フラ・リトリート・ハワイ@ハレ・オハナ DAY0

行く前からハレ・オハナのフラ・リトリートは始まります

ハワイ島でフラ・カヒコを学ぶフラ・リトリート

ハレ・オハナでは、このプログラムに生徒さんと共に参加しています。

実は、行く前からリトリートは始まっています。

ハレ・オハナの生徒さん限定で、アイハアスタイルのフラと、基本ステップを予めレッスンしています。

時間がある時は、行って混乱しないようにレイ作りもやっています。

フラを踊る人がレイを作れないというのは、文化を学ぶ者として言語道断だと思いますし、何故レイを身につけるのか、という話を聞くと、自分の手で作ることがどれだけ大切なことかが理解できると思います。

それもあり、例え造花であっても、自分たちでレイなどは作ることにしています。もちろん、生花の方が良いのですが、やればわかりますけど、時間がそれなりにかかること、そして、前日にやることが多くなること、それなりの料金がかかることを考えると、日本の皆さんが置かれた状況でできることを最大限やった方が良いな、と思っています。

ハワイは、お庭に花があったり葉っぱやシダがあったりしますから、条件が全く違いますよね。知ることは大事ですけど、そのままを自分たちがやるばかりが文化の継承でもないよね、と思うので、皆さんも納得できるようなあり方を模索しています。

このような話をしながら、文化を学ぶこと、カヒコを学ぶことを、毎回のレッスンでちょっとずつ伝えて、実際にステップなども経験して、ハワイ島に向かいます。

なので、行く前から心の準備をして行くことになるのです。

この準備、思っている以上に大事です。

まず、アイハアに慣れていないと、筋肉痛で動けなくなります。ステップがある程度身に付いていないと、クムフラの言うように踊れません。そこで止まっちゃうと、レッスンが進まないのです。

3日間しかない上に、最終日はフラを奉納しますから、その日に踊れる状態になっていないととても困るわけです。

だから、基本を作って行く。やるとわかっているちょっと難しいステップも、行く前に少しだけでもやっておくのです。そうすると、行って困らないし、より深い学びになる。

と言うことで、ハレ・オハナの生徒さんは、行く前からフラ・リトリートの準備をしていきます。

と言うことで、DAY0から始まるのです。

これは、ハレ・オハナの生徒さん限定。

クムフラの素晴らしい知恵をあますところなくもらえるように、準備して行くことで、より深い学びになる。そのサポートをしています。

ただ、フラを学ぶだけなら、何もハワイ島に行かなくても良いんです。行く意味は、フラだけにあらずなので、それを感じてもらえる心の余裕を持っていけるように、実はこっそり準備しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください