重い荷物にもご注意

カラダが固まる原因にも

私は荷物が多い方です。


カヒコのレッスンがあると、イプヘケを持ちますので、荷物を背負うこともできず、大きめのトートバッグを持つことが多いです。

あまりの重さに、肩に内出血が出来るくらい。

皆さんにお渡しする紙類が多いのも、重くなる要因の一つです。

あまりにも重い時は、キャスターバッグを使いますが、そこまででもないな、と思う時は、いつも左肩にトートバッグをかけています。

最近は、発表会の準備で持ち歩く書類も増えました。そのせいで、背中が固いな、と思うことが増えました。

固いな、と気がついた時は、大抵手遅れで、実際固まっています。それで踊ると、腰の張りが出てきます。

女性は、荷物が多いだけでなく、重くなる傾向がありますね。

お化粧品を持ち歩くことも多いし、鏡って案外重いですよね。最近だと、除菌用グッズを持っていたりして、それが重かったり。

フラのレッスンだと、パウを持ち歩くので、それも重いですね。

いつも同じ側で持っているから、左右差が出る、とよく言いますけど、ある程度の重さになると、慣れてない側で持つ方が難しくなりますね。

なので、重い荷物を持った日は、メンテナンスが必要だと思います。

私は、そういう日ほど、背骨を動かすことを意識しています。

左右差があるはずなので、道具を使ったりして、自分のカラダを感じながらじっくり動かします。

スッキリしてから寝ると、よく眠れるし、疲れも取れやすくなるように思います。

疲れている時は、思考もネガティブになりやすく、愚痴も出やすくなります。

せめて、カラダはスッキリしたいですよね。

一日のリセットにも、フラの為のカラダ作りはオススメです。

自分で自分のメンテナンスが出来るように少しずつエクササイズをお伝えしています。カラダには、心も反映されますから。カラダがスッキリは、心がスッキリにも通じます。

フラを踊ってスッキリするのも、カラダが動いてスッキリするから、という面もあります。それがもっと効果的になったら良いな、と思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください