フラの為のカラダ作りは、感動を共感したいから始めた

一人で楽しむのもいいけどね


フラの為のカラダ作りは、フラダンサーさんのために考えた、フラを踊りやすくするためのプログラムです。
でも、私自身は、フラを踊りやすくするということでエクササイズをしてこなかったなぁと思います。結果的に踊りやすくなったけど、もっと根本的な「壊れにくいカラダ」が欲しくて始めました。
毎日のメンテナンスが大事なのは、専門家ですから承知しているのですが、そのメンテナンスをしても、痛みが取れなかったり、上手く動けなかったりして、歯がゆい思いをしました。やっていたんです。今より熱心に、ストレッチしたり筋トレしたり。
でも、大元がダメだった。
それは、仕事をしながら、先輩理学療法士に指摘されていたところでもありました。
「中殿筋の筋力、普通以下だよ」
「下部背筋弱いね」
「軸が取れてないから、患者さんに上手く動いてもらえないの。自分も軸を保って」
そんなことを言われていたので、気にしていましたが、どうしても上手く動かないし、筋力はつかないし、フィットネスクラブのトレーナーさんに見てもらっても、目的の筋が使えている感じがしない。
そこで、探して探して見つけたコアコンディショニングをやってみることにしたのです。
たまたま、勉強熱心で見る目のあるトレーナーさんに出会えたので、運動の分析はお任せして、エクササイズを行ってきて、今に至ります。
最初にコアコンディショニングを始めた頃から考えると、カラダを真っ直ぐに保つのが楽になったし、弱かった筋力も人並み程度になったし、何より固くて動かなかった上半身が動くようになった。
そのおかげで、フラがすごく楽に踊れるようになったのです。

これは、感動ものでした。
それまで、レッスンは楽しいけど、筋肉痛がつきものだったのに、筋肉痛は起こらないし、今まで上手く出来なかった右足に乗ってカラダを伸ばす、という動きがスーッと出来た。生徒さんに手本を見せなければならないのに上手く出来なくて、困っていたところが、スーッと出来るようになった。
ヒップモーションが止まっていたステップも、ちゃんと動くようになったし、何よりも、踊っていてカラダに自信が持てるのです。
これは、すごく気持ちのよいことで、嬉しくて、感動しました。
出来ないことが出来るようになるって嬉しいです。
他の皆さんは当たり前にやっているのに、自分が上手く行かないことってありませんか?
それが、出来るようになるのです。
元々出来ている人には、絶対に分からない感動があります。

運動音痴で動くことが下手くそだったから、動けるようになった感動が分かります。
その感動を共有したくて、フラの為のカラダ作りを行っています。
なので、運動音痴の人大歓迎です。
1つの動きを習得するのに時間がかかることは承知しています。
運動音痴は、自分のカラダがどう動いているかを感じるのが苦手で、変な力が入るから動きが変になるので。
しっかりと感じて、動くことで、思ったように動けるようになるのです。

この気持ちよさ、皆さんに知って欲しいです。
今まで出来なかったことが出来るようになるって、本当に楽しい。
この、楽しさや感動を、皆さんと分かち合いたいです。
https://coubic.com/haleohana/144896



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください