フラの為に大事なこと

フラの為のカラダ作りは、気持ちよくフラを踊る為のカラダを作る方法です。

たった一つのことがしっかり出来れば、他のものは段々と出来るようになる…かも知れません。

たった一つのこと、それは、腹腔と呼ばれる空間をその形を保つことです。

楕円だとしたら、楕円のまま。

四角だとしたら、四角のまま。

ねじれもなければ、伸びたり縮んだりもしないで、踊ることです。

そして、これこそが「軸」の正体。

「軸」は線でも点でもなく、空間です。

フラでは、腰を上げる(骨盤の挙上)という動きがつきものですが、この時も、軸を保って動くのがポイントです。

指標になるのが、骨盤と肋骨の距離です。

絵で示してみます。

絵なので、実際よりは大げさに書きましたので、ご了承下さい。


このように、骨盤と肋骨が左右で同じ距離なのが、普通に立っている状態です。


この距離を変えないように動かしますので、肋骨のところが上下に伸びたり縮んだりする柔軟性があると良いですね。


腹腔を保つ力が無い状態で骨盤だけをあげると、肋骨と近くなってしまいます。

これでは、腰椎に負担がかかります。


腹腔を保つ力があっても、肋骨が硬いと、肩が水平に保てません。


腹腔を保つ力がなく、肋骨が硬い状態で、肩を水平に保とうとすると、腰にすごく負担がかかります。

更には、首も大変な事になります。

軸を保つが、少しお分かりになりましたか?

気持ちよく踊るために、欠かせないことでもありますし、カラダに負担をかけないためにも大切です。

同時に、肋骨(胸郭)を柔軟にしておくことも、フラを助けてくれます。

軸を保つことができたら、次は柔軟性を確保していって下さい。

参考になれば、幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください