活動報告 ウクレレコンサートに出演しました

大変お世話になりました!

YHMA(ヨコハマ・ハワイアン・ミュージック・アカデミー)というところで、ウクレレを習っています。そこの大先輩のコンサートに、ゲスト出演なんていうものをさせていただきました。

今年の発表会でお世話になったバンド、Anegogumiのメンバーのお一人が主催者のコンサート。アットホームで、温かいコンサートでした。
私はアカデミーの中では新参者のひよっこなので、身の縮む思いですが、よく考えたらフラ歴は引けを取らないはず…と、思い直し、皆さんに楽しんでいただけるように、そして、主役はバンドさんですから、出過ぎず(いや、十分ふざけました(^^;; ごめんなさい!)音を引き立てる踊りってどんなんだろうと、一生懸命模索しながらのフラでした。

お手伝いのスタッフさん(それも先輩なんですよ〜)から、たくさん写真をいただきましたので、それを掲載したいと思います。

  • ウクレレコンサートに出演しました。

次に決まっている出演イベントは、象の鼻テラスのダンス縁日です。詳細がはっきりしましたら、お知らせいたします。

6月限定フラレッスン無料体験

ちょうどキリがいいので

2019年6月は、ハレ・オハナのフラレッスン無料体験を実施します。

発表会が終わり、イベントが終わり、ちょうど、すべてのクラスでキリがいいタイミングとなりました。

6月に体験にいらっしゃる方は、通常1,000円の体験レッスン代が無料になります。受講日が6月の場合です。お申し込みじゃないですのでご注意ください。

6回短期レッスンは、見学も体験もできません。

このレッスン自体が、体験のようなものなので。

この機会に、ご利用ください。レッスンクラスは以下のリンクからご確認ください。

フラ・レッスン

また、スケジュールカレンダーもご参照ください

フラのベーシックステップに必要なこと

とってもシンプルで単純

フラのステップって、とてもシンプルで単純です。中身を見るとそうなんですが、体のアウトラインを整えようとする目で見ると、なんだか複雑になるんです。

整えるべきは骨の並びと骨の動き。

これができると、あとは結果起こる動きにすぎません。

でもね、骨って見えないんですよ。そして、骨を意識して動くってことを、やったことがない。だから、ずれていても、アウトライン(体の線)があっていれば、あっているって思うんです。骨同士の繋がりに捻れがあっても、気がつかないことが多いんです。

フラダンサーに限らず、捻れがよくみられるのは太ももの骨。これがねじれる原因は、実は骨盤の傾きのせいだったりします。骨盤が傾く原因は猫背だったり。結局頭の位置のズレが、太ももの骨の捻れになって出てくることもよくあって、原因が一つじゃないんですが、太ももって捻れていても、あんまり外から見えないんですね。膝下の骨が、いい感じに見た目を整えてくれちゃって、その結果、外反母趾になったりする。見た目が整うことと、骨の並びが整うことには、だいぶ違いがあるんです。

ということで、骨がちゃんとしている前提で言うと、まっすぐに体重を乗せて踏み込めば、カホロもカオも、ヘラもできます。もちろん、他のステップも。ちょっと特殊なのは、アミとウエヘですね。他のステップは、ほとんど一緒の踏み方でいけます。アップダウンも、もちろん同じ。ターンも一緒です。

でも、前提が変わると、そうはいかないんですね。まっすぐ乗るって、骨がずれていればそれでよくわからなくなるんです。理屈は、いくらでも書けるのですが、こればかりは感覚が重要で、まっすぐ乗っている感覚がつかめていれば、ステップは踏めます。

ベーシックステップの秘訣って、実はこれだけ。本当に、シンプルなんです。

腰をためるとか、粘るとか、よく聞きますが、これすらも、解消できるのがこの方法。滑らかに動かすも、できるようになるんです。嘘みたいでしょ?でも本当の話。

だから、フラダンサーが取り組むべき体の基本作りは、骨の並びを良くすることです。そのためのエクササイズは、地味に、じっくり考えて動く必要があります。大きな力を発揮する筋肉が働きすぎると、捻れてしまうように人の体はできています。

興味がある方は、どうぞ、ハレ・オハナにいらしてください。

6回で1曲踊れるようになる短期レッスン(フラ・カヒコ)

初めてでも安心の丁寧指導です

フラを始めたいけど、最初からクラスに入るのはちょっと怖い、できるかどうか不安、いう方にオススメのクラスです

長期に習うことをためらっている方、体験で1曲だけ習ってみたい方、ぜひどうぞ。

もちろん、やってみて、楽しかったら、ほかのクラスに入っていただくことも可能ですし、短期レッスンを繰り返して受けていただくことも可能。ただし、1年間で1クールになりますので、2年目からは同じ曲を繰り返して習うことになります。

カヒコ=古代から伝わるフラ。イプヘケというひょうたんでできた楽器のビートに合わせて踊ります。

柔らかさがあんまり必要ない、比較的直線的な動きが多いので、初心者にぴったりです。

日程:

のんびりカヒコ昼の部 7月12日(金) 26日(金) 8月9日(金) 23日(金) 9月13日(金) 27日(金) 第2・4金曜日 午前11時〜12時

のんびりカヒコ夜の部 7月12日(金) 26日(金) 8月9日(金) 23日(金) 9月13日(金) 27日(金) 第2・4金曜日 午後7時30分〜8時30分

料金:12,000円 6回分前払いのみ 分割はできません。払い戻しもいたしません。

対象:カヒコは、カヒコ初心者が対象です。他の教室に所属している方は、先生の許可があれば参加可能です。ベーシックステップは、こちらに合わせていただきます。

特典:6回シリーズからハレ・オハナのレギュラークラスに移行する場合、入会金無料となります。

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

いすフラコンダクター養成講座 新規募集のお知らせ

夏休みのボランティアにもどうぞ

発表会でも、涙涙で好評だった、いすフラ。これを老人保健施設等でのボランティアで行えるための、知識と心構えを学ぶ講座です。

高齢者ってどんな状態なの?ということや、どんなことに気をつけたらいいの?とか、心構えってどういうこと?などを学べます。フラのボランティアって、みんなで行って踊ってくるというのが一般的。それじゃ、利用者さんは受け身だけなので、もっと能動的に参加できるようにと、様々な工夫をしているプログラムです。

とにかく楽しく踊ろうがコンセプトです。楽しいっていろんな楽しさがあるので、いろんな楽しさをみんなで分かち合いましょう、という場を作ります。ぜひ、おいでください。今回は平日開催にしました。土日だとあんまり都合がつかないけど、平日ならなんとか動けるという方もいると思います。それこそ、介護されている方でしょうか。

平日は、デイサービスに行っているから、なんとか仕事はできるけど、土日のお休みの日には、介護の手を離せない、という方も、普段お世話になっているデイサービスでの活動に協力できるような内容です。

夏休み期間なので、有効に活用してください。

普段は反応がとても乏しい認知症の方が、ニコニコしていたよ、という話を聞いたり、普段よりも皆さんがお互いを褒めあっていて、レクリエーション後のお茶の時間が盛り上がったとか、嬉しいお話を聞いています。

座って踊るフラ、懐メロで踊るフラだからこそ、利用者さんが盛り上がるみたいなんです。

お見せするフラも、もちろんいいんですよ。それはそれの楽しみがある。そうじゃない楽しみも提供できるといいですよね。それだけ引き出しが多くなると、ボランティアの幅の広がります。生徒さんみんなで踊れるようになってもいいですよね〜

みんなの笑顔が広がるいすフラコンダクター養成講座。自信を持って、高齢者のみなさんに提供できると思います。ぜひ、学んでください。

日時:2019年7月31日(水) 午前10時〜午後5時

料金:当日現金払い 22,000円 事前決済 20,000円 再受講 5,000円
事前決済は、下記のネット予約から可能です。そのほかの方法での対応は致しません。

持ち物:筆記用具

いすフラコンダクター養成講座修了証をお渡しします。

お申し込みはこちらからどうぞ。

クービック予約システムから予約する

フラの為のカラダ作り集中ワークショップ開催のお知らせ

ちゃんとやるとカラダが変わる、気持ちも変わる

ゴールデンウィークに開催しました、フラの為のカラダ作り集中ワークショップ。
6月にも開催します。土日の連続開講にしましたので、ちょっと順番が変ですが、こういう学び方もあると思いますので、楽しく学んでいきましょう。

2019年6月30日(日) 午前10時〜午後1時 集中ワークショップ1 感じる解剖学

2019年6月29日(土) 午前10時〜午後1時 集中ワークショップ2 ストレッチ編

2019年6月29日(土) 午後3時〜午後6時 集中ワークショップ3 筋トレ編

料金:それぞれ10,000円(再受講6,000円)

持ち物:テキスト、筆記用具、動きやすい服装

各回定員6名です。少人数の上、講師が複数いるので、聞きたい放題という特典もあります。大人数のグループレッスンでは出来ない、濃い内容です。

解剖学は基本的に座学ですが、体のあちこちを触ることになりますので、動きやすい服装でお願いします。ストレッチ編と筋トレ編は、がっつり動きます。どちらも、じんわりと汗をかく内容です。

お申し込みはこちらからどうぞ。カレンダーの予約可能な日をクリックすると、詳細も確認できます。

日にちを間違えないようにお願いしますね。

今回は、2、3、1の順での開催です。ご注意ください。

皆さんのお越しをお待ちしています。

フラに必要な才能

唯一無二の才能はこれ

フラを踊るときに「自分には才能がないから」この程度でいいかなとか、これ以上は望まないとか、自分で限界を決めていませんか?

フラでもなんでもそうですが、特別な才能なんてないんです。

何かに秀でている人は、こういうと思います。「取り組んでいるものが好きだから」と。好きであるというのは、とても大切で、そして、おそらく、唯一無二の必要な才能です。好きだから、なんとかしたいと思うし、好きだから諦めたくないと思うんです。

それは、私の場合、フラだけじゃなくて、ハレ・オハナにも言えます。ハレ・オハナが好きだから、皆さんのことが好きだから、諦めたくないし、妥協もしたくない。まぁ、そういう気持ちが、私を厳しい人に見せるんだなぁと思います。

レッスンの時はかなりふざけているし、小さいお子さんと本気でおやつの取り合いをしたりしているんですけどねぇ。

諦めたくないから、地味な練習もします。極めて地味。フラの練習も必要ですから、それもやりますが、自分の体が思い通りに動かないというのは納得がいかないので、こうあってほしいというのを追求するのもやめません。

だって、自分のことにもとっても興味があるから。どうやって動いているのか、どこが動くのか、目の前でクムフラが踊っているのを見て「なるほど、ここが動くのか」と、自分でやってみて、上手くできないとしたら、どこが変なのかを徹底的に考えますし、自分の動きを客観的にみて、どう見えるのかを観察したり、とにかく、研究しています。

私にあるのはその才能だけ。とことん考えてとことんやるだけです。

生徒さんにはそんなこと言わないですよ。言ってもしょうがないから。だって、これが才能だとしたら、できない人がいても当然ですし、好きであることを強制することはできないし、歳だから、覚えが悪いからと諦めている人に、諦めるなということはできても、諦めるのをやめさせる方法はないので。それは本人にしかできないことだから、そこは信じているけど、期待していないです。

ただいま、ハレ・オハナでは、ハナリマクラスとエレガントクラスを除いた全てのクラスで、チャンティングの基本を学んでいます。私からやれ、と言っているものなので、生徒さんの受け取り方は様々だと思います。そんなことまでできなくてもいいと思っている人もいるでしょうし、やりたくない人もいるでしょう。私の前では言いませんが、結果を見れば、求めるのもがすぐにわかります。

チャンティングの基礎は、ものすごい地味なことの繰り返しで、でも、これをやることで、カヘアも絶対に良くなる。ハワイアンみたいなオリも可能になる。ただ、そこを重視していない人がいることも、承知。やりたい人、好きな人が、最終的にはハワイでも遜色ないオリができるようになっていくだけのこと。出来ないはない。やらないがあるだけ。やらないは、そういう選択をしたということ。それ以上でも以下でもないです。だからって、やらない人が嫌いということもないです。残念だなぁと思うだけです。

好きだから、よく見るんです。どうしたらいいかを考えるんです。それだけが、フラに必要な才能なんじゃないかな、と思います。他のことは、どうにかなると思います。

フラって特別な才能があるとかないとか、スーパーナチュラルな力があるとかないとか、そんなことに左右されるようなものじゃないって思います。

だから、みんなやりたいって思うんですよね。自分にも出来そうだから。それでいいって思うんです。

クムフラ サミーのワークショップ 日程や場所の変更があります。

交通の便のいいところで開催します。是非いらしてください!

メリーモナークも終わり、長いゴールデンウィークも終わって、やっと日常に戻ってきた感がありますね。皆さん、お元気ですか?

ハワイ島にあるハーラウ、「Halau Nā Lei Hiwahiwa ʻO Kuʻualoha」のクムフラ、Sammye Ku’ualoha Young のワークショップですが、人数の関係で、合宿ではなく、

通える範囲でのワークショップに変更します。富士山に向かって、フラを踊りたかったですが、それは、ハレ・オハナの旅行にとっておこうと思います。一緒に行きたい方は、ハレ・オハナにご入会くださいね〜(笑)

変更になるのは、場所と日程です。3日間だったのが2日間になります。

止まるということで、ゆとりのある日程にしていましたが、ミニホーイケを行わないことで、ギュッと凝縮して2日間にしました。

ということで、このようになります。ご確認ください。

日程 2019年7月13日(土)〜14日(日)

大まかなタイムスケジュール

【1日目】

会場:横浜市緑区民センター みどりアートパーク リハーサル室
JR横浜線 および 東急田園都市線 長津田駅の目の前

http://midori-artpark.jp/access.php

10時〜12時 フラ・カヒコ ビギナー向け
12時〜14時 昼休み
14時〜16時 フラ・カヒコ 指導者・上級者向け
17時〜19時 パイ&チャンティングレッスン

☆終了後、懇親会を予定します。ご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。

【2日目】

会場:横浜市岩間市民プラザ リハーサル室
相鉄線 天王町駅より徒歩2分です。

http://www.iwamaplaza.jp/access.html

10時〜12時 フラ・アウアナ 指導者・上級者向け
12時〜14時 昼休み
14時〜16時 フラ・アウアナ ビギナー向け
17時〜19時 ハワイアンカルチャーのレクチャー

ハワイのハーラウ事情や日本のダンサーに求めること、クムフラとは?ハウマーナとは何?コクアってどういうこと?などをお話しいただけます。あらかじめ、聞きたいことありましたら、お申し込みの際やその後にでもお気軽にご連絡ください。 

☆終了後、懇親会を予定します。ご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。

料金 ワークショップ参加費 1クラス10,000円 全て参加の場合、合計で50,000円

最少催行人数 10名

締め切り 5月31日

定員 土曜日各クラス30名(残席19名) 日曜日各クラス19名(残席11名)

施設の定員の都合で、これ以上の増員は難しいです。お申し込みをご希望の方は、お早めに。1クラスだけの参加も歓迎します。

曲は決まり次第、改めてお知らせします。カヒコで、イリイリを使う可能性が出てきています。プーニウは使わないことになりました。


ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。日程が変わったとはいえ、3連休であることには間違いがないので、遠方からのご参加の方は、宿泊の手配など、ご自身でお願いします。

お申し込みは以下のフォームからどうぞ。

ロジカルに説明できるフラ

人の動きは説明できるから

最近、フラ雑誌に、レッスンに役立つエクササイズなどが紹介されるようになって、嬉しいです。

でも、これって私が随分前から言っていることだわ〜と思うことも多々あります。

別にいいんですけどね。今となっては証拠もないから。

カラダって動きがかなり理路整然としているので、同じことを言うのが当然で、それが違うことを言っているとしたら、どっちかが間違っているだけのことですから。

こうだからこうです、と言うことを姿勢チェックでお話ししていると「そうなんです!どうしてわかるんですか?」と、この世でただ一人の理解者にあったみたいな反応が帰ってくることがあります。

ある意味、占い師みたいな気分ですが、カラダはとても正直で、普段の動きがちゃんと現れてます。

骨の並びが安定する位置っていうのがあって、それを良い姿勢というのですが、その位置はとても楽な位置なので、疲れません。そこからずれている部分があると、そのずれをなんとかカバーしようとして、バランスをとることに一生懸命になります。

なんで健気なんでしょう。その結果、本来使わなくていい筋肉を働かせてしまう。

それが、積もり積もれば痛みとなって出てきます。腰痛や膝痛は、いつのまにか始まって、動けなくなるところまで進んでから病院にかかる代表の病気です。

そこまで悪くなってから病院に行ったら、フラをやめろと言われますし、私もやめろというと思います。

その手前の、なるべく早い段階で姿勢が改善出来たら、いつまで踊れる可能性がぐんと広がります。

もっとも、健康は人任せな日本人、期待はしてないです。悪くなってから泣く人のなんと多いことか。そんな人がやってくるところが、リハビリ室。

たくさん、そんな方に会いました。

皆さん、急に悪くなったわけじゃないんです。ちゃんとカラダは教えてくれてます。それを無視したのはあなただよ、ってことなんです。

イベントを見に行くと、最近は、カラダが痛いだろうに、頑張って笑顔で踊っているのがかわいそうで見てられなくて、帰ってきてしまいます。

すっかり、フラを見に行かなくなりました。

舞台などは、フラを見ないで、演出を見てたりして…

あんまり、無理して欲しくないです。

理論上、無理していることはわかるので、動きなんて見えるようにならなければ良かったなあと思います。

ほんの少し、気をつければ変わるのになぁと思ったりして。

そのくらい、理論で説明出来ます。

ただ、理想の動きは出せても、それとどのくらいずれているかは、個人差がかなりあるのでなんとも言えないです。

そのような、ロジカルな考え方のトレーニングをご希望でしたら、是非おいでください。