下腿義足でもフラが踊れる!

http://www.nhk.or.jp/shutoken/hirumae/athot/2016-06/0609.html
先ほど、義足で歌舞伎を演じる役者さんのことを、NHKで紹介していました。

これを観ていて、下腿義足(膝下の切断の方が使う義足)なら、フラは踊れる!と確信しました。
歌舞伎の動きでも安定しているので、フラも大丈夫です。

ちょっとだけ、特殊な義足を使いますが(膝を曲げる必要があるため)、これなら陸上選手が使うようなものと違ってそんなに高価じゃないだろうと思います。
日常使いの義足としても申請できそうな感じのものなので、手帳の範囲になると思います。(アスリートの義足は、おそらく自費です。そこまで特殊じゃない)

もし、膝から下の切断の方でフラを踊りたい、という御希望がある方がいらしたら、どうぞお気軽にご相談ください。
これは、他の教室の先生では出来ないと思います。
カヒコも踊れます。きっと大丈夫。但し、普通の義足では難しいので、工夫が必要です。そのアドバイスも出来ますし、義足の工夫が出来るまで、今のもので踊れるようにご指導いたします。いずれ作り直し、と言うときに、フラが踊れるように工夫すれば、正座も出来るし、自転車にも乗れます。

義足の進歩というか、工夫って、すごいですね。
もっとも、私が今、臨床現場にいないので、今のトレンドはこっちなのかもしれませんが、これなら、フラが踊れる!と嬉しくなりました。

義肢装具学会員の夫も、この義足のことは知らなかったようで、興味深そうに観ていたので、新しい工夫かもしれませんが、この義足の懸垂方法は、糖尿病患者さんや高齢で力がない人にとってはいいなぁと思いました。

足を失っても、人生をあきらめて欲しくない。
大きな喪失であるとは思いますが、命を守るために失ったのですから、守った命を存分に輝かせて欲しいのです。
そのお手伝いをフラでさせて頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください