横から見た真っ直ぐ

カラダを真っ直ぐに保つとき、最も大切なのは骨盤の角度です。

骨盤は、上前腸骨棘と恥骨結合を垂直に保ちます。


できれば、肋骨の下の部分も、骨盤と同じように保てるといいです。


実際には、フラの動きでは恥骨結合の方が若干後ろになります。

しかし、敢えて下げてしまうと、骨盤が前に傾きすぎてしまいますので、

自分の感覚としては「真っ直ぐに保つ」として下さい。

腹部を支える筋肉が弱いときは、骨盤が安定しません。

腹直筋が強すぎたり、お尻の筋肉も十分にないときは、骨盤が後ろに傾きます。


太ももの筋肉が強すぎる場合は、骨盤が前に傾きます。


腹部を支える筋肉が弱いと、猫背になります。その状態で無理に胸を張ろうとすると、腰椎が大きく前に反ります。


これら全て、腰椎に負担をかけてしまいます。

横から見た姿勢は、自分で分からないことが多いです。

ぜひ、専門的な知識がある方にチェックしてもらって、自分のカラダのクセを知る事をオススメします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください