ハワイ語の資料大整理整頓!

そして見えてきた、本当の利益

ハワイ語の資料は、毎回大量にいただきます。このボリュームの資料を用意するのは、本当に大変なことと思いますが、軽々とやっているように見える先生の頭脳が欲しいですわ。

ちょっとしたルールに則って整頓していましたが、それでも溢れてきて、そろそろまずいな、と思ったので、大整理整頓しました。

そこで見えてきたのは、フラを習っているだけでは出会わなかったであろう、歌や知識。

例えば、ポリアフの思い人のアイヴォヒクプアはしょーもない男だな、とか、土地の名前とか、王族の歴史とか、食いしん坊の歌や、乾杯の歌、とにかく、あらゆるジャンルに渡る曲との出会いがありました。

まだまだ、知らないことがたくさんありますが、これらの知識は、フラにすごく役立ってます。

ハワイ語という言語と歌を通して、ハワイの歴史や文化に触れる。こんな貴重な時間は、なかなか無いので、遠くても通ってます。

大好きなハワイの言葉を、好きなフラや歌から学び、その上幅が広がるような学びがある。それが、どれだけすごいことかを、資料を見直して改めて思いました。

こんなことも、あんなことも学んだんだなぁと、感慨深いです。

ちなみに、私が習っているハワイ語講座は、フラの先生が半分くらい。生徒さんもいますが、少ないかな。

皆さん、ハワイのことに詳しくて、よく勉強されてます。毎回、授業の内容からも、皆さんの発言からも、刺激を受けてます。

学ぶって、そういう側面もありますよね。

だから、やめられない。独学でも良いけど、自分一人では得られない刺激は、得がたいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください