ハワイ語と日本語

共通点が多いんですよ


フラを踊っていても、ハワイ語の歌を歌っていても、「ハワイ語知らない」「カタカナが理解出来ない」という方が結構いて、その言葉を聞く度、心の中で泣いております。

そもそも、カタカナじゃないし。

知らないって言うけど、知らなくて何でカヘアが言えるの?とかね。

私も、ハワイ語があるって知ったのは大人になってからですけど、好きなハワイのことだから、すごく興味を持っていました。

それが高じて、今やハワイ語講師…あり得ない!ってこのことです。

まず、知らないっていうのはやめよう。

ここは、日本人らしい謙虚な姿勢は忘れることです。

いくつか知ってたら、知ってるのです。それって、案外大事なこと。

それから、文字じゃなく、音で慣れよう。

そもそも、ハワイ語には文字がなかった。音の言語なんです。音から情景が見えてくる。例えば、すごく甘い、優しいさま(風とか声とか音楽とかが)をナヘナヘと言います。優しい甘い声はレオ ナヘナヘ。

声に出してみてください。なんか、そんな感じしませんか?

はい、これでナヘナヘを覚えました(^^)

そんな感じだと、だんだん楽しくなります。

そもそも、ハワイ語と日本語は共通点が多いのです。曖昧な主語、必ず母音で終わる、母音が続く、繰り返すと意味が強調される、など。これ、それ、あれの区別があったり。

知ると面白いのです。

言葉が似てるということは、文化的な背景が似ていることにも通じます。

自然信仰、八百万の神、ムラ社会、タブーの捉え方など、とても似ています。

そうやって理解すると、ハワイ語も怖くない!楽しく理解して、楽しく覚えちゃいましょ!というのが、私のモットーです。踊ったり歌ったりするのだから、それと一緒に意味も背景も理解したら、楽しいし、楽だと思います。

そんなハワイ語講座を密かに計画中です。

それなら受けたい、というかたは、是非、ご希望の日程などをお知らせください。今のところ、第2土曜日の午後〜夜、月1回の開催が最有力候補です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください