【懐メロでいすフラ】開講のお知らせと想い

お時間が許す方は全部読んでね。

746480

しばらく募集を中断していました【懐メロでいすフラ】のクラスを、ハレ・オハナスタジオで開講いたします。トイレが狭くてご迷惑をおかけしますが、可能な限りお手伝いいたします。

また、付き添いの方も一緒にご参加いただけますので、ご検討ください。

開催日時 毎月第1・3木曜日 午後1時〜2時

料金 月謝制2000円/月 又はハレ・オハナフラレッスンチケット

レッスン内容 懐メロを歌いながら、椅子に座ってフラを踊ります。ステップはございません。車椅子でも、杖をお使いの方でもどなたでもご参加いただけます。付き添いの方は、レッスン代は不要です。

開講日 2017年12月7日(木曜日)

お申し込みは下記フォームよりどうぞ


ここからはこのクラスを開講するにあたっての私の想いです。共感くださる方は、どうぞ広く皆さまにお知らせください。

理学療法士として、多くの方にお会いしてきました。
病院で出会った多くの方は、病気やケガで元の体に戻ることが叶わない方もたくさんいました。そんな皆さんが、以前の自分と今の自分を比べて「何も出来なくなった」と、とても悲しんでいる姿をたくさん見てきました。
それとは別に、すごく元気に過ごしている、いわゆる「障害者」という方にも出会いました。出来ることを出来るようにやっている彼らの姿は、私の心に深く刻まれました。

幸せって、カラダが動くかどうかが問題なんじゃないなぁ、と思います。
今の自分が、やりたいことがあって、それを楽しめていること、或いは夢中になれていることではないかな、と思います。

フラを踊りたい、と思っている方の中には、上手くカラダが動かないから、歩けないから、あきらめている方もいるかもしれない、と思っています。実際、今、カルチャースクールで行っているいすフラのクラスには、かつてフラを習っていたけど、病気でカラダが動かなくなったとか、目が悪くなって立って踊るのが怖い、という方もいらしています。そんな皆さんが、フラのレッスン日を楽しみに、毎日の生活の張り合いが出てくる、と言ってくださっています。

実は、本当の幸せって、そこにあるんじゃないかな、と思うのです。
お金があるとか、健康だとか、確かに幸せを底上げしてくれるものではありますが、それだけじゃない、と言うことを教わっています。

そんな場を、少しでも増やせたらなぁ、と思っています。
そういう意味で、無料では行いません。
やりたい人がやりたいと意思表示をし、そこに対してこちらも全身全霊でお応えしますので、他のクラスのレッスンと何も変わりが無いです。

ただ、カラダが動かない、という方の多くは、出来ない自分と常に対峙していると思います。それはそれで、なかなかなストレスのはず(自分もそうなので、共感します)だからこそ、言葉の壁を取り払い、日本語の歌で、楽しく歌いながら踊れたらいいな、と思います。
この記事を読んで、お近くにフラをあきらめかけている方がいらしたら、どうぞ、このレッスンのことをお伝えください。
一人でも多くの方が、笑顔になれたらいいな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です