伝えることの意義

だから、伝えたい

私たちの命は、永遠ではありません。

これをどのぐらいの人が感じ、どのぐらいの人が真剣に捉えているでしょうか。

永遠じゃないということは、自分の頭の中にあるものを残していかなければ、自分の代で終わるということなんです。どんなに優れた能力の人でも、死んでしまえば屍になるだけ。どんな天才も、生きながらえることは出来ないんです。

ハワイのクムは、そのことをよく知っているので、次の世代に伝えるということに真剣に取り組んでいます。日本に来てくださっているクムフラの中には、お金儲けが目的になっている人もいるかもしれませんけど、多くのクムフラは、その知識を伝えようと思って来てくれます。

作り方がわかれば、壊れた時に治せる。惜しみなく知識をシェアしてくださるクムフラの姿から、私たちが学ばなければならないことがたくさんあるな、と思います。

人は完璧ではない。かけているところがある。だから、いろんな人から学ぶことが大事だ、と。すごく重たい言葉です。

私自身は今、フラのためのカラダ作りをきちんとした形にしなければと思っています。多分、フラのステップを学ぶメソッドのようなものがあるはずだと思うんです。ハワイのクムのやり方も知りたいですが、おそらく、子供達に向けてのメソッドだと思います。大人向けの、しかも、フラに接するまで運動らしい運動をしてこなかった人に向けてのメソッドってないだろうと思います。

子供と同じように教わっても、出来ないんですよ。学ぶための方法が大人と子供では違うから。それでもやり切っちゃう人もいますが、大抵は「子供のようには覚えられない」と諦めていくんです。でも、絶対できると思っています。

そこをしっかりと形にできたら、初心者にフラを教える方法がわかるです。初心者も迷わないで習える。きっと、そうできるって信じています。早く形にしてよという気持ちもわかるんですけど、ちょっと待ってね。産みの苦しみを味わっています。まだ、育ち切ってない感じ。

でも、やりますよ。伝えないと、ここで終わっちゃうから。

フラのためのカラダ作りを、料理をする前に包丁を研ぐことみたいだと、例えてくれたクライアントさんがいます。包丁を研ぐことが目的じゃなくて、美味しい料理が気持ちよくできるようにするための準備と。上手いこと言うなぁと思いました。

そうありたいし、皆さんにもそうであってほしいなと思います。

夏休みの定番?刺繍ワークショップ

お子さんの宿題にもいかがですか?

昨年開催して、結構好評だった、刺繍のワークショップ。

ハワイアン刺繍って名付けたら「そういう刺繍があるのか?」という問い合わせがありました。ないですよ〜

ハワイアンな柄(モチーフ)を刺繍します。

素敵なデザインのものだと、デザイン料がかかるものもありますが、自分だけのオリジナルの刺繍が施されたバッグやポーチを持てるので、ちょっと嬉しい。

そして、キルトとは一味違う楽しみがあります。

昨年はお子さんはクロスステッチで、好きな絵をデザインに起こして作品を作ったのですが、今年は、大人もクロスステッチが選べます。

お裁縫が苦手だけど、何か手作りしてみたい方に、とてもぴったりです。

【日時】

7月27日(土) 、8月31日(土)、 9月1日(日)

午前10時〜午後5時の間の1時間

お申込みフォームで、参加希望時間をお選びください。

予定では1時間ですが、終わるまでいていただいて構いません。

【会場】

フラ&パーソナルトレーニングスタジオ ハレ・オハナ

【料金】

お一人 2,000円(材料費込み)

お二人でのお申し込みの場合は.二人で3,500円。三人でのお申し込みは、三人で5,000円。

【持ち物】

特にありません。道具類、材料等は、こちらで用意します。
もし、刺繍したいイラストなどがありましたら、それをお持ちください。

【対象】

小学生以上の方。

【講師】

池田美弥子 先生(Nā pua ハワイアンキルトインストラクター)

単発のワークショップですので、どなたでもお気軽にご参加ください。

自分だけのオリジナルグッズを作ってみましょう!

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。

お申し込みはこちらからお願いします。