月夜と溶岩

自然の織りなす美しい景色

ご心配いただいている、プナエリアでの溶岩の噴出
http://bigislandnow.com/
上記で、動画などご覧いただけますが、昨日の十六夜の夜に、カーチスタウンからも雲にうつる赤い光が見えました。



恐ろしい景色であり、同時に美しい。これが、ペレなんですね。

ここはもともとペレの土地。そこをどうしようと彼女の自由だと、ハワイアンは言いますが、それでもそこの住民の方々が避難生活を強いられていることには変わりないし、彼らの家や仕事が失われていくことには変わりがなく、自然の大きな力の前では人間がどれだけ無力かを改めて考えさせられます。

活発な火山活動は、まだ、一人の命も奪っていませんが、今後、いわゆる「関連死」のようなものは出てくるかもなぁ、と思っています。日本でも、大きな地震の後に、そういう話は出ていますよね。長期化する避難生活は、人々の健康を害します。もちろん、そういう人のためのケアや、経済的な援助は始まっていますが、それでも大変。

コミュニティーの力が、こういう時にこそ発揮できるように、人間関係を大切にしていかないとですね。

なんか、いろいろ考えさせられています。

もちろん、私たちがハワイ島を訪れて、経済的な活動を支援することもできることの一つですけど、私は日本で何かしているだろうか?とも考えてしまいます。

毎度毎度、Tutu Peleからは何かしら刺激をいただいて帰るのですが、今回は更に特別。歴史的瞬間に立ち会っているのですから、いつまでも記憶に残るハワイ島の旅になりそうです。

昼間は、こんなに穏やかな景色なのに、すごく不思議。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください