靴は大事!

自分の靴を見てますか?


外反母趾や扁平足という方には、是非、ご自分の靴を見て欲しいです。
靴底が減っていなくても、後ろから見て踵が内側に倒れていたら、その靴はもう履かない方がいいです。

フラを踊っていると、裸足だからあまり気づかないかもしれませんが、扁平足は膝に良くないです。
また、膝が内側に入るいわゆるX脚になると、扁平足や外反母趾が悪化します。
ほとんどの場合、扁平足のフラダンサーは腿の外側に筋肉がついて、前から見た時のシルエットがヒップより太ももの方が太くなっていたりします。なのに、お尻は平ら。

これを改善しようと思ったら、やはり、靴はおろそかに出来ないです。
中敷きを入れても、靴自体がやわらかいものだと意味がないし、スニーカーの場合、面倒でも毎回ヒモを締めることが大事なのですが、それをしていない人も多いですよね。

私も、不精者なので、スニーカーのヒモは締めるのが面倒なので、今はシリコンベルトを使っています。ただ、細かい調整が出来ないので、他のものに変えようと思っています。
例えスニーカーでも、足に合うのかどうかとか、月形芯がしっかりしているかとか、チェックして買います。
やわらかい靴ではなく、しっかりフィットする靴、という風に選びます。
靴の中で足が動くものは、足の変形にもつながるし、靴擦れの原因にもなります。

実は、ほとんど同じ理由で、サンダルを履きません。
私の足にフィットするサンダルがないので、どんなにデザインが素敵でも、足にフィットしないものは履かないようにしています。
足に合えば、お値段も関係ないのですが、なかなか足に合うものがないですね。

以前、おそろいで買ったよ、と言うサンダルをいただいたことがあるのですが、履いてみただけで痛くて、結局履けなかったことがあります。
なので、靴だけは、通販じゃなく、試着して買うことをオススメします。
幅が広いと思っても、それが開張足の場合、幅広の靴では良くないことがあります。

シューフィッターさんのいるお店で選ぶと、相談に乗ってくれますよ。
でも、一番自分のことを分かっているのは自分なので、例え相手が専門家でも、合わないと思ったら毅然と断って下さいね。
たまに、売ること目的でアドバイスする方がいるので。
そういう方は、痛いと言っているのに聞いちゃくれません。
中敷きを入れればいいとか、これで痛くないはず、と決めつけてきます。
そんなのに負けずに、自分の足が快適と感じているかどうかをしっかり感じとって下さい。
また、誰かに合うものは自分に合うとは限らないことも覚えておいて下さい。
だから、やっぱり自分でちゃんと選べるように、自分を信じて下さい。

お店に行って、フィッティングしても、合わなかったら買わなくていいんですよ。
遠慮しないで、今度は私に合う靴を入れておいてね、と言うぐらいの気持ちで靴屋さんに行って下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください