉にならない

体得するものなんですって

明文化されていないものを「文化」という。

天皇陛下の即位にまつわるいろんなコラムを読む中でみつけた一文です。岡田斗司夫さんの言葉らしいですけど、ネットサーフィン中のことなので、もう出典が分からない。

なので、不確かな情報ですけど、この文章は、とても心に響いたので、その通りです。

だから「文化」は、理屈ではなく、体験として体得するしかないのですって。

フラも文化。ということは、説明出来ないことこそが、フラなのではないかしら?と思うんです。

ただ踊れるだけではダメなんです。

ルールになっていないことを理解して、尊敬の気持ちを持ってフラと向き合うことで、見えてくるものがあるはずです。

そのためには、やっぱりハワイとのつながりがないとね。

そして、クムフラや、ハーラウのメンバーと接する機会があると、もっと良い。

出来れば、ハワイで。

そんな機会を、ハレ・オハナは作っていきます。

文化を学ぶって、体験することだから。

良いなあ、と思ったら、自分で道を切り開くのもありだと思います。私は、飛び込んで行きました。

そして、体験が積み重なるほどに、深く深く知りたくなりました。

ハワイアンにはなれない。これは当然のことです。だって、私は日本人だから。

せめて、近づきたいと、まずカラダを変えて、ハワイアンの動きに近づけるようにして行こう、そして、体験できる機会を作ろうと考えてます。

踊りを学びたいだけなら、ハレ・オハナに来ることはないと思います。ハワイを丸ごと学びたいなら、是非いらしてね。

クムフラからいただいた経験が、生徒さんに文化として定着しているので、ハワイのハーラウみたいだと、クムフラに褒めていただいてます。違いは、生徒さんの声の大きさなんですって(笑)