体幹を整えて良かったこと

「ちゃんと体幹を鍛えている感じがします」と、素敵なバレエダンサーさんに褒められました。

嬉しいですが、元々はこんなじゃなかった。

体幹は弱くて、腹筋なんてできなかったし、体はとても固くて、よくフラを踊ろうと思ったなぁ、と思うぐらいでした。

ビフォーの写真がないのが残念。どこかにあるかなぁ?

自分が曲がっていることに気がついたのは、忘れもしない、2008年の発表会の舞台上でした。

タヒチアンを踊っていたのですが、自分がどんどん右に傾いているように感じていました。その前の練習でも、そう言う感じはあったのですが、本番の舞台上で、もっとはっきりと感じたのです。

これは、相当傾いているに違いない、DVDで確認しなくちゃと、すごく不安に思ったのをはっきり覚えています。

しかし、自分の感覚とは裏腹に、舞台上で踊っている私は、見た目まっすぐ立っていたんです。自分の感覚と、実際がかなりずれている。これは、まずいことだと、思いました。職業柄、この原因はまっすぐの軸(背骨が自然なS字カーブを描いているときにできる、体軸)が保てていないからだろうと判断し、軸を保つようなことをしてくれるところを探して、コア・コンディショニングに出会いました。

相当探しました。

何しろ、私がコア・コンディショニングに出会った頃はまだ、体幹と言う言葉自体が知られていなかった頃で、それを前面に押し出しているところもまだあまりなく、しかも、私が納得できるようなことをしているところはもっと少なかったのですから。

幸いにして、素晴らしいトレーナーと出会って、姿勢改善や体幹機能向上などに取り組むことができました。ただ、誰にも内緒で。それが正解かどうかはわからないからです。

しばらくして、いろんな変化が現れました。

まずは、カヒコの5日間合宿で、筋肉痛にならないという、ミラクル現象。それまでは、少し頑張りすぎると必ず筋肉痛になっていました。それを覚悟しての合宿参加でしたが、全く筋肉痛にならず。周囲の人が筋肉痛になっているのを見て、自分はサボっているんじゃないか?と思ったぐらいです。

その次は、先輩方の陰口。

私は、当時習っていた先生に、いろんなことを相談していて、ちょっと先輩方に睨まれていたことがあります。先生がずっと自分の方を向いてくれていたのが、私にも向くことで自分の方が薄くなると思っていたんでしょうね。だから、こんな風に。

「りっちゃんって、あんな風に踊っていたっけ?」

「なんか踊りが変わったよね」と。

たまたま聞いちゃったんです(「ちょっと、聞こえちゃうよ、という声まで聞こえた(笑)」)言葉のニュアンスですが、どうやら、先生に頼んで、秘密裏に練習していたと思われたらしいです。

いーえ、コア・コンディショニングでした。

その時「もし、先輩から聞かれたら、何をしたかは教えよう。でも、聞かれなかったら黙っておこう」と思いました。

その反応から、私がやっていることは間違っていなかったと確信しました。

だいぶ変わったように見えるだろうと思います。だって、楽に踊れるようになっていましたから。大きく動いても、体が持って行かれないから、ブレないし、おまけに体がとても軽いので、力が必要なくて、のびのび踊れているから。

今も、その先輩から何をしていたのかなんて聞かれないから、教えていません。もう、教える必要もないと思っています。だって、それぞれ、踊っているんだから。その上で、ご自分で必要なことをしているでしょうし、先輩方はとても器用で優秀だから、何にもしなくても踊れるんだろうと思うので。

私は、器用じゃないから、ある程度理論的に考えないとうまくできないんです。

運動音痴だから。でも、上手になりたいと思っていたから。今は、どうでもよくなったけど、自分を認めて欲しかった。そのために、がむしゃらに頑張ってきたけど、そんなことが通用したのは10年だけでした。若さで突っ走れたのがそのぐらい、ということと思います。それを超えたら、年齢を重ねていくカラダと付き合いながら、よりいい状態を目指すことが必要になってきた。そのためには、基本的なところを変える必要があって、だからきっと、その時期にコア・コンディショニングと出会ったんだろうと思います。

コア・コンディショニングと出会って、ちょうど10年ぐらい。今が一番、楽しく踊れていると思います。あの頃も楽しかったけど、楽しさが違うなぁって思います。

誰かに認めて欲しくて、必死だったあの頃を懐かしく思い出しています。

何を求めていたんだろう?当時の自分のような生徒さんの姿が、ブーメランのように自分に帰ってきていて、笑えます。

ハワイとイギリス 時代を超えての繋がり?

本日、横堀朋子バレエアカデミーの発表会に、ハレ・オハナも出演させていただきました。

バレエの発表会にフラ?と思ったけど、主宰の朋子先生や舞台監督さんのご厚意で、舞台に立たせていただきました。

本当にありがとうございました。

横堀朋子先生は、日本に3名しかいないLRAD(イギリスの王立ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスという学校から認められている教師)で、同アカデミーでは日本にいながら、本場ロンドンと同じレッスンを受けらます。

イギリスで勉強されたということが、私にはとても深いご縁を感じます。

フラダンサーならご存知の通り、ハワイとイギリスは、繋がりがあります。

ハワイを「発見」したキャプテンクックはイギリス人、カメハメハ一世のハワイ統一に力を貸したのも、イギリス。

ハワイ州旗にはユニオンジャックが描かれ、イオラニ宮殿には、カピオラニ女王がヴィクトリア女王から授かった勲章が展示されていたりと、ハワイの歴史にはかかせない国です。

バレエ教室はたくさんあるのに、イギリスの正式なバレエ教師の方の教室とつながっていることが、本当に不思議でたまらないです。

カラカウア王は、英語も堪能で、西洋のマナーなどもしっかりと学んだ方でした。ヨーロッパの他の国では、「南の野蛮な国の王」と相手にされなかったけど、イギリスでは、彼のマナーは素晴らしい、と認められて、女王に謁見出来たのだそうです。

今回も、バレエスタジオの皆さんが、勝手がわからず右往左往していた私達を、本当によくサポートしてくださいました。

時代も身分も全く違うし、日本人同士のことなので、当てはならないかもしれないけど、まだアメリカになる前のハワイに想いを馳せながら、一日を過ごしました。

無理やり繋げているとは思いますよ。だけど、ハワイの歴史となんとなくリンクする気がすることって、嬉しいですよね。

それだけです。

本場ロンドンのバレエを学びたい方は、ぜひ横堀朋子バレエアカデミーに問い合わせしてくださいね。

そして、そんなバレエ教室と繋がっているハレ・オハナにも、興味を持っていただけたら嬉しいです。

フラの為のカラダ作り 集中ワークショップを開催しました

フラの為のカラダ作り 集中ワークショップを開催しました。
感じる解剖学とストレッチ編を同じ日に行うという、意外だけど初の試みでした。

土曜日開催が多かったので、時間の制約があって難しかったのですが、今回は祝日だった為、朝からの開催ができました。同じ日に2つの講座があるのは良いかもね。3つになると消化不良になりそう。

やってみての感想ですが、大きな動きはできるのですが、股関節、肩関節の固定が弱く、本来の動きの軸が取れていない人が多かったです。固定する筋肉は、インナーマッスルといい、小さな動きを軽い力でするもので、大きく派手に力強く動く筋肉ではありません。しかし、それがうまく働かないと、肩を動かすときに関節の中で余計に動いてしまって、本来とは違う動きになってしまったり、動きを止めちゃったりします。

股関節が固い人の多くは、この関節を固定する筋肉がきちんと働かないのが問題なんだと思います。

こう書くと「筋トレ!」と思う方が多いと思うんですが、実はもっと大事なのが、「大きな筋肉の働きを最小限にすること」で、これがものすごい難問。何故ならば、力を抜くという命令は、人の体はできないからなんです。力むのは得意。リラックスは苦手。それが筋肉の特徴です。

リラックスできるには、安心感が必要です。リラックスしていない筋肉の反対の動きをする筋肉が弱いまたは固いと、リラックスできません。人の体は、強調して動く(絶妙にバランスをとりながら動く)ので、1個の筋肉がどうこうしても、あんまり関係なかったりします。そして、リラックスしようと意識すると、力が入るというのも特徴。

難しいですよね〜
だから、動きの専門家にみてもらうっていうのが良いよ、と言っています。美しいフラは、力みが取れて初めて実現するもの。力一杯踊っていても、うまくいかないんです。

また、集中ワークショップは開催しますので、どうぞおいでくださいね。そして、フラの為のカラダ作りにもいらしてね。

問いを立てると答えが見つかる

フラが上手くなりたいという人は多いと思います。どう思っていますか?

「フラが上手になりたいなぁ」「上手に踊れたらいいなぁ」ですか?

残念!それは、上達から遠ざかります。

「上手になりたいと思っている自分」を探しているからです。上手になったら困るんです。上手になりたいなあと思っている自分を繰り返して刷り込んでいるから。

じゃあ、どうしたらいいかっていうと、質問するんです。

「どうやったら上手にできますか?」って。

誰にって、自分にです。そうすると、アンテナがそういう方向に動き出して、どうしたらという解決策を見つけてきます。

私の例で恐縮ですが、ハワイでレッスンを受けた時、カヌーを漕ぐ振りがどうしても上手くいかなくて、ちょっと困っていました。

どうやったらいいのかな?

そう思っていたら、キラウエアビジターセンターで見た、映像(映画?)の中で、クム・ナラニが、カヌーを漕ぐ振りを、オリとともにやっていたのです。つい真似っこしてやっていたら、隣にいたKiwalaʻoが、ニコニコしてこっちをみていました。

こんなところでヒントがあるなんて、と思ったのですが、それは私が、どうしたらいいかと考えていたからなんです。

そして、こういう記事を書くと、「私もその映画を見たいです」というコメントがつきそうなんですけど、実は、それがダメ。同じものを見ても、気がつくところは違うのです。同じ体験をすることが重要なんじゃなくて、あなたの体験で学んでいくことがとっても大事。ここも、伝わらないんだよね〜

Kiwalaʻoは、そこを見せたくてビジターセンターの映画を見ようといったわけじゃなくて、火山のことがよくわかるから、と言っていたんです。映画は何種類かあって、そのどれかわからないけど、どれでも勉強になるよ、と。もちろん、火山の成り立ちも面白かったんですが、私は、クム・ナラニのオリと動きが印象に残りました。
同じ時に一緒にそれをみていた人には、違うものが残っているはず。それでいいんです。

たくさんある情報の中から自分が何を拾うかは、自分が何を自分に問うているかにかかっています。問いかけたら、忘れてもいいんです。脳は、いつまででも探し続けるので。でも、問いかけなければ、答えを探すことはない。こうなったらいいなぁという思いに浸っていると、いいなぁと思う状態を脳は作り続けるんです。つまり、答えを見つけない。どうしたら、どうすれば、という問いは、漠然としていますから、本当にそれでいいの?と思うでしょうけど、それがいいんですね。

憧れの存在に近づくために、その人と同じことをするというロールモデルという考え方があるんですけど、実は、行動を真似るだけじゃなくて、なぜそれをやっているのか、その考えがどこから来たのかをしっかりと真似る必要があるんだな、ということが、この数年でよくわかりました。
行動だけを真似ても、何にも起こらなかった。

でも、ロールモデルから離れて、「どうしたら?」という思考になったら、そこに近づいていっているような気がします。

だからね、皆さんも、問いを立ててみて。答えが思わぬところから見つかるかも。

あなたのこうなりたいが本物なら、脳はちゃんと探してくれますから。

量の10年と質の10年。そして…

フラを踊り始めて、なんと丸20年が過ぎました。

最初は3ヶ月でやめようと思っていた程度のものが20年続けているって、相当の驚きでもあるし、歳をとったなぁ、と思うわけです。だって、フラを始めたばかりの頃って、10年経てば大ベテラン、20年って大御所のイメージだったから。

その位置に立ってみると、全然貫禄ないし、大御所どころか小間使いだし、自分の持っていたイメージと今の気持ちのギャップに驚くばかりです。

それでも、20年という時間が積み重なったことは事実で、それなりのものになってきたな、と思います。そんな中で思うことは、最初に10年と次の10年では、フラへの取り組み方が違うなぁ、ということ。スッパリと時期が切れていたわけじゃないんですけどね。

最初に10年は、とにかく量でした。

練習量は半端なかった。言われたことに疑いも持たず、ただひたすらに踊っていた10年。

毎日、2〜3時間の練習をしていました。

ざっと計算してみると、1日2時間として、ほとんど毎日なので、1年のうちの350日、それが10年ですから7,000時間のフラの練習です。すごいよね。
レッスンではこれより長く踊っていたこともあることを考えるともっとフラを踊っていた。

これが、私のフラの基本を作ったな、と思います。

次の10年は、実は体を壊しているんです。7,000時間以上の無理がたたり、踊れなくなった時期があります。期間としては1ヶ月と短いのですが、動けなくなる恐怖は存分に味わいました。踊れないどころか、立って歩くこともままならなくなったのですから。

そこで、体の動きそのものを変えるということに着手しました。これが、結果的に、動きの質を高めることになりました。同じ動きでも、力みが取れて、楽に動くようになり、体全体で踊るというのは、軽く動くことなんだ、ということがわかりました。

これが、次の10年に起こったこと。

ということは、次に待っているのはなんなんだろう?と楽しみなんです。

質の10年の間に、ハワイアンの方と仲良くなっているんです。ハワイとの繋がりは、昔のハワイに恋い焦がれていた時以上に、強くなっています。楽しんでいることの幅も、今の方がはるかに広い。音楽も、言葉も、クラフトも、今の方が楽しいです。

どっぷりのフラから始まって、その次は自分を高めて、そして広がるのかな?

よくわからないけど、これからの10年は、私もすごく楽しみなんです。

それにお付き合いしてくれようとしているのが、ハレ・オハナの生徒さん。みんなをまだ見ぬ世界へとご案内できたらいいなぁ、と思っています。

その前に、私自身が健康で、元気でなければね。

これからの10年は、女性としても変化のある10年(のはず)だから、変化を楽しみつつ、元気に、前向きに、生きていこうと思います。

民衆を導く自由の女神のように、でっかいフラグを立てて、みなさんを牽引していこうと思っています。自由で明るいフラを、実現していきますよ〜!

ぜひ、ハレ・オハナをフォローしてくださいね。そして、気になる講座などがあったらいらしてください。真面目にしかめ面で学ぶような講座は、一つもないので。

量の10年と質の10年。そして… | サイタフラダンス教室ブログ

ようやく日常に戻ってきました

発表会が終わって、5週間が経ちました。ようやく、日々の仕事に戻ってきました。

ホームページ全部消える事件からも立ち直り、プライベートも落ち着きを取り戻して、ようやくいつもの毎日。

ちょっとだけ時間のゆとりが出来たので、改めてハワイ語のページを作ろうかな、なんて思います。

今までの記事だと、1記事に1語、ちょっと勿体無いかな、とか、単語の語順で並べ替えもできないなぁと思ったので、なんとかしてみようと思います。できるかな?

やってみよう。

どうなるかは、実験結果によりますから、気長にお待ちくださいね。

カラダ作りの方は、ちょっと待ってね。

別のものも掲載するので、そちらでしばらく勘弁してください。

結構、実のある記事を書くのって、大変なんです。

こういうくだらないことなら書けるのになぁ。

では、しばしお待ちくださいね。

ハワイ語について

今までの記事の中で、よく見られていたのが、ハワイ語。
単純に辞書の言葉を訳しているだけなんですけど、実は日本語の辞書ってあるんですよね。これ。

ハワイ語ー日本語辞典です。昨年だったかな、大幅な改定があって、さらに、ハードカバーからソフトカバーに変わって、使いやすくなったらしいです。
らしいですというのは、買っていないからです。私には必要ないから。
以下のサイトで十分なので、辞書は買わないです。

Nā puke wehewehe ʻōlelo hawaiʻi

Nā 複数形の定冠詞
puke 本(book)
wehewehe 説明する
ʻōlelo 言葉
hawaiʻi ハワイ
つまり、ハワイ語を説明する本たち、というサイトで、いくつかの辞書が載っています。辞書同士を行ったり来たりもできるし、とっても便利なんです。

使いこなすには、英語に対するアレルギーがないことと、インターネットを使いこなすちょっとしたコツが必要ですが、とてもいいサイトです。これを知ってから、ハワイ語の翻訳を載せる意味がわからなくなりました。

歌詞の訳については、歌詞の掲載に問題が多くて(著作権)、訳文だけならいいらしいんですね。そういう形でいいなら、掲載できるかな、と思います。もちろん、著作権に影響しない範囲で、本来の歌詞もわかるようにはしますけど。

新しい曲(作った方がまだまだ元気でいるもの)は、許可された人じゃない限り、掲載できないはずで、私はそういう許可を取っていませんので、歌詞は、こちらに掲載しません。こういうことはちゃんとやらないとね。

カルチャースクールのハワイ語講座などでは、歌詞もお渡ししているので、どうしてもという方は、レッスンにいらしてくださいね。

目黒学園カルチャースクール「はじめてのハワイ語と歌の意味」

若葉台カルチャースクール「はじめてのハワイ語〜歌の深い意味〜」

また、3月〜ʻŌlelo Noʻeauという、ハワイのことわざなどを集めた本の勉強会も行います。(ʻŌlelo 言葉  Noʻeau 叡智)
日時:3月30日(土) 14時〜15時
会場:フラ&パーソナルトーレーニングスタジオ ハレ・オハナ
料金:LINE@クーポンをお持ちの方 500円
   クーポンがない方 1,000円
クーポンが欲しい方は、こちらからハレ・オハナを友達に加えてくだされば、クーポンが手に入ります。

友だち追加

ぼちぼち、更新していきますので、お楽しみに!

新しい時代に新しい自分と出会おう

間も無く、平成という元号の時代が終わります。平成元年は、私が地元茨城を離れ、東京での新生活をスタートさせた年。あれからもう、30年も経つんだと思うと、感慨深いです。

あの時は、昭和天皇の崩御による改元だったので、お祝いムードなんてなかったけど、今回はちょっと話が違います。

今上天皇がご健在で、その上での譲位なので、なんとなく浮き立つ気持ちになりますね。新しい時代を迎えるにあたって、私たちも気持ち新たに、動く出すのもいいかな、と思います。

何かがきっかけになって、人生が動き出すということはあります。

私は、1999年にフラを習い始めて、今日まで続けてきました。

習い始める時は、3ヶ月続けばいいな、程度にしか思っていなかったのですが、気がついたら20年も経っていました。何気なく始めたフラが、私の人生をドラマチックにしてくれました。楽しいことも辛いこともたくさんあったけど、フラと出会わなければ知らなかった世界も知りました。

まさに今、新しいスタートを切るのにふさわしい時です。

ほんのちょっと、勇気を出して、新しい自分と出会ってみませんか?

運動の経験も年齢も、あんまり関係ないです。
初心者も、ブランクが長い方も、一緒に踊りましょう。

楽しみたい気持ちが何よりのエネルギー。フラを楽しんでくれる人が一人でも二人でも増えたらいいなぁ、と思っています。


マンツーマンのフラレッスンでしたら、お申し込みの時点で、お申し出いただければ、懐メロでのフラもできます。
ハワイアンがわからないから、と尻込みするのでしたら、歌謡曲で踊ってみませんか?

真面目な人ほど教わってはいけない

潰れますよ

日本の皆さんは真面目なので、先生や何かしらの権威がある人の言うことは、その通りにしないとならない、と思ってしまいます。

動きや感覚は、どう頑張っても言葉では伝わりません。

伝わらないものを、一生懸命受け取ろうとし、先生が言っている通りに動けないのは自分が悪い、と、考えがちなのが、真面目なみなさんの特徴です。自分が悪い、センスがない、フラに向いてないなどと、自分が悪いループにはまって潰れます。

まぁ、たまには、分かるように言えない私を責める人もいますが、それはそれで、いい関係にならないです。(はい、そう言うことがありました。必要なことだったですが、キツイです)

誰のせいでもなく、言葉ってそんなものです。ですから、ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)が大事になるんです。

表情や声のトーン、身振り手振り、姿勢、態度が大事。

言葉に気をつけても、なんだか嫌いな人と上手くいかないのは、非言語での発信が、相手に嫌いと伝えているからです。

それから、隠し事をしているのも、中身はわからないけどすぐ分かります。夫やカレシの浮気って、すぐに分かりますよね?それって、何からでしょう?生徒さんでも、初めてお目にかかる人でも、何かをあえて言わないようにしていることはわかります。

だからこそ、マインドセット(心の在り方)が重要。それを理解しているので、私は、マインドセットをとても大事にしています。

バーバルコマンド(言葉での指示)は、きっかけにはなるけど、動きのきっかけとしては遅れる。それも分かっていないと、タイミングよく指示が出せません。

自分の動くタイミングで指示を出したら、生徒さんは絶対に遅れる。でも、「遅い!」と注意する先生、いませんか?

遅いのは、先生の指示の方ですが、真面目な人ほど出来ないループに陥ります。先生のことを疑うことはないでしょうから。

要領のいい人は、言葉を聞きすぎず、動きを見ます。動きの通りに動くので、真面目すぎず適当な方が上手くいきます。

そんなものです。

だから、真面目な人ほど、先生の言葉通りにしてはいけない。言葉は、伝わらない前提で、動きを見てください。

ポイントとしては、動きの中で動いていないところにも注目すること。右手が動くと人の目線は右手を追います。その時の左手にも注目して学ぶのです。

言葉は、最優先事項でなく、あくまでも補足。振り回されませんように。

言葉をなるべく排除し、動きから学ぶフラを実践し始めているハレ・オハナのフラ・レッスンにもどうぞおいでください。

フラガールの由々しき実態

そろそろ、語ってもいいでしょう

病院や施設ではなく、いわゆる健常者であるはずのフラダンサーさん達の運動指導を始めて、そろそろ10年になります。

そろそろ、振り返ってみてもいいかな、と思います。

印象深いのが「教科書通りの健常者は一人もいない」ということです。

特に、足というか、股関節周囲の筋力(中殿筋力)が、一般的な教科書でいうところの、重力に抗して全可動域動かせるというひとが、一人もいない。(最終可動域でのホールドもできないので、筋力の評価は3−です)

これって、本当に大変なこと。ヒップモーションがどうのこうのなんて言っている場合じゃないです。一歩ごとに、骨盤が落ちているだけ。上げているつもりの反対側が、落ちているんです。これが病的になってくると、トレンデレンブルグ跛行というものになる。

こうやって書くと、中殿筋を鍛えればいいのね、となるので、ちょっと恐いのです。中殿筋だけが弱いことはなく、それに関連するところの筋力も落ちているし、胸郭というところの柔軟性が足りない人も多い。

それらを総合して考えると、私の印象は、普通小学校にいける程度のSpastic diplegia 的な女性が多くて、病院で働いている時と変わらないなぁ、という印象なんです。

健常者ってなんだろう?と、悩みます。

起こっている症状もそっくりで、頭部前方変位、胸郭の可動性低下、体幹低緊張、腰椎過伸展、股関節内転内旋位、外反扁平。

さすが健常者と思うのが、筋肉の収縮が極端じゃないこと(そこはSpastic

ではない)、立ち直り反応が素晴らしいこと。

そんな状態で踊っていて、赤べこのように頭を揺らしているだけで、バランスを保てるんだから、相当良い立ち直り反応です。

これが、実態。

だから、カラダ作りにいらっしゃる皆さんに、最初からきつい筋トレは行わないのです。そんなことしたら、大変なことが起こるから。

もしかしたら、そうじゃない人は、カラダ作り自体がいらないのかもしれないです。

この10年、健常者っていないんじゃないか、と思うようになりました。

フラを踊っているって、結構な運動量のはずですが、それでも、教科書通りなんてない。

私自身も筋力は足りなかったです。少なくとも私には自覚があって、そこをなんとかしようともがいた過去があります。皆さんは普通の筋力があるだろうに、自分は足りない、異常だと、焦りに似た気持ちでもありました。それが、目の前に表れるフラダンサーさんが、かつて、異常だと思った自分よりも動かないカラダだったりして、本当に仰天しました。

病院で働いているご同業の皆さん、患者様が筋力低下しているのは、病前の何十年も前からかもしれないです。4ぐらいになったら、褒めてくださいね。それでも、きっと頑張っている。だって、踊っている女性が3−なんだから。運動習慣があっても、あてになりませんね。

データを取っているわけじゃないので、あくまでも印象です。研究はする気がないので、日々の臨床だけですけど、こんな感じ。私に取っては、由々しきことだし、これで踊っているの?という驚きの実態でもあります。