「心」を伝える理論

そんなのあるの?と思いますよね


フラは心の表現です。心を動きとして表現します。

もちろん、振り付けとして決まっているので、それをきちんとやることは大事なんですけど、そもそも、何を表現しているのかが不明確だと、振りも曖昧になるし、先生が求めるようにならないという面があります。

あの子、正しく踊れていないし、フラ歴も短くて大して上手くもないのに、いつも先生に褒められてる。えこひいきじゃないの?なんて思う暇があったら、自分が何を表現しているのか、褒められている人が何を表現しているのかを確認してみたらいいと思いますよ。認められている人って、ちゃんと表現できていると思います。

実際、ハレ・オハナでも、初心者だけど、すごく素直に踊れている人は上手に見えるし、経験者で素直に話を聞けていない人は、自己流から抜け出ません。もちろん、経験者で素直な方は、ある時を境に急に素敵に踊れるようになります。

そういう部分を引き出すのはまずは自分の力ですが、指導者が引き出したいと思った時に大切なのが、マインドセットという、心の在り方。

それが、理論といえば理論です。

このやり方(というか在り方)は、フラに限らず、使えるものです。

例えば、お子さんの能力を伸ばしたいとか、新入社員を教育する立場です、とか、フラ教室で先生ではないけどリーダー的な立場におかれているとか、そういう方にもおすすめ。

私自身も、実はコソッと、いろんな分野で使わせていただいて、わーい、上手く行ったぞ、なんて思ったりしています。上手く行くと言っても、思い通りにするのではなくて、ポンと刺激を与えることで、想像を超える結果になることの方が多くて、私はきっかけを与えたに過ぎないのに、みなさんの力でものすごいことが起こる、というのを目の当たりにしています。それも、何度も。すごくハッピー度が高い心の在り方です。

ファシリテーション=触媒なので、化学変化を促進する立場。
変化を起こすのは、その場にいるみなさんで、その変化は確実な成長をもたらします。

それを、理論と実践で学ぶ、といてら渋谷+ハレ・オハナのオリジナル講座です。

手前味噌ですが、すごくいいですよ。

何より、癒されたような気持ちになれる。

学んでいるのに、癒しって何?と思うかもしれませんが、そもそも、フラって癒されませんか?それを忘れてしまった方に、ぜひ、あの頃の気持ちを思い出していただきたいなぁ、と思っています。

そもそも、人は、学ぶことは本能的に好ましいと思っているのだそうです。でも、それが嫌いになったのは、私たちが受けてきた教育が原因であるそうですよ。その思い込みを外せば、学びは楽しいし、癒しなんです。なんて簡単に言っていますが、これが難問の一つ。幼い頃からの刷り込みなので、結構根深い。ということは、お母さんたち、お子さんに示す態度で、お子さんの才能を伸ばすも殺すもできるってことです。

急遽決めた開催ですが、しばらく前から、この講座の内容は温めていて、日の目をみることになりました。

フォローができる人数の関係で、4名という少人数定員で行います。

どうぞ、おいでください。
https://coubic.com/toiteratokyo/203621



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください