toiee lab 講座

toiee lab 講座をオススメする理由

フラの為のカラダ作りは、おそらく日本で唯一のフラを科学的に分析し、その知識をエクササイズに応用しているプログラムです。
感覚とか、なんとなくではなく、全てに理論があり、基本ステップもこうあることが自然だ、と言うことを専門家が専門的な目で分析して、運動としてきちんと説明が出来ています。

ですから、日本中のフラダンサーさんが来て下さいます。

しかし、心配もあります。
それは「継続が難しい」と言うことです。近くにやってくれる人がいないと出来ない、と言う声は聞きますが、フラの動きは知れば知るほどシンプルで、日常の生活に密接に関係があります。
ハレ・オハナの生徒さんによく言っているのは「ちゃんと歩ければカホロはできる」「トイレに座る途中の姿勢がアイハアだ」などという、日常の生活とフラをつなげた言葉です。

ということは、フラと何かの動きが似ている、それは、どうやってやっているんだろう?という風に、気づき考える力が大事になるということです。
気づく力や考える力は、トレーニングすると身につきます。知識が多いか少ないかは、問題ではありません。
お勉強が出来る人が社会人として通用するかというと必ずしもイコールじゃないのと同じです。

その気づく力、考える力を、理論を基にして系統立てて身につけていくような講座を行っているところが、toiee lab です。科学は、誰にでも共通するところを読み解く学問です。一見、感覚的なフラも、考えるということも、共通している部分は必ずあって、そこは非常にシンプルです。

これは、多くのフラダンサーを助けると思います。

カラダ作りもそうですが、フラのレッスンでも、それ以外のことでも、学ぶ機会は多いと思います。考え方が変わると、学び方が変わります。学び方が変わると、大切なところ(普遍的なところ)が自然と分かって、そこをしっかり習得できるようになります。

最大のポイントは、教わるのではない、と言うところです。前提となる知識は必要ですが、それは、実は覚えなくて良い。なんとなく理解すれば良いのです。記憶力は、絶対衰えます。でも、私たちは、記憶力が良い人が高い点数を取れるシステムで過ごしてきてしまったので、学ぶこと=覚えることと思い込んでいます。だから、覚えられないことを嘆いてしまうんです。そうじゃない、本当に大事なのは気づくことと考えること。気づいて、考えて、自分がより柔軟になっていくことが、本当の学びです。

すごい学び方講座(大人のためのアクティブラーニング)

 

15年取り組んで、何も成長しない

15年も取り組んでいて、少しも成長しないことってないですか?
しかも、毎日触れていたり、取り組んでいるにもかかわらず。
例えば、「コンピューター」。
現在35歳以上の人は、ほぼ全員 15年も「コンピューター」を触り続けています。ところが、未だに、「わからない、わからない」と諦めている人が多いです。
さらに、50代になると、娘、息子に教えてもらえるようになりますが、何度教えてもらっても
「???」
とクエスチョンマークが現れ、最後には、娘、息子に
「もう、いい加減にして。使うのやめたら?」
「ちょっと考えたら、わかるでしょ!」
と言われる始末。

原因は、なんでしょうか?

他にも、文章を書くのが苦手な人も相当数います。もし、あなたが50歳なら、仕事で文章を書いて来たはずですから、かれこれ30年選手です。
超ベテランですが、「わけのわからない文章」を書いてしまう人も多いです。
しかも、いろんな本を読んで、時にはセミナーに通って、人に教えを乞うて来た人も多いでしょう。決して、努力していないわけでもないはずです。
おそらく、知識は十分に持っているはずです。あと足りないのは「その知識」を自分のものにし、行動にできるようにする「学び方だけ」です。
つまり、「ちっとも成長しない」のは、単純に「学習の仕方」に注意を払ってこなかっただけです。

何を学ぶかよりも、「いかに学ぶか」

多くの人は「素晴らしい教材、ノウハウ、テクニック、知識」を聞いたり、読んだり、言われた通りに実行すれば、高いレベルで何かが身につくと思っています。そして、多くのノウハウ本が売れに売れる時代です。
しかし、コンピューター(パソコンから、スマホ、ITデバイスまで)を自由に使いこなす人たちは、パソコン教室に通わず、マニュアル本を読んだり、セミナーに行ったりしません。同様に、文章が上手くなった人たちは、ノウハウ本を集めたりしていません。
彼らが無自覚にやっていることは「普通の人たちと、違う学び方」です。

ぜひ、私たちと一緒に学びませんか?

**********

講座日程等詳細未定です。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

ゼンローグ(他者を通して自分を知る)

ゼンローグとはtoiee lab が開発した対話の方法です。

特徴は

・自分と対話する(他人との対話を通して)
・自分の思考に意識する
・自分の体の反応(体感覚)を意識する

と言うことです。

他者と対話していると、自分と違う価値観に出会います。
自分と違う、と言うことは「自分の価値観」にも気がつくということです。
自分の価値観は、分かりやすく言うと「自分の持っている期待」です。期待と違うことが起こった時に初めて、自分がどんな期待を持っているかに気がつきます。

自分の期待に気がつくと他者の持つ期待にも気がつきます。これが、互いの理解を深めていきます。初めて会った人でも、共通の課題がなくても、深い対話は可能です。

**********

講座日程等詳細未定です。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。