スタジオレンタル始めます

勿体無いので

私が一人で運営しているハレ・オハナは、私が不在になるとスタジオが空いてしまいます。立地が非常に良いので勿体無いと思いまして、ようやく様々準備が整いましたので、スタジオのレンタルを開始いたします。

空き状況などは、サイト上のカレンダーをご覧ください。なるべくリアルタイムで更新していきます。また、スタジオのご見学は、随時受け付けています。

基本的にはダンスの練習にご利用いただくのがいいのですが、ヨガマットなどもあるので、朝活でヨガ、などもどうぞ。

利用料金などは、こちらのページをご覧ください。

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

私も、スタジオを借りながらレッスンしてきましたので、いろんな事情は承知していますから、新人先生方の教室運営のご相談にも乗ります。ホームページ作成のアドバイスもいたします。

あまり広くないですが、どうぞご利用ください。

ここから、大きく羽ばたいてくだされば、それが何より嬉しいことです。
詳細はこちらのページからどうぞ。

レンタルスタジオ

ハワイの人のように踊りたいから その5

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

ハワイの人のように踊りたいから その3

ハワイの人のように踊りたいから その4

気持ちよく踊れるようになって、自分だけがこんな風に感じているのはもったいないと始めたのが、フラのためのカラダ作りです。フラダンサーじゃなくてもいいんですが、とにかく、カラダが楽になるし、姿勢も改善するんです。

それだけで、フラがすごく踊りやすくなる。全くハワイの人と同じにはならなくても、近づくことは出来そうだな、と思います。

フラに出会うまで、たいした運動もせず、どっちかというと運動音痴の私が出来ているんです。皆さんの方が習得は絶対早いと思います。ただし、きちんと自分の体のことが理解できてコントロールできるまで、通って欲しいです。なるべく通う回数を少なくしたいというのはわかるのですが、がむしゃらに頑張るタイプの方は、考えすぎる傾向があって、考えすぎてうまくできなくなることが多々あります。フラがそうなら、カラダ作りもそうです。力を抜くっていうことが大事になるんですけど、これって、すごく難しくて、入れるべきところに入らないと抜けないんですね。それがわかるまでが時間がかかるのです。どこに力が入っていると安定するのか、それも最低限の力で。自分の体を探って探って、わかるまで、地味な動きをやって欲しいのですが、カラダ作りレッスン中に1時間かけて準備してきて、できるかな?と思ってやった一番最後にやるちょっと負荷量の高い種目のみを取り上げてやっちゃう人が多くて、それじゃダメなんだよ、って思います。

使ったことのない筋肉は、丁寧に取り扱ってあげないと動かないです。早く早くと思うから、ゆっくり丁寧に、を忘れちゃう。なので、しばらく間が空いた方にお家でのエクササイズをやってもらうと、ハレ・オハナでやったものの10倍速ぐらいでやっていることが多いです。それでは、何の意味もない。動画を見て動いているのと同じです。スピードも大事。

準備ができているというのがどういう状態なのかっていうのも、言葉で説明するとわからないんです。安定している感覚としか言いようがないので、安定ってどういうことか、その感覚に個人差が大きいので、これですよ、と言わないとわからない。

ですから、人に見てもらうって大事です。

ハワイの人と同じように踊りたい、と思っているなら、ぜひ、いらしてくださいね。そういう方は少なからず、フラに対しては真剣だろうと思うので。

適当に楽しく踊ればいいなら、来なくていいんじゃない?と思います。そういうクプナは、ハワイにもいますから。

ハレ・オハナは、フラを真剣に学びたい人を応援します。

ハワイの人のように踊りたいから その4

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

ハワイの人のように踊りたいから その3

コアコンディショニングと出会って、日常のいろんなところが楽になってきました。

その一方で、心配もあったんです。フラはちゃんと踊れるのか?という心配です。

以前、先生に「バレエストレッチをやりたい」と言ったら、「そんなものやったら、変な癖がつくからダメ」と言われたんです。私の中では、ストレッチだったんですが、止められて、フラ以外はやっちゃいけないのか、と思ったんです。

だから、怖かった。

ところが、です。

怒られないどころか、すごいことが起こりました。

4日間のカヒコ合宿inハワイ島というイベントがあって、それに参加した時に、全く筋肉痛にならなかったんです。それまで、毎回レッスンのたびに筋肉痛になっていて、まだまだだなぁなんて思っていたんですが、(合宿直前のレッスンでは、若干手抜きしていたかもなので、参考にしていなかった)本気で低く低く踊っても、スカートが浮くぐらいのウエヘをしても、全く痛みがない。先輩たちがそれを見て、もっと低くと言っていたので、私も本気で低く踊らなくちゃとますます低くなったのですが、それでも大丈夫でした。

フラのレッスンは、カラダがちゃんと変わるまであまり本気でやらなかったので、とてもびっくり。そして、先生からも特に注意されることもないし、踊っていて体がすごく伸びやかに動くので、日が経つごとに踊るのが楽しくなるんです。

体幹をすごく鍛えているという感覚でもなく、自分の体がどう動くのかと向き合って、一番快適に動けるところで動く練習をしているだけで、こんなに楽になるなんて。

ハワイの人のように踊るって、体に優しいことなんだって、自分で体験して初めてわかりました。無理していないから、美しいし、体を使い切ることができる。

カラダを使い切って踊れれば、心を伴って踊ることもできるようになる。

自然と一体となって踊るっていうのは、心の問題だけじゃなくて、体に逆らわず、ナチュラルに踊ることだったんだと、気がつきました。だから、スッキリして踊らないとなんですね。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その3

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

ハワイの人のように踊りたいから その2

自分が患者さんに治療として行なっていた方法は、少し変わった方法だったので、できる人が限られていました。しっかりできる人は、全国に当時100人いたかなぁ?という方法。なので、それに頼るわけにはいきませんでした。何より、その方法ができる皆さんは忙しい。時間外にちょっとみてください、と頼めないほど忙しかったんです。今なら、ブラック企業と言われかねない忙しさの中で働いていて、きっと今でもそんな感じ。

仕方なく、ネットでいろいろ探し始めました。体幹をなんとかするところ、理論的な背景を持っているところ、無理はさせないところ、動きをしっかりみられる人がいるところ。探して探して、やっと見つけたのが、コア・コンディショニング協会。そして、そこのメソッドを伝えているパーソナルトレーニングサロンでした。

某フィットネスジムで、1ヶ月数万円払ってパーソナルトレーナーをお願いしていたのですが、何をしてくれるかって、マシンの隣に立って数を数えてくれていた。それだけ。どう動けばいいのか、全く教えてくれないし、肉離れになったのに、そのフォローもなし。トレーナーにカラダを壊される!と、早々にそのジムをやめました。だから、すごく怖かったんです。

数ヶ月そのコアコンのサイトを見ていて、様子を見ていました。やな奴でしょ?

でも、ついに決意して、そのサロンに足を踏み入れて、初回の感想が「これ、イケる!」だったんです。無理はしない。動きは教えてくれる。何より自分の体が変わる。楽になる。きっといいぞ、と思って、通いました。

通っているうちに、患者さんたちが言っている「リハビリは大変なんだけど、そのあと楽なんだよ」の意味がわかるようになりました。歩くのが楽、階段の上り下りが楽、立っているのが楽、座っているのが楽。

日常が変わり始めました。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その2

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたいから その1

自分と同じフラ歴のハワイの人は10代。10代と比べちゃうと、彼らの持っている可能性の方がはるかに大きいし、学び取る力も速さもどんなに頑張っても劣る。

自分と同年代のハワイの人は踊っているとしたら経験年数が倍以上違う。一緒に踊ったら、その差は歴然。

ハワイの人のように踊るというのは、叶わぬ夢なのか?

いやいや、この差を埋める何かがあるはずで、きっとそれが見つかるはず。

そう思っていた矢先に、自分が体を壊してしまったんです。

がむしゃらに頑張るという選択肢は、その時に消えました。がむしゃらに頑張ったら、また同じことを繰り返す。

自分を冷静に振り返ったら、姿勢が悪いと言われていたのが、いつの間にか姿勢がいい、と言われるようになっていた。でも、良くなった実感はなく、無理して体を反らせている感覚でした。いつでも腰に寄りかかっていて、腰が痛くなる。腰に寄りかからないと起きた姿勢が保てないから、膝を曲げた姿勢が安定しない。どうしてもつま先重心になってしまう。膝が中に入ってしまう。この形、治療している患者さんの「問題点」ってしている姿勢と一緒だ。腰椎前弯、骨盤前傾、股関節屈曲内転内旋、外反膝、外反扁平足、尖足。あらら、典型的な姿勢だ。問題があったら解決する。いつもはどうやっているんだろう?と改めて考えてみました。

体幹を安定させること(特にペロンペロンのお腹が安定すること)、背骨が正しく並ぶようにすること。これを患者さんにやっていた。そうすると、よほど強い力で引っ張られていない限り、骨は良いポジションになっていました。私自身は、当時は特に麻痺などの問題はなかったので、きっとこの方法がいいに違いない、もしかしたら、これは一発逆転の方法かもしれないと思ったのです。

つづく

ハワイの人のように踊りたいから その1

フラのためのカラダ作り誕生秘話

ハワイの人のように踊りたい。日本人ダンサーで、ちょっと真剣にフラに取り組んでいる人なら、誰でも一度は考えたことがあることと思います。

もちろん、私も思いました。

40歳を超えたある日、ぼんやりメリーモナークの動画を見ていて、ふと、「この人たちって、まだハタチそこそこなんだけど、私よりフラを踊っている時間が長いんだよなぁ」と思ったんです。ピチピチ20代の中に、40代のおばちゃんが混ざって踊れるのか?彼女たちの方がフラに関しては先輩で、経験も少ない、しかも年齢が高い私が、同じように踊れるのだろうか?そんなにがむしゃらに頑張れるんだろうか?と、途方もないことを考え始めたのです。

考えれば考えるほど「無理だ〜」と思ったんです。若さも情熱も、追いつかない。

「ならばクプナさんは」そう思ったら、そっちはもっと絶望的でした。同年代の人たちは、40代だったら30年以上のフラの経験がある。経験年数が違い過ぎます。その雰囲気はもっと出せない。

そのぐらいの経験があるぐらいになった時には、私はヨイヨイのおばあちゃん。踊れるのか?そもそも生きているのか?それすら定かじゃないぐらい気の遠くなる話です。

ああ、一生涯かけても、あのように踊れる日は来ないのだろうか?

ちょっと諦めかけた時に、隙間を埋める方法はないのか?と考え始めました。

経験年数違い、年齢の違い、そういうのを超えられる方法はないか?

結構本気でした。

つづく

伝えることの意義

だから、伝えたい

私たちの命は、永遠ではありません。

これをどのぐらいの人が感じ、どのぐらいの人が真剣に捉えているでしょうか。

永遠じゃないということは、自分の頭の中にあるものを残していかなければ、自分の代で終わるということなんです。どんなに優れた能力の人でも、死んでしまえば屍になるだけ。どんな天才も、生きながらえることは出来ないんです。

ハワイのクムは、そのことをよく知っているので、次の世代に伝えるということに真剣に取り組んでいます。日本に来てくださっているクムフラの中には、お金儲けが目的になっている人もいるかもしれませんけど、多くのクムフラは、その知識を伝えようと思って来てくれます。

作り方がわかれば、壊れた時に治せる。惜しみなく知識をシェアしてくださるクムフラの姿から、私たちが学ばなければならないことがたくさんあるな、と思います。

人は完璧ではない。かけているところがある。だから、いろんな人から学ぶことが大事だ、と。すごく重たい言葉です。

私自身は今、フラのためのカラダ作りをきちんとした形にしなければと思っています。多分、フラのステップを学ぶメソッドのようなものがあるはずだと思うんです。ハワイのクムのやり方も知りたいですが、おそらく、子供達に向けてのメソッドだと思います。大人向けの、しかも、フラに接するまで運動らしい運動をしてこなかった人に向けてのメソッドってないだろうと思います。

子供と同じように教わっても、出来ないんですよ。学ぶための方法が大人と子供では違うから。それでもやり切っちゃう人もいますが、大抵は「子供のようには覚えられない」と諦めていくんです。でも、絶対できると思っています。

そこをしっかりと形にできたら、初心者にフラを教える方法がわかるです。初心者も迷わないで習える。きっと、そうできるって信じています。早く形にしてよという気持ちもわかるんですけど、ちょっと待ってね。産みの苦しみを味わっています。まだ、育ち切ってない感じ。

でも、やりますよ。伝えないと、ここで終わっちゃうから。

フラのためのカラダ作りを、料理をする前に包丁を研ぐことみたいだと、例えてくれたクライアントさんがいます。包丁を研ぐことが目的じゃなくて、美味しい料理が気持ちよくできるようにするための準備と。上手いこと言うなぁと思いました。

そうありたいし、皆さんにもそうであってほしいなと思います。

フラを踊る楽しさを知っているなら

それを分かち合いませんか?

フラを踊っている方の多くが、フラは単なる趣味ではなく、自分の人生の一部だと感じているんだろうと思います。(特にハレ・オハナの記事を読んでいる方は)

だから、長く踊りたいと思っているし、美しく踊りたいという欲も出るんでしょう。

その気持ち、すごく理解できます。

そんな皆さんと一緒に、踊る楽しさを伝えられたらなぁと思っています。

いすフラを本気で広めようと決意したのは、某有料介護付き住宅のレクリエーションの一環というお仕事を頂いた時でした。

「慰問という形ではなく、参加型のアクティビティーを」というのが施設側のご要望でした。

それまでも、いろんな活動があったそうなのですが、歌いながら踊るというのは初めてで、利用者様の反応も良かったんだそうです。私自身は比較できないのですが、歌うだけよりも、反応が良いと。

きっと、「歌える歌に合わせて体を動かす」というのが良かったんだろうと思います。

フラをやったことがない人も、楽しい。

もちろん、フラをやっていた人も楽しんです。

私たちもそうなる可能性があるのですが、病気や怪我などで、今までのように踊れなくなったけど、椅子に座ってなら踊れる。

足腰の問題だけじゃなくて、目の問題、バランスの問題など、外からじゃわからないことが問題で踊れなくなることもあります。

「もうフラはできないと思っていたけど、座っても踊れるなんて楽しくて仕方ない」という声を聞くと、ああ、やってて良かったと思います。

長年踊っていたカルチャースクールの生徒さんは、ハンドモーションなどは私よりもよっぽど上手。ただ、年齢とともに新しいことを理解するに時間がかかるので、ハワイ語じゃなくて日本語の、それも知っている曲なのがいい、と言ってくださいました。知らない曲は、曲を理解するまでも大変ですよね。私も、最近、全く知らない歌謡曲を歌う練習していたので、覚える大変さをよく理解できます。

●知っている曲

●座って踊れる

この2点が、ハレ・オハナの提案するいすフラの基本です。

フラを踊る楽しさ、それと、知っているメロディーに乗って体を動かす楽しさ、その両方を味わっていただいています。どうしてこれが大事なのかという、理論的な背景や、動きを伝える時に大事なことなどを学んで、いすフラを行えるようになるいすフラコンダクター養成講座を、今月末に開催します。

もしあなたが、フラを楽しんでいて、それが人生の一部になっているのでしたら、ぜひその楽しさをもっと多くの人と分かち合ってみませんか?

あなたの目の前に広がる笑顔を見られるって、この上なく幸せです。

楽しそうに笑顔の花が咲いている様子は、こちらがフラを披露している時とは全く違う種類のもので、笑顔のキャッチボールをしているみたいです。

「楽しかった、ありがとう」と、心から双方が言えるいすフラ。

あなたも、楽しさを届ける人になれます。

興味がある方は、ぜひ講座にいらしてください!

いすフラコンダクター養成講座の詳細はこちら

ベーシックステップの基本はほとんどカホロ

正確にいうとカホロの時の体重のかけ方

ハレ・オハナで教えているフラ・カヒコの中には、経験が浅い人向けの曲ですけどhuʻe(フ・エ)という、変わったステップが含まれています。経験者ならわかると思うのですが、これ、ちょっと間違えると、ちょっとどころか目も当てられないステップになるんです。

発表会の時に、ステージ上で「こりゃダメだ、やり直し」と思って見ていました。もちろん、練習はしてきて、気にはなっていたんですが、どうやって修正したらいいのかよくわからないままでした。ステージ上で反省しても時すでに遅しなんですけど、でも、またこの曲を踊る機会はやってくるわけで、せめてその時までに修正したいと思い直し、改めて分析をしてきました。

そうしたら、やっはりカホロに行き着くんです。カホロの時に、どうやって立っているか。それに尽きるんです。

解説してみると、なるほど、とわかるのですが、じゃ、自分がどうなっているかということは、自覚してもよくからないんです。人って、馴染んでいる動きを感じる力がとっても弱い。

今までと変わると「あれ?違う」ってわかるのですが。そして、「違う=良くない」と判断するとってもお利口さんな脳のおかげで、癖となっている動きが直らないようにできています。

もっと動物的なところで、「違う、でも楽」と思う体の感覚を信じて、そっちに従おうとする人は、割とサッと苦手な動きを克服できたりします。

きっぱり別れているわけじゃないですが、理屈でこねくり回している頭でっかちの人の方が、体の使い方が変わるのは遅いですね。かくいう私がそうなんですけど(笑)

なので、huʻe(フ・エ)を理解するにも時間がかかった。理解してみたら、なんのことはない、カホロでした。ああ、本当におバカさんな私。

やっとやっと、生徒さんの誤解を解くことができるかもです。

ジャンプして横っ飛び、足をガバチョと広げる品のないhuʻe(フ・エ)から、地面を這うように移動するhuʻe(フ・エ)に変わるといいなぁ、と思っています。

フラのレッスンって、振りを覚えるだけの時間じゃないですよね。どうやったらうまくできるのかを学ぶ時間でもあるので、その辺りを惜しみなくお伝えしています。どうして出来ないんだろう?を出来る、出来たに変えるのが、レッスンの時にやることと思っています。形を覚えるのは、一人でも出来る。それがどうにも決まらないというのを、修正するのは、お稽古でやることじゃない?そのための、すっごい基本を、徹底してやるので、今回のhuʻe(フ・エ)のように、ステップ一つに相当時間を割くこともあるんですけど、全ては心のままに踊るために必要なことと思っています。

こんなことを書くと、どうすればいいのか教えてと言われそうなのですが、それは、竹馬に乗れるようになりたいから、文章で教えて、と言われているのと同じことで、書いてもいいですけど、たった一言になります。「一瞬で片足で安定して立つ」これが基本中の基本です。これに尽きる。

基本のアイメイクレッスンを行います

デイリーもステージでも使えるテクニックを学びましょう

フラのステージメイクって、バレエなどと違って、普段のメイクをもっとメリハリつける感じになります。

ということは、普段にメイクのスキルが上がれば、自動的にステージメイクも上達するということ。生徒さんをみていると、ベースメイクはそんなに困らないのですが、アイメイクになるとスピードも落ちるし「わからないからできない」となりやすいし、そこが上手くできていなくて、ぼんやりした顔立ちになることが多いです。

みなさん、アイメイクって、普段やっていますか?

ステージに立つ時、眉メイクやアイライン、アイシャドウなどは欠かせないと思います。でも、普段からやっていないと、手が動かないんです。これは、自分自身の実感でもあります。普段からやっていると、どんな力加減でラインを引けばいいのか、どんなところに引けばいいのかが、だんだんわかってきます。時間はそんなにけけなくてもいいんです。でも、続けることが大事。

なので、普段からできる、アイメイクのテクニックを学んで、いつものメイクをワンランクアップさせて、テクニックを磨いて、ステージメイクも自信を持ってできるようにしましょう!

アイシャドウやアイライナー、アイブロウなど持っていないとか、道具も持っていないという方は、当日、講師と一緒にお買い物からスタートできます。

デパートではなくて、薬局のコスメコーナーでお買い物しますので、高額なものじゃなくて、本当に普段使えるし、買い足しもいつでもできるものを紹介します。ブラウン系って言われるけど、どんなブラウンがいいのかわからないとか、描きやすいものの選び方など、どんどんご質問くださいね。あらかじめ、ご心配なことをお申し出いただければ、当日になると思いますが、回答いたします。

お待たせしました。開催概要です。

日時:2019年8月11日日曜日 午前10時〜午後1時

会場:フラ&パーソナルトレーニングスタジオ ハレ・オハナ

料金:6,000円

講師:メイクアップアーティスト 冨川麻衣子先生

持ち物:普段使っているアイメイク用の化粧品(アイブロウ、アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、ブラシ類、ビューラー等)

持っていない方は、講師と買い物に行って揃えますので、その分のお金をご用意ください。Tポイントがたまる、HACドラッグでお買い物する予定です。

お申し込みは以下のフォームからお願いします。

個別やグループでメイク指導をご希望の方や、他の日程での開催を希望される方は、こちらからどうぞ。

ステージメイク講座