猫背の人は注意

猫背だという自覚のある方が結構多いですね。

胸椎という部分が後弯(後ろに丸くなる)しているために、バランスをとろうと頭が前に出ていて、体幹の前面がつぶれているように見えるのが特徴です。


フラを習っていると、姿勢を良くして胸を張って、と言われることが多いと思いますが、猫背の方にとって胸を張ることはそのまま胸を持ち上げるになり、胸椎の後弯をそのままでバストを上に向けるような姿勢を取りがちです。


そうすると、結果的に腰椎の前弯を強めてしまいます。頭が前に出ているのは、もっと強くなって、首が埋まるような感じになり、力が入っているように見えてしまいます。

実際、良い姿勢を保つために、すごく力を使っている感じがして、特に腰が痛いなぁと感じるのではないでしょうか?

本来は、胸椎部分を伸ばしたいので、おへそと鎖骨が遠ざかるような感じで姿勢を正すことが大事です。


そのために、大事な筋肉が、腹横筋という筋肉。

これをしっかり鍛えることで、つぶれてしまうお腹を、筋肉が支えてくれますから、背中も伸ばしやすくなります。同時に、胸の前後を広げるような深呼吸をすることで、胸椎の動きも出やすくなります。

良い姿勢のために力を使ってしまうと、踊りに力を発揮できないので、姿勢を保つ筋肉を鍛えて、自然に良い姿勢になるようにしていきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください