代弁してくれなくていい

いすフラコンダクターへの思い

いすフラには、フラから私がいただいたエッセンスをぎゅっと詰めています。

だから、ついつい、語り口調に力が入ります。

確かに、いろんな効能があると思いますし、理学療法士としての知識も活かしています。

それは事実ですけど、私の代弁をしてくれる人を育てたくて、コンダクター養成をしているのではありません。

自分の頭で考えて、自分の足で歩くことを、何より重視しています。だから、いすフラがどんどん一人歩きしていったらいい、と思います。

ただ、ハレ・オハナで学んだ人は、必ず学習理論も学んでいただくシステムにしようと、現在講座を構築中です。学習理論の中には、自身の在り方に対する掟のようなものがあります。そこを見誤ると、目の前にいる方に受け入れてもらえない。

本質と真実を見るために、必要なことをしっかり学んでいただいて、その上で活動すれば、いすフラのエッセンスは、自然と伝わり、なんの作為もなくても効能は発揮されます。

能書きを垂れることもなくて良いし、私が伝えたことをきちんとやらなくても良い。集まった皆さんの真実に届くように、それだけをやればいいのです。

ハレ・オハナで学んだ、という情報は伝えていただいていいけど、だから権威がある、というのは違う。目の前にいる皆さんにとっては、いすフラコンダクターのあなたが全てで、それ以上でも以下でもない。

それってフラも同じ。どんなクムフラに師事していようと、目の前にいる人が全てでしょう?結局のところ、問われるのは人間性。ハワイの誰から習っているか以上に大切なことは、一番よく接する人がどんな人か、ではないかと思うのです。

私は、自分の代弁をしてくれる人を養成してはいません。そんな人、いらない。そして、坂本律子に忠実である人も、いらない。

いすフラコンダクターは、自由に活動していただきたいし、それを制限しません。

興味を持っていただいた方は、是非いらしてください。

新しい形の講座は、年内に出来たらいいな、と考えてます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください