問題があるからって夢を諦めるのか?

カラダの問題を抱えている方って多いですよね。

私も、臼蓋形成不全、腰椎椎間板ヘルニア、脳出血後後遺症と、既往歴があって、純粋な健康体ではありません。

そしてこのところ、原疾患を持っているお客様が多くなっています。

慢性関節リウマチ、股関節臼蓋形成不全等々。こういう方は、スポーツトレーナーさんだと対応できないから、理学療法士である私のところにくることが多いです。

臼蓋形成不全や椎間板ヘルニアは、基本的に命に関わる病気じゃないのですが、ご本人は結構困っている。でも、お医者さんは痛み止めをくれるとか、対症療法しかしないので、どうしたらこの困りごとを解決できるのかは教えてくれない。

(9割9分、どうしたら困っていることが解消できるかを知らない)

何故ならば、病気のことはよくわかっていても、生活のこと、動きのことは医師の専門外だからです。

そこの専門家が、理学療法士であり作業療法士なのですが、そんなことは一般に全く知られていない。ほんと、宝の持ち腐れです。

後療法としての理学療法に甘んじていることが、腹立たしくて仕方ない。

まぁ、そんなこと言ってもね。お偉いさん達はきっと色々考えているんでしょうから、私は私の道を行くしかないんですけどね。

ということで、困っているフラダンサーさんに、何かが届くといいなぁと思っています。進行性の病気を持っている人は、どうしても人生を縮小する方に向かっていくんですけど、冷静に考えると、動ける期間は不摂生している人の健康寿命と大差なかったりします。

つまり、病気だからと諦めるのは、ちょと早すぎるってこと。

私はもう直ぐ50歳。自分の健康を顧みないで生活している人の平均健康寿命は70歳ぐらい。ということは、残り元気に過ごせる時間は、「あなたは病気です、あと20年ぐらい経ったら動けなくなるかもしれません」と宣言されているかいないかの違いがあるだけで、同じ程度ということになります。逆に、病気ですと言われれば、なんとかして少しでも長く元気に過ごそうと、そのための方法を色々考えるでしょう。そうしたら、案外、長く動けるかもしれないんですね。ということは、自分をケアしていない、不摂生さんに比べると、動ける期間は長くなるってことです。

悲観しなくていいと思います。

私は、そう思っています。

もし、私が脳出血を患っていなかったら、寝ないで仕事をしていたでしょう。血圧が高いことも知らずに過ごしていたに違いないです。ある日突然、寝たきりになっていたかもしれない。でも、病気になったおかげで、血圧コントロールもしているし、休息が大事なことも知ったし、そのために工夫もするようになりました。

もちろん、もっと早くそうしていればよかった、という思いはあります。だけど、時間は戻せないから、今を受け入れて、ここからどうするかって考えないと前に進めないですよね。

夢を諦めるんじゃなくて、どうやってつなげていくのかを考える。それが大事なんじゃないかって思うんです。お医者さんは何にもしてくれない。そりゃそうです。だって、お医者さんの人生じゃないもの。あなたの人生を切り開くのはあなたの力。それに力を貸してくれっていうなら、きっとお医者さんも協力してくれるんです。

夢を諦めたくないなら、追えばいい。病気だろうが、不調があろうが、きっと道はあるんです。もし、そのお手伝いを、ハレ・オハナができるなら、喜んで力をお貸しします。限界はあるでしょうけど、一緒に夢を追いかけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です