バレエとフラ

2012年1月11日に書いた記事を修正しました

私はフラとタヒチアンダンスしか踊れませんが、
とても素敵なバレエを踊る友人がいます。
彼女の教えている生徒さん達は、みんなキュートですが、基本がしっかりしているので、安心して「かわいい!!」と見とれることが出来ます。

くるみ割り人形は、かつて友人がバレエ教室の発表会で選んでいる演目でもあり、馴染みがあります。
私は、金平糖の踊りが好き。音楽もですが、踊りも好き。
https://youtu.be/6ouHOigs8Zwバレエもストーリーを踊るので、そういう意味ではフラと似ている、と勝手に思っています。

バレエは、狭い支持基底面(地面と接して支えている部分)の真ん中に、自分の軸をスッと乗せることが出来ると、本当に美しく見えます。
そこに躊躇はありません。
この点は、フラと同じだと思っています。

フラは、重心を下げ、足を着いてしっかり支えるので、安定感はあります。
でも、カラダの中心に当たる腰が動くので、軸がズレやすい。
それでも踊れると言えば踊れるのですが、上手な人は、左右に動いているのを感じさせないぐらい、なめらかに軸を動かします

踊りのタイプは違いますが、重要な部分は共通しています。
細かい筋肉の使い方が違うので、真似しろとは言いませんが、上手く踊れないなぁ、という方は、バレエダンサーのカラダの軸がどこにあるか、その時、頭が、カラダがどうなっているか、観察してみると、面白いと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください