限界を感じた時に

今が限界だと感じているフラダンサーの皆さんへ


ハレ・オハナで踊っているカヒコは、アイハアという腰を落として重心を低くして踊るスタイルです。ステップも、ウエヘやアミが中心となり、結構キツメのフラです。
生徒さんと話をしていて、レッスンが終わるとひどい筋肉痛で、限界を感じる、と言うことでした。
実は、私も、そうでした。
これ以上頑張れない、ここが自分の限界かと、情けない気持ちになったことを思い出しました。
どんなに頑張っても、センパイ達のようには踊れない。
頑張れば頑張るほど、身体の痛みがひどくなる。痛いところも増えて、膝、腰、背中、加えて筋肉痛。
もう無理なのかも。
そう思っていた時に、腰椎ヘルニアが発症しました。その頃は、自分のカラダに対しての不安しかなくて、踊るのが恐いのに、レッスンにはでなければならず、辛い日々でした。
この際、しっかりとカラダを作り直そう、筋力のバランスがおかしいことには気づいていました。それを修正する事ぐらいしか思いつかず、必至でカラダを整えました。
後日談は、本当にビックリ。
あんなにキツくて、筋肉痛に悩まされたレッスンが、全くキツくなくなり、それどころか手放せなかった膝のサポーターも不要になりました。
今は、立って踊るフラで筋肉痛になることはないです。
ノホフラは、練習不足なので、筋肉痛になるのですが、それも繰り返して行けば大丈夫だと自信が持てます。

数年前、自分は限界だって思っていたけど、今は、そんなことはないなぁ、と思うのです。
すごく辛かったことがウソみたい。
レッスンがキツいという生徒さんの気持ちも分かるんです。だけど、それは、フラだけをやっていても解決しなかった。解決する人もいるかもしれませんが、少なくとも私はダメでした。
子供の頃から運動神経がよくて、体育大好き!という人ならば、フラだけでいろんな事が解決するのかもしれませんが、私は、自分のカラダの使い方自体にクセがあったので、それを修正したことで、踊りやすいカラダになりました。

今の自分で限界だと思っているならば、ちょっと気にして、カラダの使い方を変えてみませんか?
クセが修正されただけで、すごく楽に踊れるようになるかもしれないです。

そんな皆さんのために、フラの為のカラダ作りを行っています。
https://haleohana.biz



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください