表情も筋肉が作る

普段が大事

顔にも、筋肉があります。

表情筋と言われます。

筋肉なので、鍛えることができます。

しかし、表情筋を個々にトレーニングしたり、抵抗運動をしたりは、かなり難しいですね。

私は、顔の筋肉も動かす必要があったので、練習したことがあるから、一般的な生活を送っているみなさんよりは、自在に動かせますが、それでもうまくできないことはあります。

顔も、放置していると、重力に引っ張られて下がってきます。筋肉が多いところほど、下がりやすいので、頬が一番下がる。それに伴って、ほうれい線が深くなり、口角が下がります。


いつもそんな表情をしていると、それが強調されます。

筋肉ですから、使えば使うほど、それがくせとなります。

フラを踊っていると「作り笑顔」が上手になります。子供だと、もっとですね。作り笑顔は、作っているのが見えます。

私が貼り付けた笑顔と思う表情です。

とても不自然です。やっぱり、笑顔は心からがいい。

心からの笑顔は、柔らかいんです。その人のほんわりとした気持ちが、表情となって表れています。

その表情を、普段からできていれば、そんな顔になり、口角をあげようとか、頬のたるみを持ち上げようなんてしなくても、ハリのある顔になると思います。

表情も、普段が大事。

普段から、基本的にご機嫌だと、表情も柔らかくなるし、フラの時の笑顔も出やすくなります。

表情は、心の状態と強い関わりを持っています。

だから、普段どんな心の状態なのかを意識して過ごすことが、大事になってきます。心のくせは、表情として表れてきますから。

どんな心のあり方がいいのかな?と思ったら、といてら講座にどうぞ。

心が思ったことを、表現することで、ヒントが得られるかも知れません。
https://coubic.com/toiteratokyo/203621



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください