体を変える直接のきっかけ

決断は一瞬でした

それは、発表会の舞台でのこと。


私はタヒチアンダンスを踊っていたのですが、ステップを踏めば踏むほど、右に体が傾いていくように感じていました。練習ではそんなことはなかったので、一体何が起こっているのか?と思いました。

自覚としてはかなり傾いていたので、舞台袖で見ていた友人に「変じゃなかった?」と聞いたのですが「何が?」という返事でした。後日、出来上がったDVDを見ても、傾いてなどいませんでした。

しかし、あの明らかに傾く感じは、すごく気持ちが悪く、今でもはっきり覚えているぐらい印象に残っていました。その後、大阪公演もあったし、レッスンを休むわけにはいかなかったのですが、傾く感じは戻ることがなく、どんどんひどくなる一方でした。でも、見た目はなんともない。

自分の感覚と、見た目が乖離している。これは、大変なことだ、と思いました。それまでも、腰のヘルニアの痛みから解放されたくて、筋トレなどはジムに通って行なっていました。このことに答えてくれるトレーナーは、ジムにはいませんでした。

本気で、トレーナー探しをしたのは、それからです。2008年の秋〜冬にかけてのことでした。

私が、理学療法士として仕事をしていた時に、体幹の軸をいかにして作るか、ということをやっていたので、体幹の重要性の認識はあったのですが、そのことができる人が、理学療法士以外にいるとは思っていなくて(この頃行っていたジムのトレーナーは、大きな骨格筋のトレーニングしかしてくれなかったので)だから、探すのに苦労したし、最初にトレーニングを予約して行ったときは、効果の有無についてすごく懐疑的だったから、自分が理学療法士なので、動きの指示は骨か筋肉で言ってもらった方がわかる、とはっきり伝えました。そのぐらい本気だった。それで、言葉に詰まったりするようなら、違うトレーナーを探す、というつもりでした。本当にラッキーなことに、よく勉強していたトレーナーさんと出会い、自分の体をしっかりと動かす方法を知り、今に至ります。その時に通っていたスタジオが、今のハレ・オハナです。まさに、原点。

こうなって最も変わったのが、まっすぐ立つことと、フラの表現。

無理をしなくてもまっすぐ立てるし、傾くという変な感覚はなくなりました。これがなんと楽なことか。ずっと右足に痛みがあったけど、いまも時々あるのですけど、それが、楽になりました。こんなに楽なんて、すごく嬉しい!

そして、表現は。

私のフラは、どちらかというと固い踊りで、表現っていうものと無縁の、きっちり踊るフラなのですが、ある時、ワークショップで習った曲を別バーションのしっとりた曲で踊ってみる、という、試みで。「なんだかこっちの曲はセクシーよね」と、セクシーに踊って、先生と大笑いする、という出来事がありました。

こうして文章にすると、つまんないことなんですが、私にとってはすごく大きなきっかけでした。それまで、スッキリサッパリと踊ることと、セクシーに踊ることは、自分の中で踊り分けられなかったのです。それが、体の動きがわかったら、「セクシーに」と思っただけで、踊りわけができた。だから、先生も大笑いしたんですよね。「そうそう、そんな感じよね」と。すごく嬉しかったです。それ以来、こんな感じ、という踊りがしやすくなって、ああ、やってきたことは間違いじゃないんだなぁ、と思いました。

もちろん、ハワイ語の勉強や、神話や歴史の勉強などは、していたけれど、直接動きに反映されたのは動きのことでした。

自分のカラダを知ることで、イメージが大きく膨らんだし、イメージと自分の違いにも気がつけるようになったし、それが、フラのために必要な動きを見る、というところにも役に立ちました。

出来ないことは、見えない。だから、指導者こそ実践者であるといいのですね。

そんなことを、カラダから知りたい方は、カラダ作りへどうぞ。
https://coubic.com/haleohana
意識から知りたい方は、といてら講座へどうぞ。
https://coubic.com/haleohana
https://coubic.com/haleohana



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください