鏡は5割り増しでよく映る

鏡よ鏡、今この世で一番美しいのは誰?今、ここで一番美しく踊るのは誰?

肉眼で見えるものが全部映るわけじゃない

フラのレッスンをしていてよく思うのですが、生徒さんって鏡があると、鏡ごしに私の姿を見たり、自分の姿を見たりしますね。

そう聞いてみると「鏡は先生がチェックするために見るものなので、私は見ません」という人も多いんですけど、本当かな?

私自身は、自分の左右差がないか、確認するために鏡を使うことがありますが、それはフラの時じゃなくて、準備運動の時。生徒さんの動きを確認する時には、鏡は使いません。

「あ、困って止まっている」とか「必ずここで引っかかって挙動不審になるなぁ」ということは見えるのですけど、鏡には全てが映らないことを体験的に知っているので、きちんと指導するときは必ず肉眼で見ます。

鏡ごしに見たら踊れているように見えるけど、どれどれ、と振り向いて見たら全然できてなかった、ということは何度もあります。踊りを忘れるはマシな方です。忘れてることは自覚できるから。でも、全く違う動きをしていることに、鏡ごしだと気づけないこともあるんです。そして、全く違う気持ち悪い動きが、正しいと思って何度も繰り出している。それは、とんでもないこと。

私も、鏡ごしだと気がつかないんです。

鏡に映るのは、よほどのすごいこと。例えば、みんなと体の向きが違うとか、あげている手が逆とか、動く方向が逆とか。

それなら気がつくのですけど、腕のあげ方が足りないとか、肘の角度がおかしいとか、そういうことって、本当に気がつかないんです。

きっと、皆さんに起こっていることも同じ。

鏡に映る自分は、実際の自分よりも5割り増しでよく見えていると思ってください。

だから、本当の姿を知りたかったら、動画を撮ることです。本当は、ファインダーも通さないほうがいいのですけど、自分を見ることは人間にはできないことなので、そこは機械に力を借りましょう。

誰かに見せなくていいんです。自分は、最も厳しい指導者ですから、厳しい目で見て、どこがイメージと違うのかを全部書き出して、どう違うかは置いといて、書き出したところをレッスンで真似るようにしていくんです。

そうしたら、必ず上達しますから。

鏡に映る先生と自分の姿は、同じように見えていたとしても、違うのです。

鏡ごしで合っているからって安心すると、とんでもないことをしている可能性があります。

本気で上達したいなら、鏡は使わないほうがいいですよ。ハレ・オハナのスタジオは、鏡があるんですけど、将来リフォームするときは、隠せるようにする予定です。鏡を見てレッスンしても、全然上達しないから。先生の動きも、鏡ごしに見るのではなくて、先生を直接見てください。それが、上達の近道です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください