ハワイの人のように踊りたいから その4

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

ハワイの人のように踊りたいから その3

コアコンディショニングと出会って、日常のいろんなところが楽になってきました。

その一方で、心配もあったんです。フラはちゃんと踊れるのか?という心配です。

以前、先生に「バレエストレッチをやりたい」と言ったら、「そんなものやったら、変な癖がつくからダメ」と言われたんです。私の中では、ストレッチだったんですが、止められて、フラ以外はやっちゃいけないのか、と思ったんです。

だから、怖かった。

ところが、です。

怒られないどころか、すごいことが起こりました。

4日間のカヒコ合宿inハワイ島というイベントがあって、それに参加した時に、全く筋肉痛にならなかったんです。それまで、毎回レッスンのたびに筋肉痛になっていて、まだまだだなぁなんて思っていたんですが、(合宿直前のレッスンでは、若干手抜きしていたかもなので、参考にしていなかった)本気で低く低く踊っても、スカートが浮くぐらいのウエヘをしても、全く痛みがない。先輩たちがそれを見て、もっと低くと言っていたので、私も本気で低く踊らなくちゃとますます低くなったのですが、それでも大丈夫でした。

フラのレッスンは、カラダがちゃんと変わるまであまり本気でやらなかったので、とてもびっくり。そして、先生からも特に注意されることもないし、踊っていて体がすごく伸びやかに動くので、日が経つごとに踊るのが楽しくなるんです。

体幹をすごく鍛えているという感覚でもなく、自分の体がどう動くのかと向き合って、一番快適に動けるところで動く練習をしているだけで、こんなに楽になるなんて。

ハワイの人のように踊るって、体に優しいことなんだって、自分で体験して初めてわかりました。無理していないから、美しいし、体を使い切ることができる。

カラダを使い切って踊れれば、心を伴って踊ることもできるようになる。

自然と一体となって踊るっていうのは、心の問題だけじゃなくて、体に逆らわず、ナチュラルに踊ることだったんだと、気がつきました。だから、スッキリして踊らないとなんですね。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その3

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

自分が患者さんに治療として行なっていた方法は、少し変わった方法だったので、できる人が限られていました。しっかりできる人は、全国に当時100人いたかなぁ?という方法。なので、それに頼るわけにはいきませんでした。何より、その方法ができる皆さんは忙しい。時間外にちょっとみてください、と頼めないほど忙しかったんです。今なら、ブラック企業と言われかねない忙しさの中で働いていて、きっと今でもそんな感じ。

仕方なく、ネットでいろいろ探し始めました。体幹をなんとかするところ、理論的な背景を持っているところ、無理はさせないところ、動きをしっかりみられる人がいるところ。探して探して、やっと見つけたのが、コア・コンディショニング協会。そして、そこのメソッドを伝えているパーソナルトレーニングサロンでした。

某フィットネスジムで、1ヶ月数万円払ってパーソナルトレーナーをお願いしていたのですが、何をしてくれるかって、マシンの隣に立って数を数えてくれていた。それだけ。どう動けばいいのか、全く教えてくれないし、肉離れになったのに、そのフォローもなし。トレーナーにカラダを壊される!と、早々にそのジムをやめました。だから、すごく怖かったんです。

数ヶ月そのコアコンのサイトを見ていて、様子を見ていました。やな奴でしょ?

でも、ついに決意して、そのサロンに足を踏み入れて、初回の感想が「これ、イケる!」だったんです。無理はしない。動きは教えてくれる。何より自分の体が変わる。楽になる。きっといいぞ、と思って、通いました。

通っているうちに、患者さんたちが言っている「リハビリは大変なんだけど、そのあと楽なんだよ」の意味がわかるようになりました。歩くのが楽、階段の上り下りが楽、立っているのが楽、座っているのが楽。

日常が変わり始めました。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その2

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

自分と同じフラ歴のハワイの人は10代。10代と比べちゃうと、彼らの持っている可能性の方がはるかに大きいし、学び取る力も速さもどんなに頑張っても劣る。

自分と同年代のハワイの人は踊っているとしたら経験年数が倍以上違う。一緒に踊ったら、その差は歴然。

ハワイの人のように踊るというのは、叶わぬ夢なのか?

いやいや、この差を埋める何かがあるはずで、きっとそれが見つかるはず。

そう思っていた矢先に、自分が体を壊してしまったんです。

がむしゃらに頑張るという選択肢は、その時に消えました。がむしゃらに頑張ったら、また同じことを繰り返す。

自分を冷静に振り返ったら、姿勢が悪いと言われていたのが、いつの間にか姿勢がいい、と言われるようになっていた。でも、良くなった実感はなく、無理して体を反らせている感覚でした。いつでも腰に寄りかかっていて、腰が痛くなる。腰に寄りかからないと起きた姿勢が保てないから、膝を曲げた姿勢が安定しない。どうしてもつま先重心になってしまう。膝が中に入ってしまう。この形、治療している患者さんの「問題点」ってしている姿勢と一緒だ。腰椎前弯、骨盤前傾、股関節屈曲内転内旋、外反膝、外反扁平足、尖足。あらら、典型的な姿勢だ。問題があったら解決する。いつもはどうやっているんだろう?と改めて考えてみました。

体幹を安定させること(特にペロンペロンのお腹が安定すること)、背骨が正しく並ぶようにすること。これを患者さんにやっていた。そうすると、よほど強い力で引っ張られていない限り、骨は良いポジションになっていました。私自身は、当時は特に麻痺などの問題はなかったので、きっとこの方法がいいに違いない、もしかしたら、これは一発逆転の方法かもしれないと思ったのです。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その1

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたい。日本人ダンサーで、ちょっと真剣にフラに取り組んでいる人なら、誰でも一度は考えたことがあることと思います。

もちろん、私も思いました。

40歳を超えたある日、ぼんやりメリーモナークの動画を見ていて、ふと、「この人たちって、まだハタチそこそこなんだけど、私よりフラを踊っている時間が長いんだよなぁ」と思ったんです。ピチピチ20代の中に、40代のおばちゃんが混ざって踊れるのか?彼女たちの方がフラに関しては先輩で、経験も少ない、しかも年齢が高い私が、同じように踊れるのだろうか?そんなにがむしゃらに頑張れるんだろうか?と、途方もないことを考え始めたのです。

考えれば考えるほど「無理だ〜」と思ったんです。若さも情熱も、追いつかない。

「ならばクプナさんは」そう思ったら、そっちはもっと絶望的でした。同年代の人たちは、40代だったら30年以上のフラの経験がある。経験年数が違い過ぎます。その雰囲気はもっと出せない。

そのぐらいの経験があるぐらいになった時には、私はヨイヨイのおばあちゃん。踊れるのか?そもそも生きているのか?それすら定かじゃないぐらい気の遠くなる話です。

ああ、一生涯かけても、あのように踊れる日は来ないのだろうか?

ちょっと諦めかけた時に、隙間を埋める方法はないのか?と考え始めました。

経験年数違い、年齢の違い、そういうのを超えられる方法はないか?

結構本気でした。

つづく

伝えることの意義

だから、伝えたい

私たちの命は、永遠ではありません。

これをどのぐらいの人が感じ、どのぐらいの人が真剣に捉えているでしょうか。

永遠じゃないということは、自分の頭の中にあるものを残していかなければ、自分の代で終わるということなんです。どんなに優れた能力の人でも、死んでしまえば屍になるだけ。どんな天才も、生きながらえることは出来ないんです。

ハワイのクムは、そのことをよく知っているので、次の世代に伝えるということに真剣に取り組んでいます。日本に来てくださっているクムフラの中には、お金儲けが目的になっている人もいるかもしれませんけど、多くのクムフラは、その知識を伝えようと思って来てくれます。

