圧倒的な量と、それを支える情熱

軽やかに、そして楽しく


ウクレレの仲間と「何にも代え難いオーラがある人ってすごいよね」という話になりました。
ウクレレにしても、フラにしても、いわゆる全盛の時は過ぎてもなお、存在感で見せたり聞かせたり出来ちゃうって、本当にすごい。
纏うオーラが、人を引きつけるのでしょうね。
でも、ちょっとその方のことを考えて見ると、それを支えているのはこれまで積み重ねてきた圧倒的な練習量と、その情熱だろうなぁと思うのです。

私の憧れのフラの先生は、本当に素敵で、小手先の技術のことが恥ずかしくなるぐらいの表現で、スーッと目が吸い込まれていくようなフラを踊ります。
こうありたい、と思うのですが、先生の領域は気が遠くなるぐらい遠くて、そこに近づくには、今、死にものぐるいで取り組まないとならないんだろうな、と思うのです。

ウクレレの先生も、確かにご高齢ではあるけれど、ご本人は上手く出来ないとか仰るけど、そんなこと関係ない、温かい演奏で、会場を包み込んでしまいます。音楽が大好きで仕方ない、という感じが伝わってくるので、きっと、お若い頃には飽きることなくウクレレを弾いていたに違いない、と思うのです。

私の憧れの先生達は、きっと今ある姿の裏に、圧倒的な量の練習とそれを支える情熱があるんだなぁと思います。
でも、それが暑苦しくなくて、さりげなくて、軽やかなんですね。
楽しそうに演奏したり、踊ったりしていらっしゃる。
こうありたいなぁ、と憧れます。

何事にも秀でている人は、それが好きで、好きだから一生懸命で、尋常じゃない量のことをやっているはず。
それを、大して好きじゃない領域でやろうと思っても、苦しいだけ。だから、好きになれることを頑張るのが、最もクオリティーが高くなる秘訣なのかもしれないです。

このブログを読んでいる、フラが上手になりたい皆さんも、圧倒的な練習量を確保しましょう。まずは、そこからスタート。
ちなみに、私はクレイジーなので、10年以上毎日2時間の練習をしていました。
それでも、足りないなぁと思いますから、これからまた、クレイジーに練習して行こうと思っています。楽しみ!
それが出来ないなら、何のために上手になりたいのかを見つめてみましょう。
その動機が、自分にとって特に嬉しいことじゃないから、そこまでの情熱が出ないのだと思います。私がそうなのですが、やろうとか、やるべきだとか、そんな気持ちじゃないのです。気がついたら踊っている、そんな感じ。

そのぐらいの情熱を持って取り組めることが出来ると、いいですね。
大人の習い事なので、何かを達成しようじゃなくて、心がワクワクすることに取り組んでいけるといいですね。それは、毎日の生活に、色をつけてくれるはずだから。
そして、そのきっかけをくれる仲間との出会いも、あると良いですね。
そういう場に、ハレ・オハナがなれたらいいなぁ、なんて思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください