覚えない理由

振り返らないから


振りを覚えられないから、先生や他の人の動画を撮っていいか?と聞かれたので、NO!と答えました。キツい先生だと思ったことでしょう。どう思われても構いません。だって、全然本人の為にならないことだから。

本当の理由は、これ。私の動画を撮っても、全く覚えません。

ただの鑑賞になって、びっくりするくらい、身につかないのです。(実際体験済み)

撮るなら、自分。

自分の踊りは、自分を振り返りながら観るので、まだ頭に残りやすいです。

同じく、スマホやパソコンを使えない、何度教わっても忘れるという方も、振り返らないです。

タップしたことで何が起こるかを予測もしないし、結果も見ない。自分が何をどうしたかという自覚がないので、当然ですが覚えない。

私の感覚ですが、覚えられないという方は、自分がどうやっているかを丁寧に振り返ることを知らないなぁ、と思います。

カラダの動きもそうで、ゆっくり動くことの意味が理解出来ない。
フラの動きも同じです。

覚えられない人ほど、全ての動きが唐突です。ガバッと動いて、どこからどこ、と言うことは気にするけど、間がどうなっているかに関心がない。だから、点で覚えるしかなく、記憶が細切れ。カラダはつながっているので、必ずつながりもあるのですが、そこは無かったことにして切ってしまう。

もちろん、踊りも細切れ。当然、カクカク踊りになります。切っているところ(つながりのところ)は、意識もキレるので、丁寧なフラではなくなり、(私が大嫌いな)雑な踊りになります。

覚えられないという方は、魔法のような覚える方法があると思い込んでいるから、当たり前のことを丁寧にやるだけでいい、というのが許せないらしく、聞く耳も持たない。すごく普通のことをすれば良いだけなのです。但し、全てを振り返りながら。

どうやって踊ったのかを、振り返る。そのために、自分を撮影するのは、助けになります。

撮影の時には、お手本を見ながら踊っても良いのです。

ここ、踊れてなかったな、とわかるだけでも、次に聞くべきところの整理が出来ますし、その時のお手本の動きを思い出すこともできたりします。

記憶の補助としての動画撮影なら、自分を撮りましょう。
もちろん、先生の許可は取って下さい。
最近は、その動画を気軽にSNSにアップしちゃう人もいますが、それは基本的にダメですから、気をつけて下さいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください