経験から学んだこと

特に、経営者として


フラを習う方は、フラをビジネスだと言うと何故か拒否的な反応をします。

それは、ビジネス=金儲け=腹黒い と思うからではないでしょうか?

ビジネスに、そんな側面があることは否定しませんが、腹黒いからお金が儲かるわけではなく、お金儲けをしたいからビジネス思考を学ぶ訳ではありません。

英語でのビジネスには、商売以外の意味がたくさんあります。

やるべきことなども、その中に含まれます。

フラの教室は、開くのはめちゃくちゃ簡単です。続けていくことが、とても大変です。いかにして続けていくか、その時に、ビジネス的な思考が無いと、冷静な判断が出来ず、結局生徒さんに嫌な思いをさせて終わる、ということになってしまいます。

私自身は、ビジネス的な思考を学ぶ前に、見切り発車をしています。

なので、今まで続いてきたことは奇跡だと思います。そして、今、自分の教室をどうやって継続して行くかを真剣に考えています。

その時に、すごく参考にしているのが今までに学んだビジネス思考です。

もちろん、フラ教室の運営を教わったわけではないですし、他の方のやり方を知っているわけでもないですが、見直す方法は知っています。どんなことをしていこうかということは、いくつかのアイディアがあって、それを実現するにはどうするか、考えています。

生徒さんを本当に大事に思うなら、経営者としての考え方は必須です。

文化の継承だから、ビジネス思考はあってはならない、なんてナンセンスです。自分のフラのスキルが上がれば生徒は集まるなんていうのも、違います。

これからフラ教室をやりたい、という方には、フラのスキルアップとともに、ビジネスについても学んでいただきたいと思います。ライバルは少ない方がいいけど、フラ教室を開いたり潰したりということが繰り返されれば、フラへの信頼も落ちると思うので、やる以上は続いて欲しいです。

ボランティアでいい、という方でも、ビジネスのやり方を知らないと長続きしないから、本当に学んで欲しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください