体重移動がキーポイント

フラに大事なこと


たまには、過去記事じゃない、真面目なフラのことを書きましょうか。
ハレ・オハナで、基本のステップ&ハンドモーションのクラスをやることにしたのですが、おそらく、ステップの練習になるまでにしばらく時間がかかると思うし、レベル別でのレッスンになると思います。
何故ならば、出来ていないけど一足飛びにやってしまうと、結果的に後々大変な事になるし、基礎作りというか、基礎固めは、何より大事なことなので、容赦ないと思います。
基本ステップというと、最初に習うと思うでしょうけど、確かに最初にお伝えしますが、それが身につくまで次に進まない、と言うのはつまらないものです。だから、振り付けを習う(つまり、踊りを習う)ことから入っていただいて、本当に必要だと気がついてから、基本をじっくり練習する、という方がモチベーションが出来やすいと思っています。

基本が出来れば、今までのフラも出来るようになるし、ちょっと難しいと思うステップも、簡単になるのです。

そんな準備をしながらでも、基本ステップをちょっとずつやっています。もちろん、通常のクラスでも、必要であればやります。時間は大して裂きませんが。
その中で、やっぱり大事だなぁと思うのが、体重移動。
体重が十分に乗らないうちにこねくり回す癖がついていると、軸がブレます。
ところが、これって気がつかないことが多い。
だから、変にくねくねする。それはダメ!と言っても、体重を乗せる、と言うことが感覚で分からないと、直すことも難しいのです。
基本ステップのレッスンでは、そういうことも徹底してやっていきます。

もちろん、多くのフラダンサーが、重心の移動がポイント、ということは知っていると思いますが、では実際に重心を移動すると言うことはどういうことかを、カラダで分かるか?と言うと、実はよく分かってないかもしれません。
きちんと体重が移動できれば、ちゃんと身体は応えてくれて、ちゃんと素敵なヒップモーションが出来るようになります。
そうなるように、頑張って行きましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください