フラにもある、運動のクセ

全ての競技に言えること


フラでカラダを整えられますか?という質問を、時々頂きます。

ご期待に添えず、申し訳ありませんが、私はNOと答えます。

全ての競技に、競技の特性というものがあって、その競技をしやすいように、カラダが変化します。

このようなことをお話するときに、例として出すのが、陸上の障害(ハードル)の選手。

ハードルを越えるときに、振り上げる脚と踏み切る脚が決まっています。そうなるように、一方向にカラダを捻るチカラをつけて行きます。つまり、わざわざ、左右差をつけます。

極端な例ですが、フラにも、同じように、フラならではの特性があります。

軽く膝を曲げているので、太ももは太くなりますし、その上で上半身を起こしているので、骨盤が前傾し、背骨は、伸展します。誤解のないように、あえて専門用語で言いますね。

骨盤が前傾しすぎないように、股関節の伸展・外転筋が発達しますので、お尻は大きくなります。

なので、カラダが整うとは言えないなぁ、と思います。
悪くしないように、使い方が変な時は止める、位しか、フラでは対応出来てません。

正しい動きを伝えても、その場ですぐに修正できるようなものではないし、そんな注意はその瞬間だけで続かないし、踊りの中でも再現する、というのは非常に高度なことで、変な悩みになるだけなので、あまり言えないなぁ、というのが、現実です。

もともと、ものすごく姿勢が悪く、運動習慣もない人ならば、それよりはマシになるとは思いますが、フラを踊れば綺麗な姿勢になります、とは私は言えない。

専門家だからこそ言えません。

リップサービスだとしても、嘘はつけないから。

本来の良い姿勢とは異なる姿勢をとらなければならないので、何度考えても、フラで姿勢が整うとは言えないです。でも、本来の良い姿勢を知れば、自分がそこから大きく逸脱しているかどうかは、自分で分かります。このことは、とても大切なことで、フラを踊っても、頑張って練習しても、ちゃんとメンテナンスが出来るようになり、カラダをリセット出来るからです。フラを踊るときにも役にたちますが、毎日の過ごし方にも役立ちます。地球上にいる以上、きちんと立てることが基本中の基本なので。

せっかくフラで元気になろうとしているのに、フラの姿勢で無理矢理カラダを使って、結果的に怪我をして、日常生活が不自由になるというのはどうかな?と思うのです。でも、そこに満足するかも。かつての私は、頑張ってフラを踊った自分に酔っていたので。踊れば踊るほど膝や腰が痛くて、朝起き上がるのも大変なこともあったけど、昨日フラを頑張ったから、こんなものだと思っていたし。

それでも頑張る自分が大好きでしたから。

ああ、今思うと痛々しい。

だから、そうやって調子を崩しても、メンテナンスではなくて強化にばかり目が行き、ガツガツ鍛えては筋肉の柔軟性を無くしていって、最後は関節が耐えきれず、転んで捻挫したりしてたので(フラで転ぶなんて、どれだけ無理をしてたのだろうと、冷静に考えると不思議です)そんな馬鹿げたことは、私一人で充分だ、と、心の底から思ってます。

なので、ハレ・オハナのフラは、無理はしません。

出来ないところに積み重ねても、出来ないから。出来るところで踊るしかないから、フラで整えるなんてことは考えられません。

カラダを整えるのは、フラとは切り離して、それに集中しないと無理だ、ということを、自分のカラダや今までのレッスンで学んだので、別々に行ってます。

ハレ・オハナのやり方なので、違う考えがあると思いますし、指導者の能力はそれぞれなので、ご質問くださった方が、ご自分の在り方に合ったフラに出会えることを祈ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください