師事するっていうことに対する私の考え

様々あると思うのですが

私のプロフィールには、ハワイのクムフラに師事しているという記載はないです。それは、長年同じ教室で学び続けてきたからこそ、得た感覚からきています。

師事と言うからには、教わることももちろん大切です。でも、それだけじゃない。クムフラのハーラウの一員として、何かしらハーラウに貢献して師事というのではないかと思います。クムと一緒に、同じ目標に向かって頑張る。そんな時間を何度も重ねて、やっと言える言葉じゃないかな、と思うのです。

そういう意味で、私は、師事はしていません。

毎年フラを習って、教えて良いよと許可をいただいても、そこまでの関係。生徒さんに指導していただいても、そこまで。

人と人として、交流を持てたことに感謝し、習った曲を大事に踊り続けることは、当然で、でも、そこまで。

やはり、師事ではないと思います。おこがましいし、無遠慮だと思います。だって、何の貢献もしていないもの。もちろん、応援したりはしてますが、日常的な働きじゃない。単に教わっただけで師事だなんて、ハーラウの皆さんに失礼な話だって思います。

あくまでも、私見です。

ハワイのクムフラから学ぶことは多いし、学んでいることに誇りを持っています。だからこそ、大事にしたいのです。師事してないから偽物だなんて言わせない、という気概を持って、真面目に学んでいます。

長く一つのハーラウで踊ってきて、コンペに出場したり、発表会を行なってきたりと、色々やってきました。そこに他から来た人がポッと入って来て、その人がクムフラに師事しているとか、他の国で自分たちのフラをクムフラの名前を使って教えているとしたらどうかな?と思うと、複雑な気分になります。

振りを教えたとか、それを生徒さんに教えていいよと言ったぐらいなら納得できても、生徒です、と言われるのはすごく複雑。一緒にレッスンしているならまだわかるけど、と思うので、その気持ちは大事にしたいのです。

こういうことって決まりはないから、皆さんの考えでいいと思います。私は、このようにかんがえています。ハワイとの繋がりはあるけれど、師事するクムフラはいない、というのがハレ・オハナのスタイルです。

同じような状況の皆さん、一緒に学んで行きましょう。

特に師事するクムフラがなく、サークル等で指導しているけど、ハワイとの繋がりをどう作ったらいいかわからないとか、自分も継続して学びたいけど、指導者だからどこにもいけない、という方にも、門戸を開いています。

ハレ・オハナでレッスンをするなら、私がどのように教えているのか、全部盗んでいただいて構いません。

先生クラスはないので、一生徒であることになりますが、イベント出演のチャンスなども作ります。発表会などで、きちんとした舞台に生徒さんたちに立ってもらうことも可能です。正直にご相談ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください