フラの為のカラダ作りの極意

ちゃんと筋肉を使ってあげる練習をすること

多くの皆さんが、フラの基本は「ベーシックステップだ」と思っていると思います。しかし、純粋に運動としてみたとき、ベーシックステップで行なっていることは、非常に高度な応用動作です。運動的には歩行(歩く)のバリエーションなんですが、しっかり歩けていれば問題ないけど、そうじゃない人がこの動きをやろうとすると、力ずくになりやすい動きです。

カクカクしている、と言われる方の多くは、力んでいるせい。

「そんなこと言ったって、力を抜いたら動かなくなる」って思いませんか?

実はそれが真逆なんです。適度に力を抜いて、動きに委ねた方が上手くいくんです。

もちろん、入るべきところには力がないとダメなんですね。

じゃあ、それがどこかというと、インナーユニットとかコアマッスルとか言っているところ。具体的な筋肉の名前を言うと、骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋、横隔膜です。

これらが、しっかり働くことで、股関節の動きを自由にします。自由になった股関節は、今度は股関節を安定させる筋肉を使って安定させることが大事。

この順番が逆転してしまうと、あまりよくないです。

でも、多くの方が「股関節の動きから」トレーニングしたがります。なぜなら、すぐに効果がありそうだから。

そうじゃないよって言っても、実感しないとわからないので、一旦は筋トレしますが、結局変わらず。悶々としているところに、インナーユニットをガツンと使うエクササイズを投入すると「え?え?うそ?」と思う変化に気がつくようですね。

なんでこんなに動くの?って聞かれたこともあありました。なんでこんなに軽いの?とも。理由は簡単。余計な力が抜けただけ。余計な力を抜いても安定できているだけ。

安定しているから、安心して動ける、それだけなんです。

こんなに単純でシンプルなことを、どうして難しく考えて、難しくやろうとするのかな?と不思議です。

困ったら、基本に立ち返る。そこからもう一度始めればいい。この基本が抜けていると、何事もうまくいかないんですね。

私自身も、あれ?体が変だ、と思ったら、一番最初にやったところに戻って、じっくりと自分のカラダを調整します。そこが最も大事だから。

それ以外は、気持ちいいなぁ、と思うところをやるのみで、きつい筋トレはしないです。(たまには負荷を上げますけど、気が向いたらね)

ちゃんと立てること、ちゃんと歩けることは、フラにとっても人生にとっても大事なこと。それを実感して欲しくて、こんなエクササイズをやっています。残念ながら、ハレ・オハナの生徒さんの半分ぐらいにしか伝わらない。と言うことは、皆さんには1割伝わったらいい方と思っています。そうはいっても、なんか秘訣があるんでしょ、と思うのも当然です。ないんだよね。秘訣って。心からそう思う。

カラダは何より大事です。皆さんは、後何年このカラダを使う予定ですか?その間、メンテナンスしないつもりですか?なんども言っていますが、運動は自分がしないと起こりません。動きを変えるのは、あなたにしかできないこと。外からのアプローチでは変わりませんよ。リハビリの現場でも同じ。動かして、修正していくんです。黙って寝ていて、元通りになるなんて言う方法は、存在しません。

皆さんにもより良いフラを踊っていただきたいので、こんなこと言っています。私が、本当に楽になったんです。自分で実際にやって、良いと思ったことしかやってない。悪くなってから治すのは大変。予防的な関わりも、これからは大切だと思います。

フラの為のカラダ作りについて、もう少し詳しく知りたい方はこちらへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください