型から入る

基本をしっかり身につけると言うこと

どんなことであれ、基本が身についていることで、そこから崩すことができるようになります。基本って、すごく大事。なんでもそうです。

ところが、フラに限ると、応用から入ることがほとんどなんですね。

フラの基本はカヒコ。

カヒコでしっかり型を身につけることで、そこから崩すことができるようになるのですが、(大人の場合は行ったり来たりしながらなんですけど)

多くの教室がアウアナという応用のフラから入ります。

そこで、ひらひら、くねくね、ヨタヨタした踊りを身につけちゃって、伸び悩むんですね。

私がそうだったなので、よくわかります。体の基本もできてない、フラの基本もない。

それに気がついて、これはいけない、と修正してきて、ようやく7年ぐらいになります。

そんな回り道しなくていいよ、と思うので、初心者でもカヒコをやっているのですが、そういうクラスはとても人気がない。

ヨタヨタでも、華やかな衣装を着て、腕を伸ばす角度が合っていることを一生懸命やるアウアナの方を選ぶんですよね。ステップができていないことで、苦労することも多いのに。

もともと運動神経も良くて、感も良くて、上手に動ける人なら、なんの問題もないんでしょうけど、運動が苦手で、でもフラは楽しくて、頑張りたいと思っている私のような人にとっては、基本って、何より大事なことだって思うんです。

でも、そこを徹底している先生が少ない気がします。

それは、踊りを見ているとわかる。

とにかく、安定しないから。安定感って、目に見えないので、うまく言葉にならないのですが、無理なく無駄なく動けるんですね。見ていて、安心。

ヒップを大きく振ることをやってきて、ハレ・オハナに移ってきている方々は、最初にその動きを封じ込められます。くねるな、振り回すなって。

その前に、しっかり歩けと。

立つ、歩くは、フラの基本中の基本。それが体でわかるといいな、と思うグッズを作ってもらっています。それでいいのかどうかわからないけど、良さそうなら、皆さんにも使っていただけるように考えます。

あちこち痛いのが、筋肉のうちなら、修正できます。それが進んで、骨が変形しちゃうとアウト。その前に、ご自分の基本を見直して、しっかり踊れるようになってください。しっかり踊れる方が、体への負担が少なくて、長く踊ることにつながりますので。

ベーシックステップの基本はほとんどカホロ

正確にいうとカホロの時の体重のかけ方

ハレ・オハナで教えているフラ・カヒコの中には、経験が浅い人向けの曲ですけどhuʻe(フ・エ)という、変わったステップが含まれています。経験者ならわかると思うのですが、これ、ちょっと間違えると、ちょっとどころか目も当てられないステップになるんです。

発表会の時に、ステージ上で「こりゃダメだ、やり直し」と思って見ていました。もちろん、練習はしてきて、気にはなっていたんですが、どうやって修正したらいいのかよくわからないままでした。ステージ上で反省しても時すでに遅しなんですけど、でも、またこの曲を踊る機会はやってくるわけで、せめてその時までに修正したいと思い直し、改めて分析をしてきました。

そうしたら、やっはりカホロに行き着くんです。カホロの時に、どうやって立っているか。それに尽きるんです。

解説してみると、なるほど、とわかるのですが、じゃ、自分がどうなっているかということは、自覚してもよくからないんです。人って、馴染んでいる動きを感じる力がとっても弱い。

今までと変わると「あれ?違う」ってわかるのですが。そして、「違う=良くない」と判断するとってもお利口さんな脳のおかげで、癖となっている動きが直らないようにできています。

もっと動物的なところで、「違う、でも楽」と思う体の感覚を信じて、そっちに従おうとする人は、割とサッと苦手な動きを克服できたりします。

きっぱり別れているわけじゃないですが、理屈でこねくり回している頭でっかちの人の方が、体の使い方が変わるのは遅いですね。かくいう私がそうなんですけど(笑)

なので、huʻe(フ・エ)を理解するにも時間がかかった。理解してみたら、なんのことはない、カホロでした。ああ、本当におバカさんな私。

やっとやっと、生徒さんの誤解を解くことができるかもです。

ジャンプして横っ飛び、足をガバチョと広げる品のないhuʻe(フ・エ)から、地面を這うように移動するhuʻe(フ・エ)に変わるといいなぁ、と思っています。

フラのレッスンって、振りを覚えるだけの時間じゃないですよね。どうやったらうまくできるのかを学ぶ時間でもあるので、その辺りを惜しみなくお伝えしています。どうして出来ないんだろう?を出来る、出来たに変えるのが、レッスンの時にやることと思っています。形を覚えるのは、一人でも出来る。それがどうにも決まらないというのを、修正するのは、お稽古でやることじゃない?そのための、すっごい基本を、徹底してやるので、今回のhuʻe(フ・エ)のように、ステップ一つに相当時間を割くこともあるんですけど、全ては心のままに踊るために必要なことと思っています。

こんなことを書くと、どうすればいいのか教えてと言われそうなのですが、それは、竹馬に乗れるようになりたいから、文章で教えて、と言われているのと同じことで、書いてもいいですけど、たった一言になります。「一瞬で片足で安定して立つ」これが基本中の基本です。これに尽きる。

フラ・レッスン 新クラス開講のお知らせ

スケジュールとにらめっこしました

フラのレッスンクラスを、新しく開講します。

2019年10月の開講です。

どのクラスに入ったらいいのかというお問い合わせは多いのですが、どこでもいいという方が困るみたいなので、全くの初心者が入れるクラスと、経験者が入るクラスは分けます。上級のクラスはまだ作りません。

今の生徒さんたちの受講態度が、中級者のレベルを超えないためです。ということは、これから始める方の方が、受講態度としてレベルが高い場合もあり得るんですね。

だから、どこでもいいよと言っているのですが、(レッスンの内容自体は実はあんまり変わらないので)それだと不安なのかもしれないので、全くの初心者クラス(ブランクがあっても経験がある人はここには入れません)を作ります。そして、今までなかった、夜のカヒコクラスと、やってみたいだけで開講する小学3年生までのお子さんとおばあちゃんが通うお楽しみフラのクラス、および、横浜だけですが、小学校3年生以上中学3年生までのお子さんを対象としたクラスを作ります。

新クラスの概要は次の通り


初心者クラス

クプクラス 毎週水曜日午前10時〜11時

リコクラス 毎週水曜日午後7時30分〜8時30分

基本的に1年までの在籍です。1年後に移行するクラスを見学などしながら決めてください。ブランクがあっても、経験者がこちらに入ることがは出来ません。フラをやったことがない方のみが対象です。なお、初心者クラスは月2回のクラスを作る予定がないので、月2回がご希望でしたら、既存のクラスにどうそ。

月謝 月4回 6,000円


夜のカヒコクラス

ナナイケクラス 第1・3金曜日午後7時30分〜8時30分

6回短期カヒコクラスとは別です。少し難しいカヒコにも挑戦します。

月謝 月2回 3,000円


ケイキ&グランマ
(小学3年生までのお子さんとおばあちゃんまたはおじいちゃん)

毎週木曜日 午後5時〜5時45分

なるべく両親以外の大人と参加してください。(おじさん、おばさんも可)

月謝 月4回 2名分 9,000円


オピオクラス(小学3年生から中学3年生まで。大人は入れません)

毎週木曜日 午後6時〜7時

高校生以上は大人と同じクラスでレッスン受けてください。

月謝 月4回 4,500円


全ての既存のクラスは、お子様連れで参加していただいて構いません。ただし、同じ部屋にいるだけなので、お子さんの面倒はご自身でみてください。

レッスンを一緒に受ける場合、上記クラス以外は大人と同じレッスン代が発生しますので、ご了承ください。

6回短期レッスンも引き続き行なっていきますので、ご自分のニーズに合わせてクラスをお選びください。

詳細などはお気軽にお問い合わせください。

レッスンクラス閉鎖のお知らせ

いつもハレ・オハナをご利用いただきまして、ありがとうございます。

諸事情により、相模原で水曜日の夜に行ってきたハナリマクラスをクローズすることにいたしました。

土曜日のプルメリアクラスは引き続きレッスンを行っていますので、相模原でのレッスンをご希望の方は、プルメリアクラスをご利用ください。

もちろん、希望の方が集まれば、再び、水曜日にレッスンをすることも可能ですけど、いろいろ考えると、ひとりやふたりではやらないなぁ、と思うので、希望者が3名以上集まったら、ということにしたいと思います。

諸行無常ですね。
というわけで、引き続き他のクラスは、元気いっぱいにレッスンしていきますので、よろしくお願いします!!

ハレ・オハナ フラ・レッスン クラス

6月限定フラレッスン無料体験

ちょうどキリがいいので

2019年6月は、ハレ・オハナのフラレッスン無料体験を実施します。

発表会が終わり、イベントが終わり、ちょうど、すべてのクラスでキリがいいタイミングとなりました。

6月に体験にいらっしゃる方は、通常1,000円の体験レッスン代が無料になります。受講日が6月の場合です。お申し込みじゃないですのでご注意ください。

6回短期レッスンは、見学も体験もできません。

このレッスン自体が、体験のようなものなので。

この機会に、ご利用ください。レッスンクラスは以下のリンクからご確認ください。

フラ・レッスン

また、スケジュールカレンダーもご参照ください

6回で1曲踊れるようになる短期レッスン(フラ・カヒコ)

初めてでも安心の丁寧指導です

フラを始めたいけど、最初からクラスに入るのはちょっと怖い、できるかどうか不安、いう方にオススメのクラスです

長期に習うことをためらっている方、体験で1曲だけ習ってみたい方、ぜひどうぞ。

もちろん、やってみて、楽しかったら、ほかのクラスに入っていただくことも可能ですし、短期レッスンを繰り返して受けていただくことも可能。ただし、1年間で1クールになりますので、2年目からは同じ曲を繰り返して習うことになります。

カヒコ=古代から伝わるフラ。イプヘケというひょうたんでできた楽器のビートに合わせて踊ります。

柔らかさがあんまり必要ない、比較的直線的な動きが多いので、初心者にぴったりです。

日程:

のんびりカヒコ昼の部 7月12日(金) 26日(金) 8月9日(金) 23日(金) 9月13日(金) 27日(金) 第2・4金曜日 午前11時〜12時

のんびりカヒコ夜の部 7月12日(金) 26日(金) 8月9日(金) 23日(金) 9月13日(金) 27日(金) 第2・4金曜日 午後7時30分〜8時30分

料金:12,000円 6回分前払いのみ 分割はできません。払い戻しもいたしません。

対象:カヒコは、カヒコ初心者が対象です。他の教室に所属している方は、先生の許可があれば参加可能です。ベーシックステップは、こちらに合わせていただきます。

特典:6回シリーズからハレ・オハナのレギュラークラスに移行する場合、入会金無料となります。

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

クムフラ サミーのワークショップ 日程や場所の変更があります。

交通の便のいいところで開催します。是非いらしてください!

メリーモナークも終わり、長いゴールデンウィークも終わって、やっと日常に戻ってきた感がありますね。皆さん、お元気ですか?

ハワイ島にあるハーラウ、「Halau Nā Lei Hiwahiwa ʻO Kuʻualoha」のクムフラ、Sammye Ku’ualoha Young のワークショップですが、人数の関係で、合宿ではなく、

通える範囲でのワークショップに変更します。富士山に向かって、フラを踊りたかったですが、それは、ハレ・オハナの旅行にとっておこうと思います。一緒に行きたい方は、ハレ・オハナにご入会くださいね〜(笑)

変更になるのは、場所と日程です。3日間だったのが2日間になります。

止まるということで、ゆとりのある日程にしていましたが、ミニホーイケを行わないことで、ギュッと凝縮して2日間にしました。

ということで、このようになります。ご確認ください。

日程 2019年7月13日(土)〜14日(日)

大まかなタイムスケジュール

【1日目】

会場:横浜市緑区民センター みどりアートパーク リハーサル室
JR横浜線 および 東急田園都市線 長津田駅の目の前

http://midori-artpark.jp/access.php

10時〜12時 フラ・カヒコ ビギナー向け
12時〜14時 昼休み
14時〜16時 フラ・カヒコ 指導者・上級者向け
17時〜19時 パイ&チャンティングレッスン

☆終了後、懇親会を予定します。ご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。

【2日目】

会場:横浜市岩間市民プラザ リハーサル室
相鉄線 天王町駅より徒歩2分です。

http://www.iwamaplaza.jp/access.html

10時〜12時 フラ・アウアナ 指導者・上級者向け
12時〜14時 昼休み
14時〜16時 フラ・アウアナ ビギナー向け
17時〜19時 ハワイアンカルチャーのレクチャー

ハワイのハーラウ事情や日本のダンサーに求めること、クムフラとは?ハウマーナとは何?コクアってどういうこと?などをお話しいただけます。あらかじめ、聞きたいことありましたら、お申し込みの際やその後にでもお気軽にご連絡ください。 

☆終了後、懇親会を予定します。ご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。

料金 ワークショップ参加費 1クラス10,000円 全て参加の場合、合計で50,000円

最少催行人数 10名

締め切り 5月31日

定員 土曜日各クラス30名(残席19名) 日曜日各クラス19名(残席11名)

施設の定員の都合で、これ以上の増員は難しいです。お申し込みをご希望の方は、お早めに。1クラスだけの参加も歓迎します。

曲は決まり次第、改めてお知らせします。カヒコで、イリイリを使う可能性が出てきています。プーニウは使わないことになりました。


ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。日程が変わったとはいえ、3連休であることには間違いがないので、遠方からのご参加の方は、宿泊の手配など、ご自身でお願いします。

お申し込みは以下のフォームからどうぞ。

バーチャルじゃ学べない何か

それを伝えるのも私の仕事

フラをお伝えしていて、嬉しいなぁと思うのが、私がハワイ島で実際に体験したことや、感覚的に感じてきたことを話すと喜んでもらえることです。

昨年、ハワイ島の住宅地に溶岩が吹き出して大騒ぎになっていましたけど、それがどのエリアで起こったことか、どういう風に人々が捉えていたのか、ペレってヒロの人にとってどういう存在なのかなど、実際に行って、感じたことをお話ししているのですが、よく考えるとそれって、情報などからはわからないものなんですよね。

きっと、私の強みはそこ。

実際に行くとか、話を聞くとか、現地のミュージアムで現地の人と一緒に学ぶとか、そうことを臆せずすること。

英語が得意でもないので、話は6割ぐらいしかわからないんだけど、半分以上わかればよし、と思うから、聞きたいことを聞いています。

昨年は、ダウンタウンにあるモクパパパというハワイの成り立ちを学べるミュージアムに、ボルケーノセンターの出張所ができていて、その看板を見て立ち寄ったら、ちょうど良い時間にボルケーノレンジャーの話があるっていうので、聞きに行き、興味深い話を聞いてきました。

もちろん、話が半分もわからないけど、無料だっていうし、チャンスだよね、と思ったら、とにかく行ってみるんです。それで、わからないこともたくさんあるけど、わかったことも多くて、ホクホクして帰ってくる。その話をみなさんにお伝えしているんです。ツナミミュージアムにも初めて行って、これから映画があるよ、と言われたのでそれもみて、戦前のヒロの町の様子などを知って面白かったんです。

ハワイで最初の鉄道は、ハワイ島に引かれたなんて、知らなかった。

歴史のことも、宇宙のことも、いろんなことが面白くて、そういうことを学べる場所があるってすごいなぁと思いながら、ミュージアム巡りをしていました。

今年はどこに行こうかな〜

昨年はサウスポイントの方面に行けなかったから、そこにしようかな。国立公園のパスを買ったほうが安いかもしれないから調べてみよう、なんて考えるんです。

そういう相談を地元の方にすると、あそこがいいよここがいいよと、とても親切に教えてくれて、そのついでにいろんな話になるんです。

半分ぐらいしかわからないけど、それでも面白い。その時に感じているいろいろを、フラに反映しようとしています。

行けないなら、せめてきてくれる人から感じて欲しいですね。クムフラから学ぶのは、そういう意味もあるって思います。

何よりも空気感が違うから。日本人でも理解できる忠実さと、大らかさが共存しているあの感性は、本当に温かいです。そこを目指して、私も頑張りたい。

クムフラになりたいわけじゃないです。クムフラにはなれないと思っているので、一指導者でいい。でも、生徒さんには、ハワイの雰囲気をちゃんと伝えたい。

ハワイに勉強に行っている先生方も多いので、そういうものは感じることができると思います。日本で学ぶだけじゃない何かを、伝えられたらいいなぁって思います。

少し前までは、自分がそこに行くことが大事だったけど、今はそれだけじゃなくなった。自分ばっかりがいい思いしても、それを伝えられなければ意味がないなぁって思って、なんとかしたいと頑張っています。

ちょっとはなんとかなっているかな?

クムフラ サミーヤングの富士山合宿ワークに来てね

年齢が気になりますか?

時々ある質問より

フラレッスンで、時々あるお問い合わせが、「○歳で、フラが初めてなのですけど大丈夫でしょうか?」というもの。本格的なカヒコはやりたいけど、他の教室だと年齢に制限があったり、経験年数でできなかったりするみたいですね。

確かに、全くの初心者にゼロからカヒコを教えるのはすごく大変です。やってきたからわかる。でも、私はそれをやってきました。フラは経験があるけど、カヒコは初めて。しかも全員がその曲を知らない。それでも、踊れるようにレッスンしてきました。

最初の何回かは、イプヘケを叩くことが出来ません。私がいなくなると踊れなくなるから。踊れるようになって初めて、イプヘケを叩いて踊るのですが、今まで言っていた口三味線がなくなると、これはこれでリズムが取れない。それでも、根気よく、ちょっとずつ練習してきたので、今ではすっかりカヒコのエキスパートになっている人もいます。

だから、初心者の方は心配しないで。最初の苦労は、まだ皆さん覚えているから、出来ないからどうのこうのいう人はいません。そんなこと言っていたら、私の雷が落ちるしね。

年齢もご心配なく。

膝を深く曲げることは求めていません。出来るならそうしたらいいけど、出来ないことを頑張れとは言わないです。それに、何歳でも踊りたいですよね。踊りたい気持ちがあれば、十分です。

クラスのみんなの足を引っ張るのではないかっていう心配も、ご無用です。

上記の通り、お手本がいないとカヒコって最初は難しいんですね。先輩たちが、自ずとお手本になるんです。お手本で踊るって、結構なプレッシャーですよ。私に注意されるってことは、後から入ってきた皆さんにご迷惑をかけることになるから、しっかり踊らねばなりません。これって、いい刺激なんです。だから、初心者さんほどウェルカムなんです。

ご心配なことがあるようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

見学は随時受け付けています。体験は有料ですが、こちらも随時受けつけていますので。

勧誘は一切なく、もっと勧誘してよ、と思うぐらいかもです。

教室をいくつか見学している方もいらっしゃいますよ。よくある「うちに見学・体験に来たらキープしたまま他に行かないこと」なんていう縛りもないです。いっぱい見て、いっぱい比べたらいいです。古代ハワイとは違うんです。間も無く新しい時代になるになる日本なんです。ここもいいかもしれないけど、他も見てみたいって、普通の気持ちじゃないかなって思います。入ってから、やっぱり他に行きますっていう人もいますよ。前に習っていた先生が独立したから、やっぱりそこに行きますとか。それもありかなって思うし、他で習っていたものを全部捨てなさいとも言わないし。(捨てたくなったら捨てればいいし)

ごく普通に考えて、それが合理的だと思うことは、合理的な方を選びます。お金をかけるばかりじゃなく、皆さんが気持ちよく学べることが最優先だと思っているので、いろんな意味で無理をしない教室だと思います。

他から移ってきた方からは、珍しいと言われる判断をするみたいです。例えば、内輪のパーティーでは、以前の教室で習ったフラを披露してもいいよとか。衣装を着てもいいよとか。振りを盗もうなんて思わないですよ。1回みただけで覚えられるほど記憶力よくないし、DVDを見直すほど暇じゃない。生徒さんが気持ちよく踊れることの方が大事でしょう?楽しむことができれば、それがいい思い出になる。いい思い出を増やすことが、これからの生き方だって思うから。

遠慮なくおいでくださいね。

新年度になって、間も無く半月。そろそろ、周辺も落ちついてきているかと思います。新しい習慣は、ちょっと頑張って作らないとなりません。この時期に、始めちゃうっていうのはいいと思いますよ。大型連休前に決断すると、その後も続くと思います。運動不足の解消にもどうぞ。

フラ・レッスン