作り方がわかれば、壊れた時に治せる。惜しみなく知識をシェアしてくださるクムフラの姿から、私たちが学ばなければならないことがたくさんあるな、と思います。

人は完璧ではない。かけているところがある。だから、いろんな人から学ぶことが大事だ、と。すごく重たい言葉です。

私自身は今、フラのためのカラダ作りをきちんとした形にしなければと思っています。多分、フラのステップを学ぶメソッドのようなものがあるはずだと思うんです。ハワイのクムのやり方も知りたいですが、おそらく、子供達に向けてのメソッドだと思います。大人向けの、しかも、フラに接するまで運動らしい運動をしてこなかった人に向けてのメソッドってないだろうと思います。

子供と同じように教わっても、出来ないんですよ。学ぶための方法が大人と子供では違うから。それでもやり切っちゃう人もいますが、大抵は「子供のようには覚えられない」と諦めていくんです。でも、絶対できると思っています。

そこをしっかりと形にできたら、初心者にフラを教える方法がわかるです。初心者も迷わないで習える。きっと、そうできるって信じています。早く形にしてよという気持ちもわかるんですけど、ちょっと待ってね。産みの苦しみを味わっています。まだ、育ち切ってない感じ。

でも、やりますよ。伝えないと、ここで終わっちゃうから。

フラのためのカラダ作りを、料理をする前に包丁を研ぐことみたいだと、例えてくれたクライアントさんがいます。包丁を研ぐことが目的じゃなくて、美味しい料理が気持ちよくできるようにするための準備と。上手いこと言うなぁと思いました。

そうありたいし、皆さんにもそうであってほしいなと思います。

ベーシックステップの基本はほとんどカホロ

正確にいうとカホロの時の体重のかけ方

ハレ・オハナで教えているフラ・カヒコの中には、経験が浅い人向けの曲ですけどhuʻe(フ・エ)という、変わったステップが含まれています。経験者ならわかると思うのですが、これ、ちょっと間違えると、ちょっとどころか目も当てられないステップになるんです。

発表会の時に、ステージ上で「こりゃダメだ、やり直し」と思って見ていました。もちろん、練習はしてきて、気にはなっていたんですが、どうやって修正したらいいのかよくわからないままでした。ステージ上で反省しても時すでに遅しなんですけど、でも、またこの曲を踊る機会はやってくるわけで、せめてその時までに修正したいと思い直し、改めて分析をしてきました。

そうしたら、やっはりカホロに行き着くんです。カホロの時に、どうやって立っているか。それに尽きるんです。

解説してみると、なるほど、とわかるのですが、じゃ、自分がどうなっているかということは、自覚してもよくからないんです。人って、馴染んでいる動きを感じる力がとっても弱い。

今までと変わると「あれ?違う」ってわかるのですが。そして、「違う=良くない」と判断するとってもお利口さんな脳のおかげで、癖となっている動きが直らないようにできています。

もっと動物的なところで、「違う、でも楽」と思う体の感覚を信じて、そっちに従おうとする人は、割とサッと苦手な動きを克服できたりします。

きっぱり別れているわけじゃないですが、理屈でこねくり回している頭でっかちの人の方が、体の使い方が変わるのは遅いですね。かくいう私がそうなんですけど(笑)

なので、huʻe(フ・エ)を理解するにも時間がかかった。理解してみたら、なんのことはない、カホロでした。ああ、本当におバカさんな私。

やっとやっと、生徒さんの誤解を解くことができるかもです。

ジャンプして横っ飛び、足をガバチョと広げる品のないhuʻe(フ・エ)から、地面を這うように移動するhuʻe(フ・エ)に変わるといいなぁ、と思っています。

フラのレッスンって、振りを覚えるだけの時間じゃないですよね。どうやったらうまくできるのかを学ぶ時間でもあるので、その辺りを惜しみなくお伝えしています。どうして出来ないんだろう?を出来る、出来たに変えるのが、レッスンの時にやることと思っています。形を覚えるのは、一人でも出来る。それがどうにも決まらないというのを、修正するのは、お稽古でやることじゃない?そのための、すっごい基本を、徹底してやるので、今回のhuʻe(フ・エ)のように、ステップ一つに相当時間を割くこともあるんですけど、全ては心のままに踊るために必要なことと思っています。

こんなことを書くと、どうすればいいのか教えてと言われそうなのですが、それは、竹馬に乗れるようになりたいから、文章で教えて、と言われているのと同じことで、書いてもいいですけど、たった一言になります。「一瞬で片足で安定して立つ」これが基本中の基本です。これに尽きる。

ニヤニヤしちゃう

お悩み解決できると嬉しい

いつも、ハレ・オハナをご利用いただきまして、ありがとうございます。

フラのためのカラダ作り+パーソナルフラレッスンは、いい組み合わせですね。

自分でメニューを決めておいて言うのもなんですが、フラのお悩み解決の駆け込み寺的なメニューになりますね。

こんな振りができない、このステップがうまくいかないと言うのを、体を根本から立て直して解決するので、その練習をしなくても上手くなっちゃう、魔法のようなメニューです。

エクササイズの後は、いつだって「うそ、あんなにできなかったのになんでできるの?」と言う驚きの声が聞かれます。しかも、歯を食いしばる練習なしにです。

「歯をくいしばる努力をして、やっとの思いで乗り越えている自分」が好きな人もいますので、その方には、楽にできることより大切なことがあると思うから、勧めませんが、解決の糸口もつかめなくて悩んでいて、そのために諦めようとしている方がいるなら、その方にはオススメの内容です。

「たったこれだけ」で、今まで知らなかった世界に行けるんです。

こればかりは、体験しないとわかりません。

だって、未知の感覚ですから。感覚は、感じることでしか理解できません。

頭で考えていても、どんなに知識があっても、関係ないんです。

トップアスリートは頭が良いと思うんですが、頭が良い人がトップアスリートではないですよね。アスリートは、体という感覚器官を存分に使っているから、賢くなるんだろうって思います。

そういう意味では、ちゃんと踊れる人は賢いけど、知識が豊富で頭がいい人がちゃんと踊れるというわけじゃないってことです。

そこは別なんですよね〜

知識はないよりはあったほうがいい。でも、その程度。

体が理解することの方が、情報がたくさん含まれているんです。だから、文字情報だけじゃなくて、体を使って感じてください。

フラなんだから。

立つことはフラの基本

ベーシックステップについての相談の時に「体重移動が云々」と言う言葉を聞くことがよくあります。ちょっと待って。体重移動の前に、体重が乗っている感覚ってありますか?

人は、足の裏という非常に狭いエリアで体を支えます。

人のバランス能力って、きっと皆さんが考えているよりもはるかに優秀で、そのため、この狭い足の裏のエリア内に重心(重さの中心)が入っていれば良し、そのために、体を全部使って重さを均等になるように調整しますよ、というふうになっています。

頭という、すごく重いものがあっても倒れないのはこの力のおかげです。

だから、姿勢が崩れているというのは、ある意味、調整能力が発揮された結果なので、よかったね、とも言えます。もし、この能力が欠けていると、座れない、立てない、歩けないということが起こるから。歪もうが何しようが、立てる力があるんです。一方で、ちゃんと重さの中心が理想的な位置にいないことが長くなると、ずれているんだけど、そこを便宜上真ん中とみなす、ということをするのも体。

どういうことかというと、ダーツで説明します。ダーツを投げると、どうしても的の右側に集まっちゃう人がいたとします。本来なら、的を動かすなんてありえませんが、勝手に右にずらして、ダーツがよく刺さるところに中心を持ってきちゃいます。それで、成績良し、ダーツが得意としている。

そんな感じです。ずれているところでも、繰り返していると、そこがいいところって、思っちゃうんですね。人って。

これは、習慣が作ります。毎日の無意識がそうなっちゃうので、わかっているつもりでよくわからないんです。ずれていることを自覚できれば、そこから、修正ができるんですが、 この自覚って言う奴が結構厄介。だって、ずれていてGOODなので、疑いもしませんから。正しく立ててこその体重移動。本当の意味での真ん中がわかるから、そこに行こうとするだけで、踊りが安定するんです。

難しいことを言っているように聞こえるでしょうけど、それは、体験していないからです。体験すると、ああ、これが真ん中とか、これが足をついているってこと、とか、安定しているってこう言うこと、とわかるんです。

わかっている人にしてみたら、こんなに楽なのね!と思うはずですし、そうそう、この感じ。気持ちいいよねってわかるんです。

でも、体験していない人には、どう言ってもわからない。海の水がどのぐらいしょっぱいかは、舐めてみないとわからないし、それを海に行ったことがない人にわかるように説明しなさいって言われているぐらい、難しいことです。

テレビの食レポで、どんなに美味しいと言われても、全くわかりませんよね。こんなの食べたことない!って言われてしまったら、食べたことがないものを想像しながら感じるしかない。(さて、どうやって???)

すごくおいしんだろうなぁ、どんな味かなと、楽しく想像するしかないし、それで満足できなかったら、行って食べるしかない。

だから、フラの基本は立つことで、ちゃん立てればふらつかないよ、って言うのを実感できないのは、ちゃんと立つが体験でいていないからなんです。体験したかったら、ハレ・オハナにぜひいらしてね。フラのレッスンでもある程度はわかるように、準備運動にカラダ作りのエッセンスを取り入れてはいますが、それでも十分とは言えないです。

基本が変わると、いろいろ変わるので、ぜひ、それを感じていただきたいです。

私自身が、すごく助けられたんです。そして、すごく楽になった。だからこそオススメしています。やった人にだけわかる、この感覚を、味わっていただきたい。

講座開催キャンセルのお知らせ

いつもハレ・オハナをご利用いただきまして、ありがとうございます。

今回は、ちょっと残念なお知らせでです。

フラのためのカラダ作り 集中ワークショップのストレッチ編、筋トレ編は、今回の開催がキャンセルになりました。集中ワークショップは外部の先生にお願いしいる都合上、少し早めに開講するかどうかを判断します。
そのため、皆様にも少し早めにご検討いただきたく思います。

30日の感じる解剖学は、予定通り開講いたします。

よろしくお願いします。

なるべく、皆さんのご都合に合わせた開催をしたいと思っていますので、もし、日程や時期などのご希望があるようでしたら、お早めにお知らせください。

フラのためだけじゃないカラダ作り

より良い自分になるために

姿勢って、とても大事です。

普段の積み重ねが体に刻まれていくのです。これは良くも悪くもです。

理想とまでいかなくても、良い姿勢が導き出す結果と、ゆがんだ姿勢が導き出す結果は、当然ですが違います。

フラのことだけを考えたら、姿勢なんてどうでも踊れますし、杖をついていても、踊れればいいってことになるんじゃないかと思います。

でも、実際には、踊るときだけシャンとするってありえなくて、普段曲がっている人は、踊っていても曲がっているんです。

これは、変えられないんですね。

良い姿勢って、骨が最も支えやすい位置に並んでいる姿勢になります。

大事なのは、骨の位置関係(アライメントと言います)

力学的にいい位置にあると、筋肉も大きな力を発揮しなくても支えられるので、疲れにくくなります。骨の位置を制御する奥にある小さい筋肉がよく働くようになるので、エネルギーの消費量としては増えるのですが、それは基礎代謝として表される部分になってきて、冷え性の改善や低体温の改善に繋がることもあります。

基本的なエネルギー消費が増えるので、痩せやすくなるかも。
少なくとも、私の周りに、余計なお肉がたくさんついていて、姿勢がいい人はいません。少なくとも、姿勢が良い人は、全く贅肉がないっていうのではなくて、引き締まった印象を与えます。

ぽっこりお腹が気になるっていう人は、姿勢から見直してくださいね、

肩こりや腰痛の改善だけじゃなくて、良い姿勢は、いいことがたくさんあるように思います。前向きな明るい人生を送りたいなら、姿勢は良くしていて方がいいよね、って思います。

そのためのワークショップが、フラのためのカラダ作り集中ワークショップです。

実際に体を動かすので、変化を実感できると思います。

ぜひいらしてください。

クービック予約システムから予約する