ビートを刻む

ステップの話


フラのステップは、基本的にはリズムです。しっかりとリズムが刻めることが、何よりの基本となります。

だから、音楽を知っていることは、とても大切なことになります。

やってみるとわかるのですが、ウクレレは、ハワイアン音楽だとリズムを作る楽器です。

このリズムの作り方がわかるかどうかでも、フラのステップがどうなれば良いかがわかります。

難しいことでは無いのです。

リズムは、鼓動が刻みます。

人は、生まれながらにしてリズムを持っています。

自然にも、リズムがあります。

そのリズムを感じ、しっかりと地球と仲良くするのが、フラのステップの真髄ではないかと思います。

そのために、地球の中心に向かってしっかり立てることは、基本中の基本となります。それを手に入れるために、カラダをリセットするのが、フラの為のカラダ作りで行うこと。

ヒップモーションも、ハンドモーションも、まずはきちんと立てて、なおかつリズムを刻むステップが踏めてからのことです。

この部分が、無意識でできるようになるまで、時間がかかります。だから、時間をかける必要があるのですが、皆さん、簡単にできると思ってますよね?

地球の中心ってどこ?とか、まっすぐってどんな感じ?とか、言葉で説明できないことを、感覚としてちょっとずつ身につけていくのですから、慌てないでください。

カラダの感覚についてしっかりと学びたい方は、パーソナルレッスンへ。

エクササイズの方法を単発で知りたい方は、集中ワークショップにどうぞ。
https://coubic.com/haleohana
また、ウクレレのリズムを感じたい方は、5月から行うジャムセッションに遊びに来てください。

茶菓代、及び会場費がかかりますが、手ぶらでもどうぞ。
https://coubic.com/haleohana



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください