6回で1曲踊れるようになる短期レッスン(フラ・カヒコ)

初めてでも安心の丁寧指導です

フラを始めたいけど、最初からクラスに入るのはちょっと怖い、できるかどうか不安、いう方にオススメのクラスです

長期に習うことをためらっている方、体験で1曲だけ習ってみたい方、ぜひどうぞ。

もちろん、やってみて、楽しかったら、ほかのクラスに入っていただくことも可能ですし、短期レッスンを繰り返して受けていただくことも可能。ただし、1年間で1クールになりますので、2年目からは同じ曲を繰り返して習うことになります。

カヒコ=古代から伝わるフラ。イプヘケというひょうたんでできた楽器のビートに合わせて踊ります。

柔らかさがあんまり必要ない、比較的直線的な動きが多いので、初心者にぴったりです。

日程:

のんびりカヒコ昼の部 7月12日(金) 26日(金) 8月9日(金) 23日(金) 9月13日(金) 27日(金) 第2・4金曜日 午前11時〜12時

のんびりカヒコ夜の部 7月12日(金) 26日(金) 8月9日(金) 23日(金) 9月13日(金) 27日(金) 第2・4金曜日 午後7時30分〜8時30分

料金:12,000円 6回分前払いのみ 分割はできません。払い戻しもいたしません。

対象:カヒコは、カヒコ初心者が対象です。他の教室に所属している方は、先生の許可があれば参加可能です。ベーシックステップは、こちらに合わせていただきます。

特典:6回シリーズからハレ・オハナのレギュラークラスに移行する場合、入会金無料となります。

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

クムフラ サミーのワークショップ 日程や場所の変更があります。

交通の便のいいところで開催します。是非いらしてください!

メリーモナークも終わり、長いゴールデンウィークも終わって、やっと日常に戻ってきた感がありますね。皆さん、お元気ですか?

ハワイ島にあるハーラウ、「Halau Nā Lei Hiwahiwa ʻO Kuʻualoha」のクムフラ、Sammye Ku’ualoha Young のワークショップですが、人数の関係で、合宿ではなく、

通える範囲でのワークショップに変更します。富士山に向かって、フラを踊りたかったですが、それは、ハレ・オハナの旅行にとっておこうと思います。一緒に行きたい方は、ハレ・オハナにご入会くださいね〜(笑)

変更になるのは、場所と日程です。3日間だったのが2日間になります。

止まるということで、ゆとりのある日程にしていましたが、ミニホーイケを行わないことで、ギュッと凝縮して2日間にしました。

ということで、このようになります。ご確認ください。

日程 2019年7月13日(土)〜14日(日)

大まかなタイムスケジュール

【1日目】

会場:横浜市緑区民センター みどりアートパーク リハーサル室
JR横浜線 および 東急田園都市線 長津田駅の目の前

http://midori-artpark.jp/access.php

10時〜12時 フラ・カヒコ ビギナー向け
12時〜14時 昼休み
14時〜16時 フラ・カヒコ 指導者・上級者向け
17時〜19時 パイ&チャンティングレッスン

☆終了後、懇親会を予定します。ご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。

【2日目】

会場:横浜市岩間市民プラザ リハーサル室
相鉄線 天王町駅より徒歩2分です。

http://www.iwamaplaza.jp/access.html

10時〜12時 フラ・アウアナ 指導者・上級者向け
12時〜14時 昼休み
14時〜16時 フラ・アウアナ ビギナー向け
17時〜19時 ハワイアンカルチャーのレクチャー

ハワイのハーラウ事情や日本のダンサーに求めること、クムフラとは?ハウマーナとは何?コクアってどういうこと?などをお話しいただけます。あらかじめ、聞きたいことありましたら、お申し込みの際やその後にでもお気軽にご連絡ください。 

☆終了後、懇親会を予定します。ご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。

料金 ワークショップ参加費 1クラス10,000円 全て参加の場合、合計で50,000円

最少催行人数 10名

締め切り 5月31日

定員 土曜日各クラス30名(残席19名) 日曜日各クラス19名(残席11名)

施設の定員の都合で、これ以上の増員は難しいです。お申し込みをご希望の方は、お早めに。1クラスだけの参加も歓迎します。

曲は決まり次第、改めてお知らせします。カヒコで、イリイリを使う可能性が出てきています。プーニウは使わないことになりました。


ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。日程が変わったとはいえ、3連休であることには間違いがないので、遠方からのご参加の方は、宿泊の手配など、ご自身でお願いします。

お申し込みは以下のフォームからどうぞ。

クムフラ サミーのワークショップがどんどん決まってきています

お申し込みはお早めに〜

ハワイ島にあるハーラウ、「Halau Nā Lei Hiwahiwa ʻO Kuʻualoha」のクムフラ、Sammye Ku’ualoha Young の合宿ワークショップの詳細が、少しずつ決まってきています。

ハワイアンカルチャーについては、ハワイのハーラウ事情なども含めたカルチャーレクチャーになります。参加される方は、あらかじめご質問などいただければ、クムフラに伝えておきますので、レクチャー内で回答が得られると思います。日本の「先生」という立場もご存知なので、ざっくばらんに聞いてください。当日でもいいですけど、通訳が私なので、あんまり複雑な質問は前もっていただけると助かります。

カヒコは、プーニウという楽器を使ったものになると思います。または、パフドラムなんだそうですが、パフを買うのは大変なので、参加される方はプーニウをご用意ください、になると思います。ご自分で買ってもいいですし、こちらでまとめて注文してもいいです。価格等は問い合わせ中です。
プーニウのカヒコ、憧れていました。出来たら嬉しいですね。
カタカナでプーニウと検索すると、ニウ(ココナツ)が表示されますが、それは違います。プーニウはこれ。膝に巻いて、叩くドラムです。カーという、叩く為のヒモ???も必要です。

曲は本決まりじゃないけど、習ってそのまま終わりじゃなくて、クムと何日か一緒にいるので、空き時間があったら質問できるというのも、合宿の良さです。同室の人と練習もできるから、こんなことに挑戦してもいいですよね。

こんな風に使います。これそのものじゃないですが、こんな感じ。

日程等の詳細を再掲します。

お申込みいただいた方にしかわからない、嬉しいお知らせもあるんです。数量限定ですよ〜。残りあと少し。

曲はもう直ぐ決まります。お楽しみに!

日程 2019年7月13日(土)〜15日(月) ※15日は海の日で、祝日です

大まかなタイムスケジュール

【1日目】 11時〜13時 フラ・カヒコ ビギナー向け

   13時〜14時 昼食

   14時〜16時 フラ・カヒコ 指導者・上級者向け

   18時〜夕食 クムフラとご歓談ください

【2日目】 9時〜11時 フラ・アウアナ 指導者・上級者向け

    11時〜13時 昼食・昼休み

    13時〜15時 フラ・アウアナ ビギナー向け

    16時〜18時 ハワイアンカルチャーのレクチャー 

           ハワイのハーラウ事情や日本のダンサーに求めること、
           クムフラとは?ハウマーナとは何?コクアってどういうこと?
           などをお話しいただけます。
           あらかじめ、聞きたいことありましたら、お申し込みの際や
           その後にでもお気軽にご連絡ください。 

     19時〜夕食 クムフラとご歓談ください

【3日目】 9時〜11時 パイ&チャンティングレッスン

    11時〜13時 昼食・昼休み

   13時〜  ミニホーイケ

会場 フジ・プレミアムリゾート

https://fuji-premium-resort.jp/

〒 401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立7139-1

電車バス利用の場合、駅までの送迎バスもございます。送迎バスは、富士急行河口湖駅または高速バス停 富士急ハイランドからご利用いただけます。

料金 ワークショップ参加費 1クラス10,000円 全て参加の場合、合計で50,000円

宿泊料金 ワークショップ特別価格です。

     1日目の昼食から3日目の昼食まですべて食事付き(2泊7食)で、38,000円(税込)

 4名1室が基本です。4名分のベッドがあります。ツインの2ベッドルームです。室内にはトイレが2箇所、お風呂も2箇所あります。リビングもあるので、コンドミニアムに滞在しているイメージです。1室あたりの人数が減ると、金額も上がります。どうしてもというご希望でない限り、こちらが便利です。部屋割りは、参加内容等を考慮してこちらで決めます。お友達と同室希望の場合は、お申し込みの時にお申し出ください。なお、宿泊しない方や、遅く到着する、早く帰るなどで、食事がいらないという方も、お申し出ください。延泊や前日泊は、恐れ入りますが、ご自身で手配してください。

ミニホーイケ参加費 3,500円

ワークショップオリジナルTシャツ付き

ホーイケの時に着用するお揃いのTシャツが付きます。ホーイケに参加しない方にはありません。ホーイケ時に着用するパウについては、クムフラと相談中です。何かご要望がありましたら、お申し出ください。

最少催行人数 10名

定員 32名(応相談)

締め切り:5月15日 お急ぎください!

お申し込みはこちら。お問い合わせは下にスクロールするとお問い合わせフォームがありますので、そちらからどうそ。聞きづらいことなどもあると思うのですが、どんなことでもいいので、遠慮なくどんどん聞いてください。

バーチャルじゃ学べない何か

それを伝えるのも私の仕事

フラをお伝えしていて、嬉しいなぁと思うのが、私がハワイ島で実際に体験したことや、感覚的に感じてきたことを話すと喜んでもらえることです。

昨年、ハワイ島の住宅地に溶岩が吹き出して大騒ぎになっていましたけど、それがどのエリアで起こったことか、どういう風に人々が捉えていたのか、ペレってヒロの人にとってどういう存在なのかなど、実際に行って、感じたことをお話ししているのですが、よく考えるとそれって、情報などからはわからないものなんですよね。

きっと、私の強みはそこ。

実際に行くとか、話を聞くとか、現地のミュージアムで現地の人と一緒に学ぶとか、そうことを臆せずすること。

英語が得意でもないので、話は6割ぐらいしかわからないんだけど、半分以上わかればよし、と思うから、聞きたいことを聞いています。

昨年は、ダウンタウンにあるモクパパパというハワイの成り立ちを学べるミュージアムに、ボルケーノセンターの出張所ができていて、その看板を見て立ち寄ったら、ちょうど良い時間にボルケーノレンジャーの話があるっていうので、聞きに行き、興味深い話を聞いてきました。

もちろん、話が半分もわからないけど、無料だっていうし、チャンスだよね、と思ったら、とにかく行ってみるんです。それで、わからないこともたくさんあるけど、わかったことも多くて、ホクホクして帰ってくる。その話をみなさんにお伝えしているんです。ツナミミュージアムにも初めて行って、これから映画があるよ、と言われたのでそれもみて、戦前のヒロの町の様子などを知って面白かったんです。

ハワイで最初の鉄道は、ハワイ島に引かれたなんて、知らなかった。

歴史のことも、宇宙のことも、いろんなことが面白くて、そういうことを学べる場所があるってすごいなぁと思いながら、ミュージアム巡りをしていました。

今年はどこに行こうかな〜

昨年はサウスポイントの方面に行けなかったから、そこにしようかな。国立公園のパスを買ったほうが安いかもしれないから調べてみよう、なんて考えるんです。

そういう相談を地元の方にすると、あそこがいいよここがいいよと、とても親切に教えてくれて、そのついでにいろんな話になるんです。

半分ぐらいしかわからないけど、それでも面白い。その時に感じているいろいろを、フラに反映しようとしています。

行けないなら、せめてきてくれる人から感じて欲しいですね。クムフラから学ぶのは、そういう意味もあるって思います。

何よりも空気感が違うから。日本人でも理解できる忠実さと、大らかさが共存しているあの感性は、本当に温かいです。そこを目指して、私も頑張りたい。

クムフラになりたいわけじゃないです。クムフラにはなれないと思っているので、一指導者でいい。でも、生徒さんには、ハワイの雰囲気をちゃんと伝えたい。

ハワイに勉強に行っている先生方も多いので、そういうものは感じることができると思います。日本で学ぶだけじゃない何かを、伝えられたらいいなぁって思います。

少し前までは、自分がそこに行くことが大事だったけど、今はそれだけじゃなくなった。自分ばっかりがいい思いしても、それを伝えられなければ意味がないなぁって思って、なんとかしたいと頑張っています。

ちょっとはなんとかなっているかな?

クムフラ サミーヤングの富士山合宿ワークに来てね

年齢が気になりますか?

時々ある質問より

フラレッスンで、時々あるお問い合わせが、「○歳で、フラが初めてなのですけど大丈夫でしょうか?」というもの。本格的なカヒコはやりたいけど、他の教室だと年齢に制限があったり、経験年数でできなかったりするみたいですね。

確かに、全くの初心者にゼロからカヒコを教えるのはすごく大変です。やってきたからわかる。でも、私はそれをやってきました。フラは経験があるけど、カヒコは初めて。しかも全員がその曲を知らない。それでも、踊れるようにレッスンしてきました。

最初の何回かは、イプヘケを叩くことが出来ません。私がいなくなると踊れなくなるから。踊れるようになって初めて、イプヘケを叩いて踊るのですが、今まで言っていた口三味線がなくなると、これはこれでリズムが取れない。それでも、根気よく、ちょっとずつ練習してきたので、今ではすっかりカヒコのエキスパートになっている人もいます。

だから、初心者の方は心配しないで。最初の苦労は、まだ皆さん覚えているから、出来ないからどうのこうのいう人はいません。そんなこと言っていたら、私の雷が落ちるしね。

年齢もご心配なく。

膝を深く曲げることは求めていません。出来るならそうしたらいいけど、出来ないことを頑張れとは言わないです。それに、何歳でも踊りたいですよね。踊りたい気持ちがあれば、十分です。

クラスのみんなの足を引っ張るのではないかっていう心配も、ご無用です。

上記の通り、お手本がいないとカヒコって最初は難しいんですね。先輩たちが、自ずとお手本になるんです。お手本で踊るって、結構なプレッシャーですよ。私に注意されるってことは、後から入ってきた皆さんにご迷惑をかけることになるから、しっかり踊らねばなりません。これって、いい刺激なんです。だから、初心者さんほどウェルカムなんです。

ご心配なことがあるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

見学は随時受け付けています。体験は有料ですが、こちらも随時受けつけていますので。

勧誘は一切なく、もっと勧誘してよ、と思うぐらいかもです。

教室をいくつか見学している方もいらっしゃいますよ。よくある「うちに見学・体験に来たらキープしたまま他に行かないこと」なんていう縛りもないです。いっぱい見て、いっぱい比べたらいいです。古代ハワイとは違うんです。間も無く新しい時代になるになる日本なんです。ここもいいかもしれないけど、他も見てみたいって、普通の気持ちじゃないかなって思います。入ってから、やっぱり他に行きますっていう人もいますよ。前に習っていた先生が独立したから、やっぱりそこに行きますとか。それもありかなって思うし、他で習っていたものを全部捨てなさいとも言わないし。(捨てたくなったら捨てればいいし)

ごく普通に考えて、それが合理的だと思うことは、合理的な方を選びます。お金をかけるばかりじゃなく、皆さんが気持ちよく学べることが最優先だと思っているので、いろんな意味で無理をしない教室だと思います。

他から移ってきた方からは、珍しいと言われる判断をするみたいです。例えば、内輪のパーティーでは、以前の教室で習ったフラを披露してもいいよとか。衣装を着てもいいよとか。振りを盗もうなんて思わないですよ。1回みただけで覚えられるほど記憶力よくないし、DVDを見直すほど暇じゃない。生徒さんが気持ちよく踊れることの方が大事でしょう?楽しむことができれば、それがいい思い出になる。いい思い出を増やすことが、これからの生き方だって思うから。

遠慮なくおいでくださいね。

新年度になって、間も無く半月。そろそろ、周辺も落ちついてきているかと思います。新しい習慣は、ちょっと頑張って作らないとなりません。この時期に、始めちゃうっていうのはいいと思いますよ。大型連休前に決断すると、その後も続くと思います。運動不足の解消にもどうぞ。

フラ・レッスン

クムフラ語録

フラ・リトリートで聞いた珠玉の言葉

クムフラKiwalaʻoは、私の憧れ。

あんな風になりたいな、と思う人です。

そのクムフラが言っていたことで、シェアしても支障のなさそうなことを、皆さんにシェアします。

フラは周りを幸せにする

仕事だったり家庭のことだったり、悩みは尽きないものですよね。でも、フラの時間は、それを忘れてフラに没頭できる時間。

そして、様々なイベントに出ることや、そのための準備の時間も、日常のモヤモヤから切り離される時間。

そして、頑張って準備して、やりきった経験とその思い出は、それ自体が宝物となって、嫌なことがあったときにそれにとらわれないで頑張れる原動力になる。

フラで得られた楽しい思い出は、家族を幸せにする。

自分のカラダはメンテナンスすること

フラでは、カラダを酷使するから、レッスンの前後にキチンとストレッチをしたり、体幹筋を鍛えたりして、自分のカラダをメンテナンスすると、長く踊れる。

クムフラのお仲間の多くは、膝や股関節に人工関節が入っていたり、肩を痛めてしまったりと、思うように踊れなくなっているけど、彼らはレッスンの後に、ビールを飲みながらおしゃべりしていた。その前に、クムフラは、ストレッチをしていたそう。

一刻も若いうちから心がけることが大事。

上手な人は姿勢が良い

クムフラは、大人になってからフラに出会ってフラに魅了された方です。

その出会いの話だけで、コラム一つ書けるくらいの方。

だから、レッスンの時に、どうやったら上手になれるか、周りをキョロキョロみていたそうです。

上手いなぁ、と思う人は、例外なく姿勢が良くて、その真似をしてきたそうです。

毎日一つは、新しいことを知る

齢とともに覚えることが大変になってきた、などと言いながら、好奇心旺盛なクムフラは、こんな面白いものがあったよ、と私にメールをくれます。

今回は、ハナバタの話。些細なことなんですけど、面白がってメールをくださるそのチャーミングさにも、憧れます!

毎回、私自身の学びもある、ハワイ島でのレッスン。

行ってわかるのは、あの場所でクムフラに会うから、こんな学びがあるのだということ。あの環境は、残念だけど少なくとも横浜にはないです。自然の音しかない、人工的なものと断絶できる環境。

そんなところで、ドップリとフラに浸る幸せは、何にも代え難いです。

ほんの3日間、でも、大きな大きな3日間です。

今年も、行けると良いですね。

新しい時代に新しい自分と出会おう

間も無く、平成という元号の時代が終わります。平成元年は、私が地元茨城を離れ、東京での新生活をスタートさせた年。あれからもう、30年も経つんだと思うと、感慨深いです。

あの時は、昭和天皇の崩御による改元だったので、お祝いムードなんてなかったけど、今回はちょっと話が違います。

今上天皇がご健在で、その上での譲位なので、なんとなく浮き立つ気持ちになりますね。新しい時代を迎えるにあたって、私たちも気持ち新たに、動く出すのもいいかな、と思います。

何かがきっかけになって、人生が動き出すということはあります。

私は、1999年にフラを習い始めて、今日まで続けてきました。

習い始める時は、3ヶ月続けばいいな、程度にしか思っていなかったのですが、気がついたら20年も経っていました。何気なく始めたフラが、私の人生をドラマチックにしてくれました。楽しいことも辛いこともたくさんあったけど、フラと出会わなければ知らなかった世界も知りました。

まさに今、新しいスタートを切るのにふさわしい時です。

ほんのちょっと、勇気を出して、新しい自分と出会ってみませんか?

運動の経験も年齢も、あんまり関係ないです。
初心者も、ブランクが長い方も、一緒に踊りましょう。

楽しみたい気持ちが何よりのエネルギー。フラを楽しんでくれる人が一人でも二人でも増えたらいいなぁ、と思っています。


マンツーマンのフラレッスンでしたら、お申し込みの時点で、お申し出いただければ、懐メロでのフラもできます。
ハワイアンがわからないから、と尻込みするのでしたら、歌謡曲で踊ってみませんか?

ハレ・オハナの禁止事項

言葉も踊りの一部だから、やっちゃダメということ

人には、想像するという力があります。だから、ちょっと想像してみてほしいのです。

フラは、もともと、自然にあるものでできた楽器に合わせて踊られてきました。

ノーズフルートはありましたけど、基本的にはメロディーがあるわけじゃなく、コブシのような節回しとリズムで踊られていました。

歌詞がとても大事でした。

言葉が表すものを、踊りとして表現するものです。

メロディーがある音楽は、賛美歌が入ってくるまでなかったのです。

ということはいわゆる「ハワイが発見」されてから、西洋の音楽に触れるわけです。だから、メロディーで踊るわけじゃないんですね。

日本人がイメージしているフラは、音楽に合わせているので、メロディーを聞きがち。でも、それだと、振りと言葉が合わなくても気にならないんです。これが、覚えられない原因の一つでもあります。

皆さんは、一気に1曲を習うことはあんまりないかと思います。1レッスンで1バース(1番)ではないかと思います。曲に合わせて、最初から最後まで、1番だけ繰り返したりしていませんか?

それは、ハレ・オハナでは禁止です。

1番は1番の歌詞で踊る。2番は、2番の歌詞で踊る。レッスンでも、頭出ししながら、そのようにレッスンします。それが、覚えるために大事なことでもあります。

もともと、リズムと言葉だけがあったハワイ。その原点に立てば、曲をかけっぱなしで踊るのは違うよ、と教えてくれているように思います。
言葉を丁寧に踊ること。それは、練習の時からです。

2番の歌詞で3番を踊れるのは、変だからね。海のしぶきが〜♬という歌詞のところで、森が育つという踊りは合わないし、表現にもならない。どうしても繰り返しにしたいときは、無理やり歌いながらやります。そうやって、覚えていくと、言葉が助けてくれるんです。テキトーに、メロディーを口ずさんで踊っているうちは、覚えるのが大変だと思いますよ。

本当に上達したいなら、言葉は知るべきです。意識していますか?

クムフラ サミー・ヤング フラ合宿ワークショップのご案内

長らくお待たせしました。

ハワイ島のクムフラ、Sammye Kuʻualoha Young によるフラのワークショップを開催します。今回は、富士山麓にあるホテルのコンベンションルームを使用するということになりましたので、交通の便が良くないので、本当にご近所で車で通える方以外は宿泊することになると思いますが、ホテルしかない静かな環境は、まるでハワイ島にいるように感じますし、お天気次第で見える富士山は、マウナケアを彷彿とさせます。

まるでハワイのような環境で、静かにフラに集中する3日間を過ごしてみませんか?

大まかな内容は決まっているのですが、細かいことは参加される皆さんと話し合いながら決めていきたいという、クムフラのご要望があります。ですので、参加したい方は、早めにエントリーしていただき、私とクムフラの話に参加していただきたいです。通訳をしますので、英語に不安がある方でもご安心ください。

日程 2019年7月13日(土)〜15日(月) ※15日は海の日で、祝日です

大まかなタイムスケジュール

【1日目】 11時〜13時 フラ・カヒコ ビギナー向け

   13時〜14時 昼食

   14時〜16時 フラ・カヒコ 指導者・中上級者向け

   18時〜夕食 クムフラとご歓談ください

【2日目】 9時〜11時 フラ・アウアナ 指導者・中上級者向け

    11時〜13時 昼食・昼休み

    13時〜15時 フラ・アウアナ ビギナー向け

    16時〜18時 ハワイアンカルチャーのレクチャー 

          (内容未定。ご要望に応じます)

     19時〜夕食 クムフラとご歓談ください

【3日目】 9時〜11時 パイ&チャンティングレッスン

    11時〜13時 昼食・昼休み

   13時〜  ミニホーイケ

会場 フジ・プレミアムリゾート

https://fuji-premium-resort.jp/

〒 401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立7139-1

電車バス利用の場合、駅までの送迎バスもございます。

料金 ワークショップ参加費 1クラス10,000円 全て参加の場合、合計で50,000円

宿泊料金 ワークショップ特別価格です。1日目の昼食から3日目の昼食まですべて食事付きで、38,000円(税込)

 4名1室が基本です。4名分のベッドがあります。ツインの2ベッドルームです。室内にはトイレが2箇所、お風呂も2箇所あります。リビングもあるので、コンドミニアムに滞在しているイメージです。1室あたりの人数が減ると、金額も上がります。どうしてもというご希望でない限り、こちらが便利です。部屋割りは、参加内容等を考慮してこちらで決めます。お友達と同室希望の場合は、お申し込みの時にお申し出ください。なお、宿泊しない方や、遅く到着する、早く帰るなどで、食事がいらないという方も、お申し出ください。延泊や前日泊は、恐れ入りますが、ご自身で手配してください。

ミニホーイケ参加費 3,500円

ワークショップオリジナルTシャツ付き

ホーイケの時に着用するお揃いのTシャツが付きます。ホーイケに参加しない方にはありません。ホーイケ時に着用するパウについては、クムフラと相談中です。何かご要望がありましたら、お申し出ください。

最少催行人数 10名

定員 32名(応相談)

お申し込みはこちら↓からどうそ。

クムフラのプロフィールなどは、ただいまリクエストしているところです。大変フットワークの軽いクムフラですので、お気軽にご要望をお聞かせください。

ハワイの文化に詳しい、ハワイアンの血が流れているクムフラです。ハワイの息吹を感じてください。