カラダが喜ぶカヒコ・レッスン

嘘だと思うなら試してみる?

いつもじゃないんですけど、生徒さんがカラダが痛いからどうにかしたいとか、動けないかも、なんていうときに、こんな風なことに気をつけてやってみて、と、レッスンの最初にお伝えすることがあります。

繰り返しますが、いつもじゃないです。

そして、痛いという人が、本当にそれをどうにかしたいと思っていないと、伝えたことが無駄になるので、本当に困って助けて、という時に限って、プチアドバイスをするのですが、ほんのちょっとの意識の違いで、痛みがなくなって軽く動けるようになったりします。

しつこいようですが、本人が意識しないと変わりませんので、やると変わるし、やらなければ何も起こりません。

私の側から、お伝えすることは簡単なのですが、生徒さんにニーズがなければ、こんなことはしません。必要がなければアドバイスは聞かないのが人間なので、痛くて困ってどうしよう?と思う時にだけアドバイスを受け入れるものです。そんなもの。

やることはすごく簡単で、これで???と思うようなことなのですが、やると変わるので「病院に行こうと思っていたのがウソみたい」と言っておかえりになることが多々あります。そして、これが面白いことに、カヒコのレッスンの方がよりわかるんです。

アウアナは、イマイチわからなくなる。

カヒコは、古代ハワイでは神に捧げるものという側面もありましたが、戦いがない時の戦士のトレーニングだったという側面もあるので、そういう意味ではよりフィジカルなものなんだろうと思います。

最近思うのが、「簡単なカヒコ」と習ったカヒコの難しさ。

この、簡単なカヒコでしっかり踊れるようにならないと、その先に行ってはいけないんだ、ということが、ひしひしとわかってきています。なるほど、こういうことか、と。

その点は企業秘密なので、教えられませんが、カヒコがしっかり踊れるとはこういうことで、その上でいろんなことができるようにトレーニングしていくんだなぁ、と思うと、ハーラウ・オ・ケクヒでは、舞台に立てるようになるまでに10年かかるという意味がよくわかります。もちろん、そんな厳しいことは言わないけれど、ああ、基礎ってここにあるんだ、と、すごくよくわかります。

その、基礎となる簡単なカヒコの、さらに基礎の部分を伝えるのが、私の仕事。

理論と実践で手に入れたこの知識と技術を、欲しい人にはお伝えします。

フラの生徒さんでも、聞いてくれなければ答えません。これ、一貫しています。

同情を誘うように「腰が痛くてね〜」なんて言われても、何にも動かないです。

「今日、どうにかして踊りたいから、痛みが軽くなるような方法ってありますか?」なんて聞いてくれたら、喜んで、持っている知識を総動員してお伝えします。

「どんな治療がいいか?」とか、「どこの病院がいいか?」なんていう質問には答えを持っていないです。治療は自分が選ぶものだし、病院も評判だけじゃなくて相性もあるから(私が好きなドクターは、一般受けしなかったりします。専門用語をバンバン使う、事実をストレートに伝えるドクターが好きなもんで)自分が選ぶしかない。動く時にどうにかしたい、ということなら、答えられます。

今日も、カヒコのレッスンで痛かった足が治って帰る、ということが起こりました。

カヒコはしんどい、と思っているのでしょうけど、確かにしんどいかもしれませんが、闇雲に踊っているわけじゃない。きちんと科学の目で分析し、こうなっている、ということを理解すると、動きは理にかなっているんです。

多くのスポーツで、根性論から科学的な根拠へと転換しているのに、フラは、ダンスだから精神論が優先されるのかな?変だと思いませんか?

じゃあ、ヨーガも同じ?筋力も柔軟性もない人が、長年ヨガをやっている人と同じ精神状態になれば、同じことができるの?

最近は、ヨーガも、理論的に分析されているんです。指導者さんが学んでいます。それは、体を壊す生徒さんが多いから。

では、フラは???

膝が痛い生徒さんが年々増えていても、年のせいにしたり、時には「痛いのは当たり前。痛くなるぐらいやるのが普通」と言っていませんか?

それは、非科学的。

実際、ハレ・オハナでは、みなさんにとっては辛いという先入観のあるカヒコで、体が楽になる、という人が多いんです。フラで痛くなんかならないの。理にかなう動きを、ハワイアン・スピリチュアル的な表現でいえば、「大地のマナを余さずいただく」です。理論的に言えば、重力、床反力をうまく使う。

その観点で見ていると、痛いという人はそういう体の使い方だし、改善はワンポイントでできることも多い。

そんなカヒコレッスン、あなたも受けて見ませんか?

聞けれなければいいませんが、初めての方にはちゃんと説明しているので、6回短期レッスンはこの体の使い方も説明しますよ。アウアナでもやるけど、カヒコの方が体で理解しやすいかな、と思います。お試しください。

6回完結短期レッスン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください