今日のハワイ語  lehua

lehua  レフア

意味:
1.オヒアの木の花。または、その木。
レフアはハワイ島の花であると、1923年に州政府によって決められた。
歌や物語の中で良く登場する花である。
比喩的に、戦士、愛する友人や親戚、恋人、達人という意味がある。
様々な形をしている植物で、背が高くなるものから低木のものがある。
葉の形も、丸いものや幅の狭いもの、先が丸いものや尖っているもの、
表面がなめらかなものから毛に覆われているものまである。
花は、赤、稀にオレンジ、ピンク、黄色、白などがある。
木は堅く、床材や家具に良く、以前は彫像ややり、木槌などに使われた。
大変雨の多いところに生育する。
レフアの花を摘み取ると雨が降ると信じられている。
レフアと名のついた雨や風がある。(Kani-lehua, Kinai-lehua. Kini-maka-lehua,
Kiu Wai Lehua, Li(-)li(-)-lehua, Mouniani-lehua, Moe-lehua)

2.レフアの木に美しく花が咲くように、たくさんあること

3.魚釣りのルアーに使う、七色に光る真珠貝のこと

4.タロイモの一種。赤いポイ(タロイモをつぶした食べ物)に使う。

5.センニチコウ

6.ヤムイモの一種

7.ニイハウ島のちょうど西にある島の名前。
ハワイ諸島の最西端(北西ハワイ諸島を除く)
レフア島は日没と関連づけられる。
詩の中で、ハワイ諸島はレフア島とハワイ島の東にあるハエハエという地域や
クムカヒという岬をつなげて示されている。
この島に吹く風の名前。

8.lehu(灰、灰色にする)の受動態や命令形

9.魚釣りなどの達人
ho’olehua ホオレフア
迅速に、熟練した、強い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です