振りを覚えられないと言うあなたに、私の秘密を教えしましょう


フラを教えていてよく聞く言葉が「忘れちゃった」「覚えられない」という言葉。
皆さん、言ったことがありますか?
私も、万能じゃないので、忘れちゃうことや覚えられないことはあるのですが、どうやら、覚えるのは早いようです。

記憶力が良いと言う部分はあると思うのですが、(でも、人の顔と名前を覚えるのが苦手…)それだけでは出来ないと思います。

新曲を習う時にまずやることが、歌詞を見ること。
どんな事を言っているのか、どんな内容なのかを頭に入れます。
次に、曲を聴きます。
何という言葉が聞こえるか、しっかり聞きます。
そして、振りを習う時に自分に見える心象風景と身体の動きをつなげます。
雨の振り付けだと、どんな風に降る雨か、自分はその雨の中にいて濡れているのか、それともどこかから見ているのか、など、心の中に物語が見えるので、それと振り付けを重ねて覚えます。

習っている時には、もう既に物語が見えています。
それが分かるぐらいのハワイ語は、単語レベルですが身につけています。
長く踊ってきて、ただ振り付けを覚えても覚えるのが大変だし、次々に忘れてしまうことも課題でした。
紙に書いて記録しても、それを持って踊るわけにはいかないので、どうやってカラダに覚えさせるか、を考えて、こういう風にするようにしました。
イメージで覚える方が記憶に残りやすい。そして、歌詞とリンクすると、ど忘れしても、あ、雨って言っている、こんな物語だったなぁ、と思い出すきっかけになります。

誰も、覚え方なんて教えてくれませんから、自分でいろいろ工夫しました。
ハワイ語が分からないと苦しいと言うことも、やりながら学んだことです。
フラに必要なのは、ハワイ語の文法ではなく、単語だと言うことも学びました。
振り付けになる単語は、案外決まっているのです。これも、やりながら気がついたことです。
全部を覚える必要はなく、ポイントポイントで覚えていけばいい。

後は、得意の想像力を羽ばたかせると言うことを組み合わせたら、記憶しようと思わなくても覚えられるようになりました。
内容がシンプルな曲なら、1時間程度で1曲覚えられます。
少し難しいと、2時間必要ですけど、大体、クムフラのワークショップって2時間ぐらいですよね。
なので、大体、踊れるようになります。
今は、更にハワイ語や、ハワイの文化的な背景、歴史なども学んでいるので、もっと理解しやすくなっています。
英語も、通訳を介さずに理解できるようになったので、クムフラの言葉やニュアンスまでも掴めるようになって、本当に習うのが楽になりました。

年齢と共に記憶力が落ちているのは、私も同じ。長いこと覚え続けている力は、正直に言うと落ちていますので、復習はその日のうちに。なるべく早い時間に。
そうやって記憶を強化すると、忘れづらくなります。

私の学びは、全てフラの為。英語もハワイ語も、カラダ作りも、Webの勉強も全てがフラの為。
すごいですね、と言われますが、そのぐらいフラが好きなんです。
皆さんはいかがですか?
大好きなフラの為に、学んでいますか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください