動く方向のミス(1) 股関節の使い方

フラダンサーだから起こることではありませんが、

フラという運動の特性から、よく見られる誤った動き方です。

基本的に膝を曲げているフラは、股関節・膝関節共に屈曲位となります。

横移動が多いのですが、この時「両膝はあまり離さない」というコマンドが与えられることがよくあります。

そのため、股関節の外転運動ではなく、内旋運動で足部を側方に移動させ、

足底(正確に言うと母指球か?)が接地したところで、一気に体重移動します。

更に「腰(ヒップ)は後からついてくる」というコマンドも与えられます。

それを実現する為に、体幹を移動する方向に側屈しようとします。

しかし、フラの場合、上半身は地面に対して真っ直ぐ立っていますので、

その動きをさせるために、股関節は内旋位で支持する事になります。

また、移動する側と反対側の骨盤の過剰な挙上、または前傾が起こります。

股関節周囲の筋力が弱いと、股関節内転位になり、

恥骨で支える感じの、ある意味、骨支持のような状態となります。

そうなると、股関節を求心位に保つ筋群は、働きづらくなります。

これが、最もよく見られる、誤った動きです。

横移動の際、股関節が屈曲・外転方向に動くのが普通です。

両膝が離れないとは、くっついているということではなく、膝が外側を向かないと言うことです。

きちんとヒップモーションが出来ていれば、足を出している時の支持脚(反対の足)で、股関節の内転が起こっています。

だから、両足が離れないように見えているのです。

大腿筋膜張筋の過剰な発達、大腿直筋の短縮などは、これらが原因です。

時には、縫工筋も過剰に使われていて、支持側の骨盤が前方回旋してしまっているかも。

股関節のスムーズな運動が起こりづらくなっているので、

「腰の動きに左右差がある」「腰の動きがかたい」「腰の動きが速い」などと訴える方が多いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください