フラのステップは「歩く」が基本

横移動じゃ上手くなりません

これこそ、動画で乗せてと言われそうなのですが、動画で見ても実はよくわからないと思うので、例としてYoutubeの動画をお見せしようと思います。

公開されている動画を勝手にに共有しているのですが、これは素敵な例。太ももからしっかり動いています。お尻で支えているのがよくわかる。
ところが、日本のダンサーの多くは、腰=骨盤を動かそうとするあまり、脇腹で引っ張り上げたり、足で骨盤を引っ張って動いたりしてしまいがち。
カホロを、横に動くと教わるために、カニ歩きのような横移動をしてしまうんです。

横にしっかり足を上げて歩くことは、フラの基本を強化してくれます。体重移動がよくわからなくても、足を上げて歩くを意識することで、いつの間にかできるようになりますし、力がついてきて動きができるようになってくると、自然とヒップモーションができるようになります。子供は、若干違うと思うんです。子供と同じやり方で大人が学ぶと、人生経験が邪魔をして、上手くいかないんですね。

子供は、言葉以上に動きを見ています。

言葉で理解できるほど、言葉が頭に入っていないので、素直に学べるんですが、大人は、先に言葉がある。

見ないで、言葉だけで理解しようとして、大失敗するんです。

見ることは大事。そして、言葉って一人一人違うんですよ。

例えば「赤いドレスを作ります。かわいいよ〜」と言われても、一体どんな色のどんなドレスが出来るのかわからないですよね。

きっと、実物を見るまで赤の色すら同じじゃない。そして、出来上がってきたものが、とても濃いピンクだったらどうでしょう?

そう、このドレスみたいに。

これ、ピンクなんですよ。でも、この衣装をお譲りいただいた時は、赤いドレスって言われたんです。ね、もう違う。赤とピンクの境目すら、個人差があるんです。だから、横に足を出すって言われても、10人いたら10通りの出し方をするんです。だから、カホロはこうしてね、という説明と、そのための練習は、すごくたくさんやらないとならないんです。

カホロができたら、あとはそのバリエーション。経験上、85%のステップはカホロの応用。基本ステップで重要なのは、カホロ(カオ)、ヘラ、ウエヘ、アミに絞れます。
これがしっかり出来れば、あとは応用。これ以外のステップは、そんなに難しくなく習得できるはずです。

ハレ・オハナの初心者クラスは、これを徹底的にやりながら、無意識に落としていくことも練習します。どのタイミングで足をつくのかも、徹底してやります。

まだ、曲はほんのちょっぴりやってみただけ。これから、ハンドモーションの基礎が始まるところです。

クセになる前に、しっかりとした基本の動きを見につけること。そして、くせになりそうな芽をみつけたら、すぐに修正していくこと。
これは、全くフラをやったことがない人の方がうまくいきます。フラの経験がある人は、経験が邪魔をしてなかなか上手くいかない。なので、体の動きそのものにアプローチして修正していくことをお勧めしています。フラの動きで治らないものは、もっと基本に立ち返る。

上手く書けなかった水彩画を、慌てて上から修正しようとすると、とんでもないことになりますよね。よく子供の頃にやりました。紙が破れたり、絵の具が混ざって汚い色になったり。ちゃんと乾くまで待って、白く塗りつぶしてやり直したらよかったんだな、と、今なら思います。体も同じ。もう一度、まっさらにするところからスタートするんです。そうした方が、きっと上手くいく。

もう一度言います。
カホロの基本は「歩く」です。これがピンとこない人は、歩いていないかもしれないです。横振りと言われたり、カクカクしているとか、腰が早いという方の多くは、歩いていないです。どうしても今習っている中で治したいなら、これをヒントに頑張ってとしか言えませんが、私のお手伝いが必要な方は、どうぞ、ハレ・オハナにいらしてください。

web予約のページを改訂しました

少しは便利になるといいのですが…

ハレ・オハナのweb予約のサイトを、元に戻した形になります。
クービックという予約サイトに戻しました。
フラのレッスンも、こちらから予約いただけます。

定員は何人ですかとか、クラスに何人いるのですかなどのお問い合わせにも、ここを見ただけで対応できるようになっています。

特に横浜スタジオは広くないので、各クラス1〜5人と人数は少ないです。その分、レッスン内容は濃いです。振替ができないのですけど、各クラスでやっている曲が異なるためですので、それをご了解いただいた上で、体を動かすために他のクラスに参加することはできるようになっています。
お支払いは、事前の決済はできないようになっておりますが、現地でのカード決済も可能です。主なクレジットカードは、使えます。今流行りのPayPayも使用可能です。

どうぞ、ご利用ください。
web予約のサイトはこちらです。

カレンダー内をクリックすると、予約可能なページに飛びますので、触ってみてください、間違って予約になった場合も、キャンセルは可能ですし、こちらが承認する必要があるので、間違いだとご連絡いただければ、こちらで処理できます。

それで料金が発生することはないので、安心して、色々押してみてください。

フラの栄養をありがとう

すごく嬉しかった言葉です

ハワイ語講座に来てくださっている方が、帰り際にふと言ってくれて言葉です。

「フラの栄養をありがとうございます」

後から後から、じわじわと嬉しくなる言葉でした。

フラは他の教室で学んでいる方なので、私がお話しすることは、直接フラには関係ないこと。でも、言葉を理解して踊っているというのが伝わるフラになっているようで、周りの人から、そのことを褒められるのだそうです。

技術じゃない部分をどうやって磨いていくのか、それは人それぞれです。

植物に例えるとよくわかるなって思います。

大きく太い幹の木に育つには、根をしっかり貼らなくてはなりません。それを、私は姿勢や体の使い方と思っています。どこに枝を伸ばすのか、どのぐらい伸びていくのか、葉はどのぐらい茂らせるのかが、技術が担うこと。そこにどんな花を咲かせるのかは、栄養=肥料によると思います。肥料は、知識や経験。

細い根っこで、葉ばかり繁って高く育つことも木はできるのですが、倒れやすいですよね。そして必要な肥料がないと、花が咲かない。

植物を育てる人ならわかると思うのですが、根を育てる、葉を育てる、花を咲かせるって、それぞれ肥料が違うんです。
何より大事なのは、根っこ。だから、カラダ作りでカラダをしっかり作って欲しいと思っているんですね。
葉が茂りすぎると花が咲かないんです。ここはバランス。

技術と知識は、バランスよく磨いていかないとなりません。その一つとして、ハワイ語の勉強があると思っています。

私は、フラという木を育てているつもりで、生徒さんと接しています。

なので、基礎のところはしつこいぐらい言うし、やります。

技術ももちろんいいますが、このカラダならこのぐらい、と思っているので、無理は言いません。本人が伸びたくても、根っこが貧弱なのに大きくしちゃうと、倒れちゃうので。

花が咲かない人は、知識や経験不足と同時に、心が躍っていない人。フラを踊る喜びは、本人にしか感じられないので、そこに対してはどう働きかけるのがいいのかな、と悩んでいます。

上手に躍っている人の多くは、自分の経験と知識を結びつけるのが上手だな、と思います。柔らか頭の人でもあり、ちょっぴり妄想屋さんのようにも思うんです。害がない程度なら、そのぐらいの方がいい。言われた通り真面目にきっちりじゃないので。ハワイ語はフラの栄養だから、どう言う風にか効果があるんでしょ、と言うぐらいに、学んでいただけると嬉しいな。

講座の中では、私だけじゃなく、参加している方がそれぞれのクムフラから聞いた話なども飛び出すので、互いに勉強になる、楽しい時間です。お時間が合う方は、どうぞ、おいでください。

目黒学園 初めてのハワイ語と歌の意味

若葉台カルチャースクール 初めてのハワイ語と歌の意味

ハレ・オハナ ʻŌlelo Noʻeau 勉強会&ハワイ語文法の基礎勉強会

酉の日レッスン〜

ハレ・オハナは、横浜の下町に位置しています。近所では縁日やお祭りが割とよく開催されます。

その中でも、規模が大きめのものが、大鷲神社の酉の市。
スタジオをオープンしてから3回目の酉の市です。縁起物の熊手も、徐々に大きくしてきました。案外気づかれないのですが、ひっそりと楽しんでいます。

そんな日にレッスンがあって、ちょうど良い時間に終わると、皆さん酉の市の見学に行きます。昼間のクラスだと、ちょうど良いですね。夜だと、ちょっと遅いから、のんびりできませんが、それでもまだ賑やかです。

お祭りや縁日がお好きでしたら、その日に合わせて予約をするなど、楽しんでいただければなぁ、と思います。横浜橋商店街でのお祭りもあるし、日枝神社のお祭り、一六地蔵の縁日などがあります。

ディープな横浜も、ぜひ堪能してみてくださいね。

2020年1月からの6回短期カヒコレッスンのお知らせ

お待たせしました。1月からの6回カヒコ短期レッスンの日程が決まりましたので、お知らせします。お申し込みは下記の予約ボタンからどうぞ。

【のんびりカヒコ 昼の部】2020年1月16日(木)30日(木)2月6日(木)20日(木)3月5日(木)19日(木) 第1・3木曜日 10時〜11時

【のんびりカヒコ 夜の部】2020年1月10日(金)24日(金)2月14日(金)28日(金)3月13日(金)27日(金) 第2・4金曜日 19時30分〜20時30分

6回で1曲を習うレッスンです。
ハレ・オハナの入会する必要はありません。
長期に習うことをためらっている方、体験で1曲だけ習ってみたい方にオススメです。
もちろん、やってみて、楽しかったら、ほかのクラスに入っていただくことも可能ですし、短期レッスンを繰り返して受けていただくことも可能です。
初心者・経験者を問いませんが、初めてフラを踊る人でも踊れるような曲を選んでいます。
試しに古典フラを踊ってみたい方、ハレ・オハナのレッスンを経験してみたい方、また、教室でカヒコを習えないから習ってみたい方など、どうぞ。
他の教室に所属されている方(公民館やスポーツセンターの教室を含みます)は、必ず先生の許可を取ってご参加ください。

会場
フラ&パーソナルトレーニングスタジオ ハレ・オハナ
アクセスはこちら

料金
6回分前払い 12,000円 分割はできません。

2回目からの参加まで可能です。3回目以降からの参加になる方は、次の開催をお待ちください。途中からのご参加の場合、残りの回数分の料金となります。
途中でのキャンセルはできませんのでご了承ください。レッスンの振替は、同じ短期レッスン内で可能です。他のクラスへの参加はできません。
対象:カヒコ初心者、またはブランクのある方が対象です。他の教室に所属している方は、先生の許可があれば参加可能です。ベーシックステップは、こちらに合わせていただきます。

特典:短期レッスンからハレ・オハナのレギュラークラスに移行する場合、入会金無料となります。

持ち物:Tシャツ、パウ(持っている方。レンタルもございます)、筆記用具、タオル ペットボトルのお水(50円)がございます。

お申し込みはこちらから

文化は言葉にならない

体得するものなんですって

明文化されていないものを「文化」という。

天皇陛下の即位にまつわるいろんなコラムを読む中でみつけた一文です。岡田斗司夫さんの言葉らしいですけど、ネットサーフィン中のことなので、もう出典が分からない。

なので、不確かな情報ですけど、この文章は、とても心に響いたので、その通りです。

だから「文化」は、理屈ではなく、体験として体得するしかないのですって。

フラも文化。ということは、説明出来ないことこそが、フラなのではないかしら?と思うんです。

ただ踊れるだけではダメなんです。

ルールになっていないことを理解して、尊敬の気持ちを持ってフラと向き合うことで、見えてくるものがあるはずです。

そのためには、やっぱりハワイとのつながりがないとね。

そして、クムフラや、ハーラウのメンバーと接する機会があると、もっと良い。

出来れば、ハワイで。

そんな機会を、ハレ・オハナは作っていきます。

文化を学ぶって、体験することだから。

良いなあ、と思ったら、自分で道を切り開くのもありだと思います。私は、飛び込んで行きました。

そして、体験が積み重なるほどに、深く深く知りたくなりました。

ハワイアンにはなれない。これは当然のことです。だって、私は日本人だから。

せめて、近づきたいと、まずカラダを変えて、ハワイアンの動きに近づけるようにして行こう、そして、体験できる機会を作ろうと考えてます。

踊りを学びたいだけなら、ハレ・オハナに来ることはないと思います。ハワイを丸ごと学びたいなら、是非いらしてね。

クムフラからいただいた経験が、生徒さんに文化として定着しているので、ハワイのハーラウみたいだと、クムフラに褒めていただいてます。違いは、生徒さんの声の大きさなんですって(笑)

マナというもの

ハワイと日本の共通点

フラを踊る方なら「マナ」という言葉を聞いたことがあるでしょう。
日本語だと、霊力と訳されることが多いのですが、この漢字が「心霊現象」などとつながってしまって、あんまりいい印象を与えないのが残念だな、と思っています。
「森羅万象」の方が、意味としては近い気がします。

日本も、元々は、神としての力が強いひとが統治することを良しとしてきた歴史的な背景があると思います。天皇のことです。
天変地異が起こることも、天皇の治世に対してのジャッジみたいに捉えられていて、大きな災害が起こったら天皇が変わったり、元号が変わったりしてきたものです。
ハワイも、似ていませんか?
強いマナを持っている人が、酋長として治めていた。
その人が生まれるときには、その印が現れると言われているし、実際、カメハメハが生まれた時には、そんな星が出ていたそうです。

先日、天皇の即位礼正殿の儀の時に、御簾が開いたちょうどその時、雨が上がって空に虹がかかり、富士山が姿を見せたそうですね。
そういうことが起こるということは、自然に祝福されているように思っちゃいますよね。それは、マナというものなんじゃないだろうかと思うわけです。

私たちにも、多かれ少なかれ、そのような力ってあると思います。
フラを踊る時に植物を身につけると、不思議と力がみなぎるとか、落ちつきを取り戻すとか、いろんなことが感じられると思います。わからなくてもいいんですけど、きっと本当は何かを感じているはずなんです。理性とか常識とか、そういうことを外して、フラを楽しむ時に、きっとそれはやってくると思います。
どこかで踊ろうとした時に雨が止んだとか、かんかん照りがちょっと曇ったとか、偶然だっていうこともたくさんあると思うんですが、それを素直に「祝福されている」と受け取ることって、楽しいことと思います。
吹聴する必要はないんです。
自分の胸の中で、あったかい気持ちを持っていればそれでいい。それがマナの本当の力なんじゃないかしらって思うんです。

いいことが起こると思うと、人生はいいことだらけになる。マナにあふれた人生と思ったら、きっとそうなります。
フラに対してもそうで、楽しくいいことがあると思えばそうなるし、難しくて出来ないと思うと、そうなります。

マナ(愛)がたくさんある不思議の国日本にいるのですから、きっとハワイの人の気持ちを理解して踊ることができると思います。違う国だからこそ、ハワイのいいところがより多く見えるはずです。自分たちのものではないけど、大切に踊っていきたいと思います。

痛みがあっても踊れます。が…

体が歪んでいきますね。

馴染みのない動きを集中的にやってまして、体がちゃんと反応して、あちこちに痛みが出てます。

私の体は実験台なので、試しに放置してみました。

馴染みのない動きは、車の運転。

座りっぱなしの上、右足だけを使います。

おまけに、私だけが運転するわけではないので、シートの前後は直しても、背もたれ角度は、直さず運転。これがなかなか辛い。

普段と違う緊張を強いられ、身体中がガチガチで、右足の付け根に異常な痛みが出現しました。

ところが、それでも踊れる。ヒップを股関節を中心に動かそうとすると、筋肉のバランスが崩れて痛いのに、ただ横にプッシュする動きなら可能。恐ろしい。

更には、痛みを回避する様に踊ることも全然出来ちゃう。ただ、ウエヘやアミが、力業になるし、正しいやり方から外れてしまう。それでも、生徒さんは気がつかない。

その後、膝と腰の痛みで、苦しんでます。

更には、これも生徒さんは気がつかないけど、身体が捻れてしまってました。

このまま続けたら、えらいことになりますので、そろそろ実験中止にして、身体を戻します。

この実験の間、血圧やや高め。眠りが浅い、疲れが取れない、でした。

日常の使い方って、本当に影響が大きくて、1日に1回はリセットすることで、大きくズレることは減ると思います。

わずか2週間の実験でしたが、もうこりごりです。

いくらフラが踊れても、カラダがガタガタならやっぱり無理が来る。

いくつかの種類の運動をする習慣がある方なら、自分の体の変化に気が付きやすいと思いますけど、大抵の方はそうじゃない(そんなゆとりはない)と思います。

なので、生活も運動も、決まったやり方しかしない。それでは、習慣となっている動きを強めるだけです。ましてフラは、なんとか誤魔化して動けます。

習慣から来る体の歪みは、ゆっくり進行して、いよいよとなるまで悪さをしません。痛みとなって現れたときは、かなり悪くなっている可能性があります。

疲れやすい、眠りが浅い、いつも同じところに筋肉痛がある、そんなかたは、カラダの使い方をリセットしてみるのをオススメします。

是非、フラの為のカラダ作りや、姿勢美人のためのストレッチポールレッスンをご活用ください。

ちょっとずつ更新中です

これからも、作業は続く

ホームページに手を入れて、やることやらないことを整理しています。
キャッシュレス決済の導入は、大変だけど、見直しにはとても良い機会でした。

マナカードのメニューは、完全に引き上げました。今後は、趣味としてはリーディングしますけど、仕事にはしません。
今まで、ご愛顧ありがとうございました。
リーディングがご希望でしたら、リーダーさんを紹介しますね。

また、ハレ・オハナ共通チケットですが、今まで1回に使えるのは1枚にしてきましたけど、2,000円分として使っていただいていいことにしました。

絶対お得です。ただ、これだけは、クレジット決済を使えないんですって。(規約上)

現金決済になるので、その分の還元です。

フラレッスンチケットは廃止しました。このチケットも、現金でしか取り扱えないんです。そういう規定なので。難しい。

それ以外にも、とっても大きな変化があるのですが、それはもう少し先にお知らせしますね。嬉しいことなんですが、驚きの展開なので、すごくびっくりでもあり、そんな簡単でいいの?とも思うし、慎重にことを進めていきます。

そこで、みなさんにお願いです。
私一人では、ホームページ上の変なところを見つけるのに限界があります。一応、チェックしているのですが、何しろ気がつかないもんです。

別の目で見て、これ見やすいとか見づらいとか、なんか変というところがあったら、お知らせください。

こういうことの専門のスタッフを雇いたいです。本当は、ずっと座って仕事するのはあんまり得意じゃない。飽きっぽいんですよね〜

皆さんのお力を借りて、なんとかやっていこうと思っています。よろしくお願いします。

なお、リンク切れについては、リンク切れチェッカーがありますので、それで確認します。

キャッシュレス決済の準備が徐々に整ってきています

いつもハレ・オハナをご利用いただきまして、ありがとうございます。
政府主導で勧められているキャッシュレス決済について、ハレ・オハナでも導入を予定しています。

いくつか、使えないものがあるのですが、ほとんどの方にはご利用いただけるようになると思います。

それに伴って、色々と整理しました。

サービス提供を終了するもの

  • マンツーマンフラレッスン
  • 姿勢チェックとフラのためのカラダ作りパーソナルレッスンの同時申し込み
    (それぞれお申し込みいただくようになります)
  • スタジオのレンタル(ご利用になりたい方は、お問い合わせください)
  • 事前決済(全て当日決済となります)

できるようになること(予定も含む)

  • クレジットカードでのお支払い(現在は、VISA、マスターのみ)
  • Suica等交通系ICカードでのお支払い(導入予定)
  • QRコード決済(導入予定)
    *上記3つのお支払いは、ハレ・オハナ共通チケット、フラレッスン入会金には使用できません
  • フラ体験レッスンのウェブ申し込み
  • 予約のウェブからのキャンセル(キャンセル料金無料です)
  • 空き状況が一目でわかる予約カレンダー

予約システムの使い心地など、ご意見がいただけると助かります。
皆さんに便利なように、ハレ・オハナもバージョンアップしていこうと思います。

今後とも、よろしくお願いします。