カテゴリー
お知らせ 活動報告

休業のお知らせ

いつもハレ・オハナをご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ハレ・オハナは、オンラインレッスンをのぞき、休業といたします。どうぞご理解ください。

以下、長文になるので、読みたい方はどうぞ。

新しい型のウイルスという、目に見えない相手に対しての対応で、皆さん、戸惑っているだろうと思います。いろんな状況を見ていると、緊急事態宣言で落ち着くとは思えません。自然災害ではないので、終わりの見えない対策を強いられるだろうと思います。

数年前に、これからはコミュニティーがミニマムになる、という直感がありました。なんでそう思ったのかは忘れましたが、デジタルな情報が増えれば増えるほど、直接的なコミュニケーションが重要になる(嘘を見抜けるので、信頼度が上がる)って思ったんです。今、まさにそうではないでしょうか?

おまけに、国境を超えた流通が大幅に削減されている今、自然が生き生きと蘇っていますね。

https://www.afpbb.com/articles/-/3274147

https://www.cnn.co.jp/world/35150996.html

https://www.cnn.co.jp/usa/35151251.html

こんなニュースを見ると、人間が排除されるために、ウイルスが活躍しているのかな?なんて思っちゃいます。昔読んだ、新井素子さんのデビュー作『あたしの中の…』に収録されている「大きな壁の中と外」という短編を思い出します。

ウィルスというものである以上、なくなるということはとても大変なことです。インフルエンザがなくならないように、きっとこのCOVID-19というウィルスも無くならないでしょう。ということは、感染者が増えたり減ったりすることで判断するのではなくて、治療薬またはワクチンが開発される必要があるということです。それも、安価に手に入るぐらい大量に。そうならなければ、本当の終息にはならないと思っています。

インフルエンザも、かつては死の病でした。それが今では、治療可能な病気になっています。もちろん、持病のある方、高齢者にとっては、コロナだろうがインフルだろうが、風邪ですら死の病です。引き続き警戒が必要なのは変わりありません。

罹っても大したことない、と思える、健康な体を持っていることは、何よりの財産となります。私自身は持病もあり、完全な健康体とは言えませんが、大病を患ったことで、自分の健康管理には気を使うようになりました。今回のエピソードが、私のように実際に病気になったわけじゃないけど、自分の健康を見直すきっかけになった、という方がたくさんいるといいな、と思いますし、家族の健康のありがたさも、身に染みてわかるといいなと思います。

今、世界中が同じような状況になっているので、薬やワクチンの開発も、世界中のトップレベルの研究機関で進んでいると思います。彼らに期待して、感染している患者さんを診察し、命と向き合いながら経験を分かち合ってくれている世界中の医療関係者に最高のエールを送りましょう。そして、これ以上、トップレベルの皆さんを疲弊させないよう、一般人は粛々と、広げない努力をしていきましょう。

それと同時に、心身の健康を自分で守る術をこの際身につけてみてはいかがでしょうか?運動面でのお手伝いをいたしますよ。

いつになるかわかりませんが、また、皆さんとお目にかかれる日が来ることを楽しみにしています。必ずその日はきます。その時、世界の価値観は大きく変わっている可能性があります。働き方も、全く違うかもしれないです。新しい世界で、皆さんと、フラを踊る、そんな日を楽しみに、私も与えられた役割をコツコツとこなしていこうと思います。

A HUI HOU!(また会いましょう!)

ブログ投稿などは、継続しますので、お楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です